降圧剤が性機能に与える影響

ソース: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/1684081

翻訳はGoogle+から転載

降圧療法に従った患者は、薬物誘発性の性機能不全を最小化することで、改善できる可能性がある。潜在的な副作用としては、処方された薬剤によって、インポテンツ、リビドーの低下、射精障害、女性化乳房がある。性機能不全にもっともよく関連付けられる薬としては、メチルドーパ、クロニジン、非選択性のベータアドレナリン遮断薬、カリウム保持性利尿薬のような中枢性の降圧剤がある。チアシド系利尿薬はインポテンツの原因になるが、それを除けば性機能不全に果たす役割は最小限だ。α遮断薬やアンジオテンシン転換酵素阻害薬(ARB)やカルシウムチャンネル遮断薬が性機能不全に悪影響を与えることはほとんどない。治療を始める前に適切な病歴を入手することが重要だ。患者に性機能不全が発現した場合には、異なる種類の薬剤を試すことができる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

降圧薬とうつ病

ソース: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/2078996

翻訳はGoogle+より転載

降圧薬とうつ症状の関係は40年以上も前から認識されていた。近年では、うつ病の病原学における神経伝達物質の役割の理解が、降圧薬がうつ症状を引き起こす仕組みの理解に役立つようになった。今では、うつ症状の有機的な性質の裏には、生体アミンの欠乏があり、高血圧の治療に使われる薬の多くは、このシステムに干渉すると信じられている。今では、ㇾぜルビンとアルファ・メチルドーパの両方が、中枢神経系への作用を通じて、うつ症状を導入もしくは悪化させるという有力な証拠がある。また、ベータ遮断薬との関係も暗示されているが、このような薬とうつ症状の関連を支持するデータは、そこまで確実なものではない。グアネチジン、クロニジン、ヒドララジン、プラゾシンがうつ症状を引き起こすリスクはほとんどないように見えるが、まれに発生することが報告されている。利尿剤、カルシウム・チャンネル遮断薬、アンジオテンシン変換酵素(ACE)阻害薬も、うつ症状との関連はもっとも小さいようであり、したがって、うつ病のリスクがあるときに選択される薬となっている。医師は、どの薬がうつ症状を引き起こしたり悪化させたりするリスクがあるかを知る必要がある。現在入手できる幅広い高血圧治療薬は、リスクの少ない代替薬を提供してくれる。高血圧治療薬を服用している患者は全員、定期的にうつ病の評価を受けるようにして、うつ症状が発生した場合には、病因に薬が果たす役割を疑う必要がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

降圧療法のQOLに対する影響

ソース:http://www.nejm.org/doi/full/10.1056/NEJM198606263142602

翻訳はGoogle+より転載

著者たちは、軽度から中度の高血圧患者626名のQOLに、カプトプリル、メチルドーパ、プロプラノールが与える影響を判定するため、多施設ランダム化二重盲検臨床試験を実施した。血圧の管理が必要な場合には、ヒドロクロロジアシドを追加した。3群すべて、24週間の治療期間後の血圧管理は同様だったが、プロプラノールを服用した患者の方が、ヒドロクロロジアシドを必要とする者は少なかった。カプトプリルのみ服用、もしくは、利尿剤と併用した患者は、副作用で離脱する率がもっとも低かった(8パーセントに対し、メチルドーパは20パーセント、プロプラノールは13パーセントだった)。睡眠障害、視覚記憶、社会参加などは、どの治療群も同様だった。ただし、カプトプリルを服用した患者は、メチルドーパを服用した患者に比べると、一般的な健康の指標が優位に高く(P<0.05 ~ <0.01)、副作用が少なく、作業成績、視覚監視機能、生活満足度の尺度で高い点数を記録した。また、プロプラノールを服用した患者も、メチルドーパを服用した患者に比べて、より優れた作業成績が報告された。カプトプリルを服用した患者は、プロプラノールを服用した患者に比べて、副作用や性機能障害の報告が少なく、一般的な健康の指標がより大きく改善された((P<0.05 ~ <0.01)

著者たちの発見は、降圧剤のQOLに対する影響はそれぞれ異なっており、その影響は既存の社会心理的な尺度によって評価できることを示している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高齢者のQOLと降圧剤

ソース: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/1504127

翻訳はGoogle+より転載

高血圧は高齢者に多く、推定で高齢者の約10~20%が収縮期(160 mmHg以上)、拡張期(90 mmHg以上)、またはその両方において高血圧を示している。拡張期血圧が高血圧の患者を治療する利点は、European Working Party on High Blood Pressure in the Elderly(EWPHE)、Hypertension in Elderly Patients in Primary Care (HEP)、Swedish Trial in Old patients with Hypertension((STOP-Hypertension)によって示されている。高齢者における収縮期高血圧を治療する利点の証拠は、一つの試験(SHEP: Systolic Hypertension in the Elderly Program)によって提供され、他にも二つの試験の結果が待たれている。だが、利点だけでなく副作用をも含めた、あらゆる治療効果のデータを提供することが重要だ。従来の死亡率、罹患率、副作用の尺度に加えて、降圧療法を受けている患者のQOLも考慮に入れるべきだ。試験中のQOLを測定する方法が論じられ、一定の結果が提示される。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

高齢者のQOLに対する降圧剤の影響

ソース: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/15084140

翻訳はGoogle+から転載

高齢者の高血圧の管理においては、特に、降圧剤が患者のQOLに悪影響を与える可能性について考慮に入れる必要がある。高齢者のQOLの悪化は、自立性の喪失や治療方法の順守の悪化に結び付く可能性がある。QOLは多因子の変数として認識され、異なる領域(症候性の健康、感情的、生理的、職場社会的、認知的、および生活満足度)に分けることができ、通常は具体的な質問紙や尺度によって調べることができる。高血圧を持つ高齢の患者を評価する際には、症候性の健康、認知機能、活動機能や性機能、などの具体的な領域に特に注意を払う必要があるが、このような機能は年齢そのものや病気によって、すでに低下している。高齢者の長期的な降圧治療がQOLに与える影響を具体的に評価した、いくつかの大規模な治験()の結果によれば、降圧治療全体としては、QOLに悪影響はなく、一部ではQOLの向上すら生み出していることが示されている。QOLに対する影響という意味で、ある種の降圧剤が他の降圧剤に比べて有益か有害か、という質問には基本的に答えが出ていない。長期試験の結果は、利尿剤を使った治療はQOLに対する悪影響にはつながっていないことを示唆している。にもかかわらず、クロルタドリンその他の利尿剤は、他の種類の薬に比べると、男性のリビドーの減退、ED、射精困難などの性機能不全に結び付けられることが多い。プロプラノロールのような脂溶性ベータアドレナリン受容体遮断薬は、QOLに一定の悪影響を与えることが報告されており、抑うつ、記憶機能の障害、勃起障害のような悪影響に結び付けられてきた。ベータ(1)アドレナリン受容体遮断薬や血管拡張性を持つ薬に関しては、比較的良性の影響が記述されてきた。カルシウム・チャンネル拮抗薬は一般にQOLに対する好影響に結び付けられてきたが、特に第一世代のジヒドロピリジンに関しては、高い比率で悪影響や離脱を示した試験もある。カルシウム・チャンネル拮抗薬の使用が認知に悪影響を与える可能性についても懸念されてきたが、このテーマの研究結果は一致していない。ACE阻害薬は通常、QOLに好影響を及ぼすと報告されてきた。このような薬は、血圧管理以外のメカニズムを通じて、認知機能を維持し、向上することすらあるようだ。さらに、多数の研究がACE阻害薬が性機能に好ましい影響を与えると報告している。アンジオテンシンII受容体遮断薬(ARB)は、すぐれたtolerability と低いwithdrawal rateに結び付けられてきた。ARBは、認知機能に干渉しないばかりか改善することもあり、性機能も向上させることが実証されている。QOLの意味で他の降圧剤よりはっきりと優れた効果を持つ降圧剤はないが、現時点での印象では、ACE阻害薬やアンジオテンシンII受容体遮断薬は、少なくとも認知機能や性行動に対する影響という意味では、一定の利点があるかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

降圧剤の有害作用

ソース: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/7021123

翻訳はGoogle+より転載

早期の本態性高血圧は無症状であり、治療期間を通じて無症状のままである必要がある。入手できる降圧剤の数が増えたことを考えると、臨床医はこのような薬の副作用の可能性を熟知する必要がある。非薬物療法(塩分制限、減量、運動)により重点をおき、特に各症例を徹底的に評価することにより、薬理学療法を患者のニーズに合わせて適切に仕立てることができる。潜在的な副作用は、予測できるはずであり、多くは避けることができる。臨床的に有意な副作用は、急速に認知され是正されるはずだからである。このような副作用は、大きく3つに分かれるので、ほとんどの場合には簡単に記憶することができる。(a) 治療効果の誇張に起因するもの、(b)非治療的薬理作用によるもの、(c)非治療的・非薬理的効果に起因するもの。おそらくは特異体質反応の表れ。このレビューでは主に、2番目と3番目の種類の有害作用を扱う。各グループの薬は一般に最初の2分類と共通の副作用を共有しているが、各薬剤にはそれぞれ固有の特異体質副作用がある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)