コルベアがオバマ大統領に就職面接を指導(和訳・注釈付)

 コルベアのレイトショーにオバマ大統領本人が出演して、「コルベアがオバマ大統領に就職面接を指導」という体のミニコントをやっていて、結構面白かったので、勢いで全文翻訳してしまいました。アメリカの政治に疎い人にはわかりにくいネタも多いので、できる限り注釈もつけてみました。アメリカのトークショーの政治ネタに興味がある方の参考になれば幸いです。


Colbert: Mr. President! Good to see you again sir!
コルベア:大統領閣下! またお会いできて嬉しいです。閣下!

Obama: Stephan!
オバマ:コルベア君か!

Colbert: Always the best!
コルベア:お変わりないようで。

Obama: How did you get in here?
オバマ:君はどうやってここに入り込んだの?

Colbert: Oh! Just a… you know, I’m always interested in talking to the leader of the free world. Look, I’m so thrilled to join you here at Carnegie Mellon University. And just like all the students out there taking part in the White House frontier conference, you too will soon be looking for a new job. Isn’t that interesting?
コルベア:え、いや、私はいつも自由世界のリーダーとお話をしたいと思ってますから。見てください。私はこのカーネギーメロン大学で閣下にお会いできてドキドキしています。そして、ホワイトハウス・フロンティア会議に参加している学生の皆さんと同じように、閣下もまもなく新しい仕事を探すことになるわけですよね? 興味深いですね。

Obama: That is true.
オバマ:確かにその通りだが。

Colbert: And I’m honored that you ask me to help.
コルベア:そこで閣下が私に助けを求めてくれて光栄です。

Obama: I didn’t ask you here to help. I still don’t know how you got in here.
オバマ:君に助けを求めた覚えはない。それより、君がどうやってここに入り込んだのか、いまだにわからないのだが。

Colbert: It’s OK to be nervous. All right? Why don’t you have a seat?
コルベア:緊張なさるのはわかります。大丈夫ですか? どうぞ、おかけになってください。

Obama: I’m already sitting.
オバマ:さっきから座ってるじゃないか。

Colbert: Good. See it’s starting off very well already. And I think maybe we should start with a practice interview and I’ve got just the man who could help you. Excuse me for one second.
コルベア:いいですね。幸先のいいスタートです。それでね、面接の練習から始めた方がいいんじゃないかと思うんですよ。そのためにちょうど役に立つ奴がいるんですよ。ちょっと待ってください。(カメラの外に姿を消す)

Obama: Stephan?
オバマ:コルベア君?

Colbert: Yes, Sir! Just a moment!
コルベア:閣下―! 今行きまーす!

Colbert: Hello.
コルベア:(バレバレの変装で再登場)。どうも。

Obama: Hello.
オバマ:どうも。

Colbert: I'm Randy. I'm the office manager.
コルベア::私は支店長のランディです。

Obama: Hello, Randy.
オバマ:こんにちは…ランディさん。

Colbert: All right. This is going to be very well.
コルベア:いいですね。うまくいきそうです。

Obama: Are you intending to help me sharpen my skills when I go in for an interview?
Is that your intention here?
オバマ:あなたが私に面接スキルを教えてくれる人というわけですか? ここに来てくれたのはそのため?

Colbert: It's what I do for a living. We're here to find out what you're gonna do for a living, OK?
コルベア:それが私の仕事ですから。あなたがどうやって生きていけばいいか、ここで一緒に考えましょう。いいですね?

Obama: All right. Let's try it out.
オバマ:いいでしょう。お願いします。

Colbert: 55. Tough time to start over for a man. I have a copy of your resume here. Why don't you hand it to me as if you were applying for a job? Go ahead and do it.
コルベア:55歳ですか。その歳で新しい仕事に就くのは大変ですよ。ここにあなたの履歴書があります。この履歴書を、実際に求職に応募したときのように、私に渡してみてください。お願いします。

Obama: (handed it to Colbert)
オバマ:(履歴書をコルベアに渡す)

Colbert: That's good. You're a natural. OK. Hello. Mr. Obama? Am I pronouncing that correctly?
コルベア:いいですね。自然です。よろしい。こんにちは…オバマさんかな? 名前の発音あってますか?

Obama: Close enough.
オバマ:だいたい合ってます。

Colbert: OK. Let's see, (papapapapapa), I don't see any promotions for the last eight years. That's not always good. Can you explain that?
コルベア:よろしい。さて、ペラペラペラと…過去8年間昇進なしですか? それはあまりよろしくないかもしれませんよ。理由を説明してもらっていいですか?

Obama: Honestly, there wasn't a lot of room for advancement in my last job. The only one with more powerful position was my wife.
オバマ:正直言って、前の職場では、あまり昇進の余地がなかったんです。私より力のある地位にいたのは、妻だけですから。

Colbert: OK. Oh good. Is it a twofer? Can we get both of you, by any chance?
コルベア:ふむふむ。家族経営かな? ご夫婦を一緒に採用することもできますかね?

Obama: Doubtful.
オバマ:たぶん無理でしょう。

Colbert: OK. Tell me why you're leaving. You say you're not being terminated, but it sounds like you can't stay. Is that true?
コルベア:わかりました。退職の理由を教えてください。クビになったわけではないそうですが、それだと、職場にいられなくなって自分から辞めたようにも聞こえますよ。違いますか?

Obama: Well, I'm leaving because it's required by the 22nd amendment of the United States constitution.
オバマ:えーと、私が辞めたのは、合衆国憲法修正第22条のせいです。
(訳注:アメリカ大統領には昔は任期の規定がなかった。修正22条で正式に任期が2期までと定められた)。

Colbert: OK. A little tip. When you say staying in your job would be unconstitutional, what employers hear is the you stole office supplies. OK? So I'd gloss over the rest of that, OK?
コルベア:ふむふむ。一ついいことを教えてあげましょう。仕事を辞めないことが憲法違反だとか言うと、経営者はあなたが会社の備品を盗んだと思ってしまいますよ。だから、私ならもうちょっとうまく言いますよ。わかりましたか?

Obama: OK.
オバマ:わかりました。

Colbert: Doesn't say here. Where were you born?
コルベア:ここには書かれてませんが、出身地はどこですか?

オバマ:(すごく嫌そうな顔)

Colbert: Is this the longest form of this resume available?
コルベア:もっと詳しい履歴書はないんですか?

Obama: Why don't we move on?
オバマ:その話題はそのへんにしてくれませんか?
(訳注:このくだりは、いわゆる「バーサー運動」を皮肉っている)

Colbert: OK. Good. Describe, if you can, the type of office you would like to work in?
コルベア:まあいいでしょう。あなたが働きたいのはどんな事務所か、よかったら教えてください。

Obama: Well, I was hoping for a nice corner office, or at least an office that has corners in it.
オバマ:えーと、できれば、角部屋がいいですね。それがダメなら、角のある部屋、かな。
(訳注:角部屋(corner office)には、重役がいるようないい部屋という意味がある。その後の「角のある部屋」はたぶん、大統領執務室、通称「オーバル・オフィス」(楕円形で角がない)にひっかけているのであろう。執務室はもうコリゴリ、というところか)

Colbert: Can you tell me about some of your accomplishment? And keep in mind it's important to describe them in such a way that it highlights how your experience might be relevant to a potential employer.
コルベア:あなたの過去の業績について教えてくれますか? あなたの経験が雇い主にとってどう役立つかを強調するように説明するのが大事です。それを忘れないように。

Obama: OK. Well, I brokered international deals that slowed the impact of climate change, and prevented Iran from acquiring a nuclear weapon.
オバマ:わかりました。えーと、私は地球温暖化の影響を抑えるような国際的な取引をまとめ、イランが核兵器を入手するのを防ぎました。

Colbert: OK. Let's change that to "proficient in Microsoft Excel". Anything else?
コルベア:よろしい。そこは「Excelが得意」に変えましょうね。他には?

Obama: Well, I reopened relations with Cuba for the first time in 50 years.
オバマ:えーと、私は50年ぶりにキューバとの関係を再開しました。

Colbert: I'd call that one "conversational Spanish". See?
コルベア:それは私だったら、「スペイン語会話に堪能」と言うでしょうね。わかりましたか?

Obama: (nodded)
オバマ:(うなずく)

Colbert: OK. It says here...let me see if I got this right. It says here you saved the American auto industry.
コルベア:よろしい。あと、こうも書かれてましたよね。ちょっと確認させてください。こう書かれてますね。あなたはアメリカの自動車産業を守った、と…

Obama: Yeah, but nobody believes it. Change that to "drives stick."
オバマ:ええ。でも誰も信じてくれないですよね。だから、「マニュアル車免許」と変えてください。

Colbert: Oh! That's good. In case you want to be a long haul trucker. It also says here, you helped tens of millions of Americans with their healthcare.
コルベア:おお、それはいいですね! 長距離トラックの運転手になるときに役に立ちますよ。あと、こんなことも書かれてますね。あなたは、数千万人のアメリカ人の健康に役立った、と…
(訳注:もちろん「オバマケア」のこと)

Obama: You bet.
オバマ:そうなんですよ。

Colbert: OK. Let's test that out. it hurts when I do this.
コルベア:よろしい。試してみましょう。こうやると痛いんですが。

Obama: Don't do that.
オバマ:止めればいいでしょう。

Colbert: OK. Do you have any awards or commendations?
コルベア:よろしい。表彰歴とか推薦状とかはありますか?

Obama: Well, I have almost 30 honorary degrees and, I did get the Nobel peace prize.
オバマ:えーと、私は名誉学位を30ぐらい獲りました。あと、ノーベル平和賞も獲ってます。

Colbert: Oh really? What was that for?
コルベア:ホントですかあ? 何をしたらもらえたの?

Obama: To be honest, I still don't know.
オバマ:正直言うと、自分でもよくわかんないんですよね。
(訳注:この回答好き)

Colbert: OK. Have you ever had to fire anyone?
コルベア:なるほど。誰かのクビをとったことはありますか?

Obama: No. I usually let SEAL Team six handle that.
オバマ:いいえ。そういうのはいつも特殊部隊にやらせてますから。
(訳注:暗にオサマ・ビン・ラディン殺害に言及している。SEAL Team six というのは、米海軍特殊部隊ネイビー・シールズ所属の対テロ部隊のことだが、日本ではなじみが薄いので単に特殊部隊とした)

Colbert: OK. Outsourcing. OK. Now, social media is very hot. Do you have any experience with that? Like Twitter?
コルベア:なるほど。アウトソーシングですね。最近はソーシャルメディアが流行りですが、そういう経験はありますか? ツイッターとか?

Obama: Well, I have 77 million followers. Does that count?
オバマ:えーと、私には7千7百万人のフォロワーがいますけど。これは経験に入りますかね?

Colbert: That's very impressive. How do you get so many?
コルベア:それはすごいね。どうやってそんなに増やしたの?

Obama: Executive order.
オバマ:大統領令。

Colbert: Really?
コルベア:マジ?

Obama: And photos of cats.
オバマ:あと、猫の写真。

Colbert: Oh, smart. Now, these days every business wants to appeal to the millennials. Do you know what millennials are?
コルベア:ああ、それはうまくやりましたね。ところで、最近はどの企業も「ゼロ年代世代」の心を掴もうと必死ですよね。「ゼロ年代世代」って知ってる?
(訳注:「ゼロ年代世代」はmillennialsの訳。正確には2000年以降に20歳になった世代のこと。最近の流行語なので、偉そうに「知ってる?」とか聞いてる。)

Obama: I think so.
オバマ:ええ、たぶん。

Colbert: OK. How do you plan to get their attention?
コルベア:よろしい。あなただったら、どうやってこの世代の注意を引きますか?

Obama: Well, I tell them straight up that this is the most important election of their lifetime. That they have the opportunity to make history. And that the results in November could change their live forever so they have to get out there and vote.
オバマ:えーと、私だったら、素直に言いますよ。 この選挙は一生のうちでも一番大事な選挙だって。歴史に参加するチャンスだって。大統領選挙の結果次第で、あなたの人生はまったく変わってしまうかもしれない。だから、行って投票しなきゃいけないって。

Colbert: I'm sorry. I didn't catch all of that. Did you know there's a Snapchat filter that gives you a flower clown?
コルベア:ごめん。ちゃんと聞いてなかった。ところで、Snapchat のフィルターで花輪がのっかる奴知ってる?
(訳注:Snapchatは、写真の交換を主とするSNSで、写真を加工するいろんなフィルターがある。)

Obama: Of course I know that.
オバマ:もちろん知ってますよ。(画面上のオバマの頭に花輪がかぶさる)

Colbert: OK. Let's be honest with ourselves, OK? What would you say your biggest weakness is?
コルベア:よろしい。次は正直に話してください。いいですね? あなたの最大の欠点はなんですか?

Obama: Well, sometimes, when I talk, I take too many pauses.
オバマ:えーと、話すときに、ときどき、間を、空けすぎること、ですかね?

Colbert: OK. In three words or less, what's a common criticism you have for others in the workplace?
コルベア:なるほど。あなたが職場の同僚に対してよくする批判は? 簡潔に頼むよ。

Obama: I cannot stand it when people reduce complex ideas to some simplistic catch phrase.
オバマ:私は、複雑な思想を単純なキャッチフレーズにまとめちゃうのが耐えられないんですよ。

Colbert: We can't accept that answer.
コルベア:そんな答えを認めることはできないな。

Obama: Yes, we can!
オバマ:「私たちにはできる!」
(訳注:もちろん、オバマの選挙のときのキャッチフレーズ)

Colbert: OK. Almost done. Do you have a busy schedule? Am I keeping you from something?
コルベア:まあいいや。もうすぐ終わるから。あなたは忙しいの? この後何か予定は?

Obama: You are.
オバマ:ありますよ。

Colbert: OK. Is there anyone we can talk to for character reference?
コルベア:わかりました。誰かあなたの人物を保証してくれる人はいますか?

Obama: I know several Turkeys that owe me a favor.
オバマ:トルコ人で私に借りのある人が何人かいます。
(訳注:トルコのエルドアン大統領などのこと)

Colbert: And how do you like to spend your time? Do you have any hobbies?
コルベア:余暇はどう過ごすのが好きですか? 趣味とかありますか?

Obama: You know what I really love doing? Is encouraging the youth of America to get out and vote this November so that the good work that we've done over the past eight years can continue on into the future.
オバマ:私の好きなことなんてご存じでしょ? アメリカの若者に大統領選挙で投票に行ってもらって、私たちが過去8年間やってきた素晴らしい仕事が今後も続くようにすることですよ。

Colbert: So, no whittling or anything like that?
コルベア:じゃあ、何かを削ったりとか、そういう気はないのね?

Obama: No.
オバマ:ないです。

Colbert: All right. And now sir, because we are on a network television show, I cannot allow you to endorse a candidate right now. But I would like to ask you about your choice of snacks. Could I do that?
コルベア:よろしい。さて、これは4大ネットワークの番組ですから、あなたに特定の候補の支持を表明させるわけにはいきません。代わりにあなたのお菓子の好みを聞きたいのですが。いいですか?

Obama: Sure.
オバマ:もちろんです。

Colbert: All right. Great. I have two choices for you here. Would you care for an extra fiber nutrient bar, which has traveled to more than one hundred countries, or this shriveled tangerine covered in golden retriever heir, filled with bile that I wouldn’t leave alone with the woman I love?
コルベア:よろしい。いいね。さて、ここに2つの選択肢があります。この100カ国以上を旅してきた食物繊維入りの栄養バーか、それとも、このゴールデンレトリバーの毛に覆われたしなびたミカンか? このミカンは中に汚い汁が詰まっているので、好きな女性のいるところには置けません。あなたはどちらが好きですか?

Obama: Well, I think I'll go with the fiber nutrient bar.
オバマ:えーと、わたしなら食物繊維入りの栄養バーの方を選ぶでしょうね。

Colbert: Interesting. OK. So, ultimately, what do you want to be?
コルベア:面白いですね。よろしい。では、あなたは最終的にどうしたいですか?

Obama: Done with this interview.
オバマ:この面接早く終わりたいです。

Colbert: OK. Great. Before we wrap up any questions for me?
コルベア:よろしい。いいでしょう。終わる前に、何か私に質問はありますか?

Obama: I'm still wondering how did you get in here?
オバマ:君がどうやってここに入り込んだか、いまだにわからないんだけど?

Colbert: That's an excellent question. Inquisitive. We like that. OK. Fantastic. Well, that all checks out, Mr. President, we’d like to offer you the position. But first, we have to have the mandatory company physical. If you will just relax and put on that gown over there we will get going.
コルベア:それはいい質問ですね。探求心があります。よくぞ聞いてくれました。素晴らしい。さて、チェックはすべて済んだので、大統領閣下、あなたに職を提供したい。でも、その前にまず、会社で義務付けられている身体検査をしなければなりません。リラックスして、そこのガウンを羽織ってください。そうしたら始めます。

Obama: I think we have done here.
オバマ:もういい。(席を立って去る)

Colbert: I have warm hands.
コルベア:私の手は冷たくないですよー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメリカのハーフタイム

 なんか話題になってるようなので。 スーパーボールのハーフタイムに放送されたクライスラーの CM。語り手はクリント・イーストウッド。なぜ話題になってるかは自分で調べてね。

今はハーフタイムだ。

両チームはロッカールームで、後半どう戦えば試合ゲームに勝てるかを話し合っている。

アメリカもハーフタイムだ。

人々は仕事を失って苦しんでいる。

そして立ち直るためには何をすればいいのか、誰もが戸惑っている。

そして誰もが怯えている。これは遊びゲームではないから。

だがデトロイトの市民なら少しは知っているはずだ。

彼らはすべてを失いかけた。

だが我々の団結で、自動車の町モーター・シティは再び闘い始めた。

私はこれまでの人生の中で、数々の苦難の時代、数々の停滞の時代を見てきた。

お互いがお互いを理解できなかった時代。

心を失ったかのように見えることもあった。

分裂、不和、非難の霧が、前途を見極めることを難しくしたのだ。

だがそのような試練の後、我々は正義の旗の下に集い、一丸となって行動した。

それこそがアメリカ人だからだ。

我々は困難を切り抜ける道を探す。そしてもし見つからなければ、自ら道を切り開くのだ。

いま重要なのはこの先だ。

どうやって盛り返すか。

どうやって協力し合うか。

そして、どうやって勝つかだ。

それが可能なことは、デトロイトが示している。

彼らにできることは、我々にもできる。

この国は、パンチ一発でノックアウトされるような国じゃない。

我々はもう一度立ち上がる。そしてその時世界は、アメリカのエンジンの咆哮を聞くことになるのだ。

そう。アメリカはハーフタイムだ。

我々の後半戦が始まろうとしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

彼らが最初共産主義者を攻撃したとき - デス妻バージョン

 「彼らが最初共産主義者を攻撃したとき」というのは、ファシズムの危機を喧伝する際にネットでよく引用される警句だが、実はかの「デスパレートな妻たち」にも、この警句をもじって引用しているシーンがある。ちょっと面白いので紹介しよう。

Season 4, Episode 5: "Art Isn't Easy" (邦題「近隣トラブル」)より

Lee: "First they came for the fountains, and I did not speak out because I had no fountain."

Lynette: "What?"

Lee: "Then they came for the lawn gnomes, and I did not speak out because I had no gnome."

Lynette: "You're comparing Katherine to a Nazi?"

Lee: "Then they came for my treehouse, and there was no one left to speak out for me."

(字幕には字数制限があるので、逐語訳を付記する)

リー:「彼らが最初に噴水を攻撃したとき、私は声をあげなかった。私は噴水を持っていなかったから。」

リネット:「はあ?」

リー:「彼らが次にノーム人形を攻撃したとき、私は声をあげなかった。私はノーム人形を持っていなかったから。」

リネット:「あなたキャサリンをナチスに例えてるの?」

リー:「そして彼らが私のツリーハウスを攻撃したとき、私のために声をあげる者は、誰一人残っていなかった。」

 リーは実際には「ナチス」という言葉を使っていないのに、リネットは即座に「ナチスに例えてるの?」と察しているし、それに関して視聴者には何の説明もないことからしても、この "First they came for..." という言い回し自体がアメリカではかなり有名であることがわかる。もっとも、リネットはこのドラマの登場人物の中ではインテリの方だという設定なので、その分少し割り引いて考えた方がいいかもしれないけれど。

 この警句にそれほど馴染みのない日本の視聴者には、リーの唐突な語りやリネットの極端な反応に違和感を感じた人もいると思うが、こういう有名な警句があってそれを引用しているのだとわかれば納得だろう。このへんが翻訳の難しいところだ。

 シーン中の男性二人は、最近このウィステリア通りに引っ越してきたゲイのカップルで、引越し早々自宅の庭に奇妙な噴水を設置する。ところがこの噴水が、景観を破壊し騒音を撒き散らすということで、近所の大顰蹙を買う。そして町内の保守派の代表格であるキャサリンは、町内会(正確には "homeowner's association")の会長になって噴水を撤去すると言い出す。窮地に立ったゲイカップルの二人は、町内のリベラル派の代表格であるリネットを脅して、自分たちの味方につけようとする。それがこのシーンというわけ。

 元の警句では、「噴水」や「ノーム人形」のところに、「共産主義者」や「ユダヤ人」みたいな言葉が入るわけだが、比べるとかなりセコイ話になっているところがミソ。つまりこのエピソードは、保守派とリベラル派の対立を、極端に矮小化・戯画化して表現して見せているわけである。

 デス妻をよく知らない人がこの話だけ聞くと、リネットのことを額面通りリベラルな人間だと思ってしまうかも知れないので、念のため書いておくけど、この人、別のエピソードでは、近所に引っ越してきた人間を、決定的な証拠もないのにペドフィリアと決め付けて、ペドファイル追放運動に加担してしまったりする。実はそういう極端なところのあるキャラクターなのだ。

 そういう風に、キャラクターの思想と行動の一貫性のグダグダさを意地悪く暴いて見せるのも、このドラマの醍醐味の一つである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アメリカ人はなぜ福祉が嫌いか

Why Americans Hate Welfare: Race, Media, and the Politics of Antipoverty Policy (Studies in Communication, Media, and Public Opinion) 著者はプリンストン大学の政治学の准教授。カリフォルニア大学バークリー校で社会学の博士号をとり、イェール大学や UCLA でも教鞭を取ったというから、きっと優秀なのであろう。

 政治学者や社会学者というと、虚仮脅しの専門用語を散りばめながら好き勝手な意見を書き飛ばす評論家をイメージする人も多いと思うが、この本は、律儀なまでに社会調査と統計分析に基づいており、文科系の本にありがちな衒学的なごまかしはまったくない。 その点では安心して読める。

・アメリカ人は福祉が嫌い?

 アメリカ人の福祉嫌いは有名だ。アメリカの福祉は先進国中でも最低レベルにあるし、彼らの「社会主義」や「再配分」という言葉に対する拒否反応は強く、このブログでもネタにしたことがある。何より当のアメリカ人自身が、アメリカ人は福祉嫌いだと自認しており、そのことは本書の著者も認めている。

 では、その理由を説明したのが本書なのかというと、さにあらず。なんと著者は、アメリカ人は本当は福祉が嫌いではない、という。

 著者の分析によると、アメリカ人が嫌いなのは、貧乏人全般を助けることではなく、助けるに値しない怠け者の貧乏人(undeserving poor)を助けることなのだという(ちなみに、この undeserving poor という用語を最初に提唱したのは Michael Katz)。 つまりアメリカ人は、貧乏人の多くが助けるに値しない人だと思っているのだ。

・原因は人種的偏見

 ではそれは何故か。アメリカ特有の自己責任を重視する個人主義か。それとも、税金を他人に使われたくないという利己主義か。どちらもさほど大きな要因ではない、と著者はいう。最大の要因は、なんと、白人の黒人に対する偏見(stereotype)なのだという。

 そう聞くと、「要するに保守的な白人は黒人の得になることをしたくないわけね。人種差別は相変わらずだね」などと安易に解釈する人もいるかもしれないが、さにあらず。大多数の白人は、働く気のある真面目な黒人は喜んで支援したいと思っている。それを邪魔しているのが、「黒人は怠け者」という偏見なのだという。

 そもそもアメリカ人の多くは、福祉政策の受給者のほとんどが黒人だと思っているが、この認識自体が間違っている。確かに、貧困者中の黒人の比率は高いが、それはあくまで相対的なもの。元々アメリカの人口における黒人の比率がそれほど高くないのだから、いくら相対的な比率が高くても、貧困者が黒人ばかりなどということはあり得ないのだ。

 この誤った認識に、黒人は怠け者だという偏見と、怠け者は助けるに値しないという価値観が結びつくことにより、福祉政策に対する反感が生まれたというのだ。つまり、

  • 福祉政策の受給者は黒人ばかり(誤った認識)+
  • 黒人は怠け者ばかり(偏見)+
  • 怠け者は助ける価値なし(価値観)
  • = 福祉政策に対する反感

というわけだ。

 でも、黒人に対する全般的な差別意識が原因ではなくて、「黒人は怠け者」という偏見だけが原因だ、なんてどうして言える? と思う人もいるだろうが、そのへんは著者も綿密に調べている。

 たとえば、世論調査によって、福祉政策に対する反感と黒人に対するさまざまな偏見の相関関係を調べると、「黒人は怠け者」という偏見とは強い相関関係があるが、「黒人は無能」とか「黒人は暴力的」というような偏見とはほとんど相関関係がないという。また、福祉政策に対する反感をさらに細かく調べると、働き者の黒人だけが利益を受ける政策(マイノリティだけを対象とした職業訓練や奨学金など)に対する反感もあまり強くないという。

・無意識の洗脳

 では、「黒人は怠け者」という偏見はどのようにして生まれたのだろう。この偏見はもともと、白人が奴隷制を正当化するために生み出したものだが、現在のアメリカ人が依然としてそのような偏見を持ち続けている原因は、マスメディアだという。そして著者は一種のメディア・スタディを行うのだが、この部分がひょっとしたら一番面白いかもしれない。

 著者は、主要な報道雑誌3誌を選び、1950 年代~1990 年代に発行された雑誌の中から、貧困関係の記事をすべてピックアップした。そして、その記事中の写真に出てくる人物が、白人か黒人かを調べ、その比率を計算したのだ。

 その結果、雑誌記事の写真の選択にはさまざまな偏りがあることが判明する。まず、貧困者中の黒人の写真の比率が、実際の比率より明らかに高い。さらに、貧困者に同情的な記事と批判的な記事を分けてみると、同情的な記事には白人の写真が使われる率が高く、批判的な記事には黒人の写真が使われる率が高いのだそうだ。

 そう聞くと、「保守的なマスゴミの連中が、都合のいい人種的偏見を垂れ流して大衆を洗脳しているんだな」と思う人もいるかもしれない。しかし、それも違うと著者はいう。

 そもそも、アメリカのメディアはリベラル寄りで有名で、だからこそアン・コールターやラッシュ・リンボーにさんざん攻撃されたり、FOX ニュースが人気になったりしたわけだ。だから、2000 年以前はなおさらそうだったろう。

 著者は、研究対象となった雑誌の編集者についても実際に会って調べており、彼らがリベラルな人物であることを確認している。ただし、意識の上では、だ。

 このようなリベラルな人物であっても、無意識のうちに「黒人は怠け者」という偏見に影響されており、それが写真の選択に反映されている、と著者は言う。実際に彼らは、自分の選んだ写真にそのような偏りがあることすら気づいていなかった。

 実はこのような無意識的な人種的偏見を調べる心理学実験がある。その実験によれば、被験者を意識的な人種的偏見の強いグループと弱いグループに分けても、無意識的な偏見にはあまり差がないそうだ。

 そして、そのような無意識的な偏見の影響下で選ばれた写真が報道されることにより、社会全体の黒人に対する無意識的な偏見が強化されるというわけだ。まさに悪循環だ。

・正しい認識が重要

 ここまで読んで、「著者はそうまでして『白人は黒人を差別してない』と言いたいのか?」なんて思った人もいるかもしれないけど、多分違うと思う。著者はただ、現実をより正しく認識することが、より正しい解決を導くと思っているだけだ。

 福祉政策への反発の原因が、「黒人は怠け者」という偏見であるならば、それを解消すれば、黒人の差別解消にも福祉政策の推進にも役立つかもしれない。また、そのような偏見の原因が、メディアの無意識的な偏向であるならば、それを改善すれば偏見もなくなるかもしれない。

 実際に著者の研究結果を受けて、一部の雑誌社では、記事中の写真の偏りをチェックする仕組みを導入したそうである。

 ちなみに、本書には話の流れで公民権運動の歴史を紹介する部分がある。全般にイデオロギー的にならないように努めて冷静に書かれた本だが、その部分の描写だけ微妙に力が入っていて、この人は実は公民権運動に結構思い入れがあるな、と感じた。勝手な想像かもしれないが。

・自己認識を覆す

 本書の読後感は、山岸俊男氏の一連の著作にちょっと似ている。山岸氏の本が、日本人が自らに対して持つ自己認識=「日本人は集団主義」を覆そうとしているのに対し、本書は、アメリカ人が自らに対して持つ自己認識=「アメリカ人は福祉が嫌い」を覆そうとしているわけだ。

 ただ大きく違うのは、山岸氏の使うのが主に心理学実験なのに対し、本書の著者の使うのは社会調査と統計分析であるということだ。

 著者の統計分析は極めて入念であり、考えうるさまざまな反論にも丹念に反証している。たとえば、世論調査ではキレイゴトを答えているだけで、本音は全然違うのでは、とか、写真が偏っているのは、貧困者全体を平均すると黒人は少なくても、ニュースになるような事例に関係する人には、実際に黒人が多かったのでは、とか。 

 そのため、著者の主張には説得力があり、適当に数字をひねくり回して珍説をでっち上げるような類の本とはレベルが違うという印象を受けた。

(ただ一応指摘しておくと、「貧困者は黒人ばかり」も「黒人は怠け者ばかり」もメディアの影響だとすると、メディアが変わっても「貧困者は怠け者ばかり」になるだけで、福祉政策に対する反感はなくならない可能性も否定できないと思う。これが日本の話だったらきっとそう思っただろう。アメリカの場合はもっと差別が根深いのかもしれないが。)

 あと本書は、人間の性は基本的に善であるという、極めて健全な人間観が底流にあり、その点でも山岸氏の著作に似ていると感じた。全体に快く読めたのはそのせいでもあろう。

・決めつけてはいけない

 本書を読んで強く感じたのは、国民性や民族性のようなものを、安易に決め付けてはいけないということ。私自身のアメリカ人に対する思い込みも少なからず影響を受けた。

 考えてみれば、ほんの数百年前には黒人奴隷の国だったアメリカが、奴隷解放や公民権運動を経て、今や黒人が大統領や国務長官になるところまで来た。

 あるいは、ほんの数百年前にはホーソーンの「緋文字」(読んでないけど)みたいなピューリタンの国だったアメリカが、性の解放を経てポルノ大国となり、SATC やデス妻みたいなドラマがゴールデンタイムに放映されるところまで来た。

 今は誰が見ても福祉後進国であるアメリカが、何十年何百年したら福祉先進国になっていないと誰が言えるだろうか。

 同じことは日本についても言えるだろう。日本人は日本がこんな国だと思い込んでいるが、その思い込みによって自らが縛られてはいないか。

 本書が出版されたのは、まだクリントン政権でアメリカが好景気だった 2000 年である。その後のオバマ大統領の誕生やティーパーティ-の台頭やリーマンショックなどにより、アメリカ人の意識はどう変化しただろう。 知りたいところである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

政治はバイナリサーチ

 政治に関して、長年抱いていた素朴な疑問が一つある。それは、なぜ政治の世界には必ず右翼・左翼とか保守・革新といった二項対立が存在するのか、ということだ。素朴すぎて唖然とした人もいるかもしれないが、よく考えると結構不思議なことだとは思いませんか。

 もちろん単に分類上の都合というならわかる。でもそれだけでは説明のつかない現象が多すぎる。

 たとえば、自分がどの陣営に属するのかが本人のプライドの問題になったり、他人に対して立場をはっきりさせろと迫ったり、「自称中立」が馬鹿にされたり、というような現象は、単に分類上の都合というだけでは説明がつかない。

 普通に考えれば、右(左)に行けばいくほど正しいとか、保守(革新)であればあるほど正しいということは考えられない(証明略)ので、最適な政策というのは是々非々でしかありえないのはわかりきっている。

 だとすれば、単に政治的主張をすることだけが目的なら、その是々非々の政策をピンポイントで過不足なく主張すればいいだけの話で、それを右翼・左翼とか保守・革新とかわざわざ大雑把に分類する必要は何もないはずだ。

 私は素人にしてはその手の本も結構読んでいる方だと思うが、こういう素朴な疑問に対する答えを目にした覚えがない。しょうがないので自分で考えた。

 私がまず思いついた説明は、権力闘争上の都合だろうということ。私はこれを勝手に「制服説」と呼んでいるのだが、要するに、政治の世界は一種の戦場であって、戦場に私服でウロチョロしている奴がいると、敵か味方か区別がつかなくて目障りだというわけだ。

 これはこれでいろんな現象の説明になっていると思う。私が「旗色不鮮明主義」を唱えているのも、こういう認識が元になっている。

 でも、「有権者は民意を知らない」という認識を前提にすると、もう一つ違う説が考えられる。それが「バイナリサーチ説」だ。

 バイナリサーチというのは、計算機科学上の概念で、何かを探すときに使うアルゴリズムの名前である。

 たとえば、ここに不透明な箱が 10 個あったとしよう。その中の 1 個だけに欲しいものが入っていたとする。最小限の労力で欲しいものを発見するにはどうすればよいだろうか。

 片っ端から箱を開けて調べる、という原始的な方法だと、運がよければ 1 個開けただけで見つかるが、運が悪ければ 10 個全部開けなければ見つからない。平均すると、箱の数に比例する時間と労力がかかることになる(計算量の理論ではこれを O(n) と表記する)。

 ところが、箱の中の物に序列があって、箱自体もその序列で並んでいるとすれば話は変わってくる。

 たとえば、箱の中にあるのがトランプのハートのカードで、探しているのが ♥5 だったとしよう。この場合、まず真ん中付近にある 5 個目の箱を開けてみる。仮にこれが ♥7 だったとしよう。この場合、♥5 は全体の左半分の箱の中にある。今度は、左半分の真ん中付近にある 3 個目の箱を開けてみる。仮にこれが ♥3 だったとしよう。この場合、♥5 は左半分のさらに右半分の中にある。つまり、4 番目の箱の中にある。

 これがバイナリサーチである。この方法を使うと、探索にかかる時間や労力は、箱の数の対数に比例する量ですむ(計算量の理論ではこれを O(log n) と表記する)。対数と言われてもピンとこない人は、大雑把に桁数だと考えればいい。つまり、100 必要だったものが 2 ですみ、1000 必要だったものが 3 ですむわけで、かなり劇的な改善だということがわかるだろう。

(バイナリサーチに限らず、一次元軸上の最適化にしても、解がまるっきりランダムに並んでいたのでは探索効率は悪くなる。探索効率を良くするには、解の間の連続性など、なんらかの制約を導入する必要がある。)

 政治の世界においても、やるべき政策がやる前からわかっていれば、単にそれを行えばいいだけだ。しかし、政策の良し悪しがやってみるまでわからないとなると、話は変わってくる。

 先の箱の例と同様、ありとあらゆる政策を片っ端から試したのでは効率が悪すぎるだろう。しかし、政策同士の間になんらかの基準で序列が導入されていれば、最適な政策を発見するまでの過程をはるかに短縮できる可能性がある。

 政治の世界に二項対立があるのも、そのためではないか。二項対立というのは、要するに、一次元の基準を導入して政策を直線上に並べるということだ。これにより有権者は、「前回の政策は右すぎたから、もうちょっと左にしようか」というような大雑把な選択が可能になるというわけだ。

 だとすれば、政治の世界に二項対立が存在すること自体が、有権者は民意を知らず、政策は試行錯誤で決定するしかない、という事実の傍証になっているとも言えるだろう。

 おそらく、実際には「制服説」と「バイナリサーチ説」の両方の要素があるのだと思うが、いずれにせよ、私のような一般庶民は「旗色不鮮明」でよいのだ、という信念はますます揺るがぬものになったのである。お後がよろしいようで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

有権者は民意を知らない

 「政治家は」の間違いではない。有権者は民意を知らないのだ。別に皮肉でもなんでもなく。

 なのに、マニフェスト論・社会選択理論直接民主制論など、民主主義に関する政治理論の多くは、民意を最もよく反映する政治こそが正しい政治である、という暗黙の前提を置いている。この固定観念こそが、政治制度に関する議論を不毛なものにしている最大の原因だと私は考えている。

 このような考え方は、実は政治以外の分野では特に珍しい考え方ではない。

 たとえばマーケティング。かつては消費者の需要を知りそれを満たすことが目標だったが、最近ではむしろ「需要の創造」などと言われるようになった。これは、消費者自身も気づいていなかった隠れた需要を、生産者の方が発見して提案するという意味だ。

 あるいはソフトウェア工学(私自身がこの事を最初に学んだのはこの分野を通じてだった)。かつてはユーザーがソフトウェアに求めるものをできるだけ正確に知って、その通りのソフトウェアを作ることを目標にしていた。要求分析とか要求定義とかが重視されたのはそのためだ。

 しかしやがて、この方法は十分に機能しないことが明らかになる。その最大の原因は、ユーザー自身がソフトウェアに何を求めているかわかっていないということだった。たとえ完璧に仕様通りのソフトウェアを納品しても、ユーザーは必ずと言っていいほど、思っていたものとは違うとか、ここを変えて欲しいとか、追加機能が欲しいとか言い出す。そのことが知られてから、ソフトウェア開発の方法論は、仕様の柔軟な変更を前提としたものに変わっていった。

 念のために言っておくが、これは別に消費者やユーザーを馬鹿にして言ってるわけではない。そうじゃなくて、人間は誰でも自分が何を求めているか本当には知らないのが普通なのである。

 生まれて初めてある料理を食べるとき、人はその料理が美味いかどうか知らないで食べている。最初から美味いとわかっているものしか食べなかったら、一生貧しい食生活が続くことになるだろう。自分でも価値のわからないものを求めるからこそ、幸福の地平は広がってゆくのである。

 実は、私の「民意」に対する固定観念を決定的に打ち砕いたのは、他ならぬ社会選択理論そのものであった。アローの不可能性定理やセンのリベラル・パラドックスは、素朴な意味で「民意」を満たす決定方法が存在しないことを教えてくれる。

 要するに「民意」というのは、神によって与えられた自然権などと同じく、民主主義を支えるフィクション(擬制)なのだ。「民意」とは選挙によって表されるところのものであって、それ以上でもそれ以下でもない。それ以外の「真の民意」などを求めても不毛な結果しかもたらさないだろう。

 理屈からすれば直接民主制の方が正しいように見えるのに、実際には間接民主制が主流になっているのも、おそらくそこに理由がある。建前のフィクションでは説明できない知恵が制度に隠されていたからこそ、民主主義はここまで存続して来れたのだ。

 政治の真の目標は、「民意」を実現することではなく、人々を幸せにすることであり、そのための最善の制度を考えることだったはずだ。「民意」への不必要なこだわりは、むしろその邪魔にすらなっているのではないか。民主主義にとって真に必要なのは、有権者が最終的なガバナンスを握っていること。それだけだ。

 たとえば、料理屋で自分が食べたい料理を食べるためには、レシピをできるだけ正確に詳しく書かせてそれを守らせるべきだとか、料理屋の情報公開が不可欠だとか、料理屋に任せずに自分で料理すべきたとか、客の料理能力以上の料理を食べることは不可能だとか言う人はあまりいない。料理屋同士を競争させて、その中から適当に店を選ぶだけで、ぼくらは十分に食べたい料理を食べることができている。なのに、こと政治の話になると、なぜかそういう話になるのは不思議なことだとは思いませんか?

 それも結局は、有権者が民意を正確に知っていて、それを実現するのが正しい政治である、という誤った固定観念のせいだと思う。

 だから政治制度を考える際には、有権者が民意を正確に知らないことを前提にして、それでもうまく機能するシステムを考えるべきだ。そのとき参考になるのはむしろ、プリンシパル・エージェント理論とか自動制御論とか、そういった理論ではないだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

政治を良くするたった一つの方法

 ぼくはかなり前から(民主党に政権交代する前から)、政治の質を制度的に保証する方法は、最終的には一つしなかいのでは思っていた。それは、政治家の給料を上げることである。

 この方法を口にすることは、おそらくマスコミにとっても政治家自身にとっても、一種のタブーなのだろう。だから真面目に議論されている処すら見たことがないが、ぼくより頭がよくて常識もあり、いつもぼくのアホなアイデアに容赦なく突っ込みを入れてくれる友人に話したら、珍しく同意してくれたので、まったく現実性のない方法でもないのだと思う。

 ぼくがそういう確信に至った理路は、いずれ機会があれば詳しく説明するが、要は、今の政治の問題は政治家の思想よりも質にあるということだ。政治家の質は、かつては国民からの尊敬や役得や賄賂などによって担保されていたが、これらは時代の変化によりすべて消滅しつつある(そしてその方向性自体は正しい)。だから制度的なインセンティブによって質を担保する必要があるというわけ。

 ただ、この方法には一つ大きな問題がある。それは、政治家の給料を上げるのはいいとしても、どの程度上げればいいのかを決めるのが難しいということだ。

 政治家の給料にはもちろん市場原理は働かないし、成果主義的な発想に立つとしても、政治の成果を量的に評価すること自体が困難だ。

 そのあたりでぼくの思考は長年停滞していたのだが、やっと一つアイデアを思いついた。

 要するに、自己申告制にしてしまえばよいのではないか。

 つまり、選挙に立候補する人に、自分の希望年収を公表することを義務付けてしまうのである。その年収は 300 万円でも 10 億円でもかまわない。そしてもし当選したら、必ずその給料をもらえることにする。もちろん、有権者もその自己申告の年収込みで候補者を評価することになる。

 するとどうなるか。自分の能力に自信のある人は高い年収を申告するだろうが、それで結果を出せなければ大恥をかくことになろう。逆に能力より誠実さを売りにする人は、あえて安い年収を申告して有権者にアピールすることもできる。どちらを選ぶかは有権者の判断だ。

 この方法の利点は、人材配置の動的な最適化が可能になることである。

 そもそも、政治家にどの程度の人材が必要かは、相対的にしか決まらないものだ。高度成長期のように世の中が安定していて政治的課題が少ない時期には、政治家に優秀な人材を割り当てる必要はそれほどないかもしれないし、逆に動乱期で政治的課題が多い時期には、政治家にもっと優秀な人材を割り当てる必要があるかもしれない。 政治家・官僚・法律家・企業家その他のどこに優秀な人材を割り当てるべきかの優先順位も、相対的にしか決まらない。

 この方法なら、制度自体を変更することなく、その時代のニーズに応じた人材配置が可能になる。

 ついでに言うと、これは確か橋爪大三郎氏なども提案していたと思うが、得票数が次点の人にも一定の報酬を払ったほうがいいと思う。これはもちろん、二大政党制を前提として、常に主流派を脅かす勢力を確保するためである。これは当選者の申告額から一定割合を割り引いた金額でよいのではないか。

 あと、これはぼくではなくその友人のアイデアなのだが、政治家になんらかのテストを受けさせ、その結果を公開することを義務付けるのもいいと思う。もちろん、テストの成績が悪くても立候補できないわけではないので、参政権の侵害にはならない。資格試験ではなく単なる情報公開という位置づけである。

 素直に知性や教養のある人物を選んでもいいし、知性や教養には欠けるが、人柄のいい人物を選んでもいい。テストの成績をどう評価するかは、あくまで有権者に委ねるというわけだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

偶然に影響されすぎてはいけない

 博打打ちが一番やってはいけないことは、結果によって打ち手を変えることである。博打において結果は偶然にすぎない。偶然には理由はないのだから、結果に応じた対策というものは基本的に存在しない。ゆえに結果に振り回されずに決めた戦略を貫くことが、博打において安定した結果を残すための原則である。

 麻雀で負け組になりやすいのは、いつもは危険牌を平気で切っている癖に、大きい手に振り込んだ後に限って妙にガードが固くなる人や、逆に、いつもは安全牌ばかり切っている癖に、大きい手に振り込んだ後に限って大物手を狙ってガードが甘くなる人であることは、麻雀をやる人ならよくご存知だろう。「強い博打打ちは長時間打ってもフォームが変わらない」と雀聖・阿佐田哲也氏もよく言っていた。

 博打以外の堅気の仕事の結果は、博打ほど運だけでは決まらない。運と実力の両方に左右される。したがって、堅気の仕事の場合には、結果よって打ち手を変えたほうがよいと思いがちだが、実はここにも落とし穴がある。

 なぜかというと、打ち手を変えたことによって、結果が改善・改悪されたとしても、その原因が本当に打ち手を変えたことかどうかは、それだけでは判断できないからだ。実力だけでは決まらないということは、どんな結果も何割かは運だということだ。もし結果が運だった場合、それに応じて打ち手を変えれば、結果はむしろ改悪される可能性がある。

 運と実力の両方に左右される仕事の典型にプロ・スポーツがあるが、スポーツではよく「好調の後ほどスランプになりやすい」と言われる。その理由もおそらく同じだ。好調の何割かは運なのだが、そのどこまでが運でどこまでが実力なのか、厳密に判別することは難しい。そのため、逆にフォームを崩してしまうのだろう。

 うろ覚えだが、かのイチローは、何試合か不調が続いた後で突然固め打ちしたときに、「昨日から一日しかたっていないのに、技術的にそんなに大きく変わるはずないんですよね」と言っていた。その真意を想像するに、「これは実力ではなく運なので、その結果に振り回されてしまっては、かえってバッティングを崩すことになる」ということではなかったろうか。

 さて、わが国は何百年に一度という規模の地震に見舞われたわけだが、この地震による災害の中にも、偶然と必然・運と実力が入り混じっているはずだ。したがって今大事なのは、反省すべきことを反省すること以上に、反省すべきでないことを間違っても反省しないことだと思う。

 同じように 9.11 という悲劇に見舞われたアメリカは、その進路を大きく変えた。その中には、本当は変えるべきでない事も含まれていた(かもしれない)ことはご存知の通りだ。ぼくは当時、アメリカが変わらなければならない必然性を必ずしも理解していなかった。むしろその後のアメリカの行動から逆算して、アメリカの受けた衝撃の大きさを推し量っていたぐらいだ。

 でも今ならわかる。身近に大きな不幸を経験した人間は、何か行動を起こさずにはいられないのだということを。そして、その行動が必ずしもよい結果をもたらすとは限らないということも。

 もちろん、ぼくらが被災者に共感すること自体は、微塵も間違ってはいない。しかし正しい共感から生まれた行動がすべて正しい行動であるという保証はないのだ。したがって、共感が熱ければ熱いほど、それに溺れないだけの強靭な冷静さが必要なのだと思う。

 震災後、マスメディアやネットで喧伝される言説の中には、警戒すべきものが多々あるように感じる。特に警戒すべきは、被災者側に立つことによって善のお墨付きを得て、反対する者に悪のレッテルを貼るような言説や、震災に勝手に歴史的な意義を見出して、日本の進路を自分の望む方向に誘導するような言説だろう。

 たとえば、復興を口実にした増税であるとか、節電を口実にした特定の業界や文化に対する規制であるとか、それが本当に日本のために必要なことなのか、ぼくらはもう一度冷静になって検討する必要があると思う。

 こんな時ほど、次の言葉を肝に銘じておきたい。

- The road to hell is paved with good intentions (地獄への道は善意で舗装されている)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Twitter 革命?

| | トラックバック (0)

We are the one?

 昨日の鳩山氏の演説を聞いて以来、一番気になってるのがこのフレーズ。ぶっちゃけ、この定冠詞いるか? 「われわれは一体である」という意味なら「We are one」でいいはずだよねえ。まあこれだけだとすわりが悪いから、普通は「We are one and the same」みたいに後ろに付け足すことが多いような気がするけど。

 逆にこの「one」に定冠詞をつけた場合、数詞の「1」ではなく、いわゆる「不定代名詞」になって、文脈から自明な何かを表すか、もしくは、後ろから関係代名詞かなんかで修飾する構文になるのが普通だと思うんだけど。

 ほら、映画「マトリックス」でネオが「the one」って呼ばれてるんだけど、字幕では「救世主」になってるでしょ? あれも「説明しなくても誰もが知ってる人」を意味するわけで、普通はそうなるんだよね。

 この標語が日中韓首脳会談のときに壁に掲げられていたというんだけど、ホントかなあ? ぼくはこの人の英語力を前から少し疑っているので、どうも鳩山さんが引用するとき間違えただけのような気がしてならないんだけど。

 それとも、首脳会談の標語を書いた人が間違えたのか。あるいは、「われわれは一体である」ではなくて、「俺たち最高!」みたいな意味を表そうとしたのか。

 まあ、つまらない揚げ足取りは好きじゃないけど、ネットを検索しても、あまりこの件について指摘している人がいないので書いてみました。いや、お前のほうが間違ってるぞ! 無知無能の癖して偉そうなこと書いてんじゃねえ! みたいなご指摘がありましたらメールください。速やかに訂正しますので。

追記: 同意見の方々

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧