プロテイン・ドリンクが腎臓に与える副作用

ソース: http://www.livestrong.com/article/323940-the-side-effects-of-protein-drinks-on-the-kidneys/

翻訳はGoogle+より転載

プロテイン・ドリンクは、ほどほどに消費すれば、健康的でバランスのとれた食事の一部となり得る。このようなシェイクは通常、プロテインだけでなく、健康や栄養のもとになる炭水化物、ビタミン、ミネラルも提供する。しかし、プロテイン・シェイクを、特に食事の代わりとして定期的に消費すると、悪い副作用につながる可能性がある。具体的には、プロテイン・シェイクからのタンパク質消費の過剰は、腎臓に悪影響を与える可能性がある。

腎臓結石

プロテイン・ドリンクの濫用からくるタンパク質過剰の潜在的な副作用の一つは、腎臓結石リスクの増加である。このような結石は、腎臓内の化合物の結晶化によって成長し、腎臓内の細管を塞いだり、あるいは、腎臓から膀胱に尿を運ぶ尿管という管を塞ぐことすらある。腎臓結石は無症状のこともあるが、尿管内の結石は痛みを引き起こし有害であることがわかっている。メリーランド医療センター大学では、タンパク質の摂取が腎臓結石の形成に一役買っている可能性があり、タンパク質摂取を減らすと腎臓結石のリスクも減る可能性があると説明している。プロテイン・シェイクを適度に消費すれば、タンパク質摂取を通常の範囲内に維持するのに役立つかもしれない。

腎臓疲労

プロテイン・シェイクの消費しすぎた場合のもう一つの副作用は、腎臓の疲労である。腎臓は、有益な化学物質を体内にとどめ、有毒物質や老廃物が尿として排泄されることを保証するために、多数の化学物質をろ過している。プロテイン・シェイクの豊富な食事によって起こり得るタンパク質消費の過剰は、腎臓が血液をろ過する際に、より多くのタンパク質が体内に維持されることを腎臓細胞が保証しなければならなくなるので、腎臓の負担を増やす。長時間の高タンパク消費と腎臓疲労は、長期的で有害な副作用を引き起こす可能性がある。

腎機能の低下

プロテイン・シェイクの日常的な過剰消費による深刻で長期的な帰結は、腎機能の低下である。長年の腎臓への負担増加は、血液のろ過効率の低下につながる可能性がある。その結果は、腎臓のろ過ユニットのわずかな損傷であり、それにより栄養が尿中に漏れる可能性がある。腎不全の始まった患者は、ただちに医療機関の治療を受け、タンパク質摂取を避ける必要がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

プロテイン・シェイクと腎臓障害

ソース: http://www.livestrong.com/article/489531-protein-shakes-kidney-problems/

翻訳はGoogle+より転載

タンパク質サプリメントと腎機能の低下を結び付ける証拠が存在する。「ハーバード・ガゼット」によって報じられた研究結果では、高たんぱく食が女性の腎機能に与える影響を調べた。この研究によると、すでに腎機能に障害のある参加者が、最も高たんぱく食の影響を受けやすいのに対し、健康な腎臓の女性は、タンパク質の摂取を増やしても影響を受けないことが判明した。この研究は女性だけに注目しているが、男性も同じように影響を受ける可能性がある。

腎臓

腎臓の目的は、血液をろ過して、体内から老廃物を除去しながら、必須栄養素を組織や器官に届けることである。タンパク質は腎臓でろ過される。タンパク質が多すぎると、腎機能に負担をかける可能性がある。年長者やすでに腎臓障害のある人々は、医者に相談して、プロテイン・シェイクの摂取が自分に適しているかどうかを、判断してもらう必要がある。

タイムスパン

プロテイン・サプリメントやプロテイン・シェイクを消費した期間の長さが、腎機能にどれほど影響を与えるかに役割を果たす可能性がある。Mayoクリニックのキャサリン・ゼラツキーによれば、ほとんどの成人にとっては、高タンパク質食を一度に3~4カ月続けても、一般的には安全だという。けれども、長期的なプロテイン・サプリメント摂取やプロテイン一般の摂取増加は、肝臓や腎臓の機能を悪化させる可能性がある。

推奨

アメリカの疾病予防管理センター(CDC)によると、タンパク質の推奨栄養所要量は、総カロリー摂取量の10~35パーセントである。あまり動かない人の場合、身体を動かす人に比べると、あまりタンパク質を必要としない。定期的に運動をすると、筋肉はより多くのタンパク質を必要とする。典型的なプロテイン・シェイクには、20~40 gのタンパク質が含まれており、これは多くの人にとって、一日に必要なタンパク質よりも多い可能性がある。CDCによると、アメリカ人の多くは、現在の食事で十分なタンパク質を消費しており、サプリメントでタンパク質を追加する必要はない。

タンパク質の種類

先に言及した「ハーバード・ガゼット」に発表された研究では、タンパク質の種類と腎機能の間につながりがあることを示唆している。この研究によると、肉や卵のような動物タンパク質が、腎臓に最も大きな負担を引き起こす。植物や乳製品のタンパク質は、腎臓にそれほど影響を与えない。この研究は、毎日の食事にプロテイン・サプリメントを加える際には、大豆プロテインやカゼイン・プロテインのシェイクがよい選択になり得ることを示唆している。プロテイン・サプリメントを試す前に、医師や栄養士と選択肢を議論すること。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

食事からのタンパク質摂取と慢性腎臓病(CKD)

ソース: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27801685

翻訳はGoogle+より転載

レビューの目的:
高タンパク質の摂取は糸球体内圧と糸球体過剰ろ過の増加につながる可能性がある。これは、糸球体構造の損傷を引き起こし、慢性腎臓病(CKD)の原因になったり悪化させたりする可能性がある。したがって、CKDを管理するためには、0.6-0.8 g/kg/日の低タンパク食(LPD)が推奨されることが多い。筆者たちは、タンパク質の摂取がCKDの発症や進行に与える影響や、低タンパク食のCKD管理における役割を見直した。

最新の発見:
CKDの患者の実際の食事によるタンパク質の消費は、低タンパク食の推奨よりも相当高いままである。CKDのタンパク質制限を吟味するための、ランダム化対照試験として最大のものである「腎疾患の食事の変更(MDRD)」という研究の結果は決定的ではないにも関わらず、前後のいくつかの研究やメタアナリシスでは、CKDの進行を遅らせ持続的透析療法の開始を遅らせる上での低タンパク食の役割を支持しているように見える。低タンパク食に必須アミノ酸やそのケトアリニドを補ったものは、段階的な透析への移行に利用できる。透析療法の代わりの低タンパク食管理は、コストを低下させ、心理的な適応を向上させ、透析への移行時の残存腎機能を保護する。タンパクエネルギーの浪費を避けるためには、適切なタンパク質とエネルギーの摂取を保証する必要がある。

要約:
CKDの管理を最適化し、タンパク質やエネルギーの適切な摂取を保証し、タンパクエネルギーの浪費を避けるためには、低タンパク食に基づいた、バランスのとれた個人に合わせた食事アプロ―チを、栄養士の定期的なカウンセリングと調査によって精密化する必要がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)