料理の鉄人USA

 90 年代にフジテレビで放映していた「料理の鉄人」という番組にアメリカ版があることをご存知だろうか。よくあるパクリではなく、ちゃんとフジテレビからフォーマットのライセンスを受けて製作されたものである。

 最近この「料理の鉄人 USA」を、フーディーズ TV という CS 局で放映しているので、暇があると結構見てしまう。正規ライセンス番組だけあって、かなりオリジナルに忠実に作られているのだが、それでも微妙な違いがあり、そこに日米の差が現れているように見えて面白いからだ。

 最も気になったのは、料理があまり美味しそうに見えないこと。これはおそらくライティングのせいである。この番組では、料理している最中の食材をカメラが必死になって追い掛け回して撮影するのだが、日本版ではキッチンのどこで撮影してもライティングが完璧だった記憶がある。ところがアメリカ版だと、場所によって、薄暗くてよく見えなかったりするのだ。

 また、番組冒頭でテーマ食材を公開する場面も、何か雑である。日本版では、テーマ食材だけでも美味しそうに見えるようにかなり気をつかって撮影していた記憶があるが、アメリカ版はそうでもない。たとえば挽肉がテーマの回なんか、まるでスーパーの肉売場のように、プラスチックのパックに入れたラップをかけた挽肉をそのまま出したりしていた。

 さらに言えば、アメリカ版は調理器具の故障が多い。オーブンが故障して敵側のオーブンを借りるみたいなことがしょっちゅうある。これも日本版ではほとんどなかったことだと思う。

 つまり全般的に、なんとなくガサツで大雑把なのである。これが日米の技術の差か、番組にかける予算の差か、それとも文化の差かは必ずしも断定できないが。

 最近日本では、国産のドラマより海外ドラマの方が面白いという意見が多く、私も自分の見た範囲では同感なのだが、こういうバラエティ的な技術においては日本の方がまだ上回ってるのかもしれないと感じた。

 もう一つ驚いたのは、料理自体にはそれほど国による差がないということ。元が日本の番組だからかもしれないが、和食の食材や技法も当たり前のように出てくる。鉄人の一人は、日本でも和の鉄人をやったことのある森本正治なので当然だが、それ以外の鉄人や挑戦者のときにも和食の食材や技法が結構出てくる。もちろん当然ながら他の国の食材や技法も使われており、食のボーダーレス化が実感できる番組になっている。

 他にも文化差が現れていると思われる点はいくつかある。たとえば、日本版では鉄人はあまり負けなかったと思うが、アメリカ版では鉄人がよく負ける(という印象だったが、Wikipedia のデータから計算してみたら、日本版の勝率が約 7 割 5 分、アメリカ版の勝率が約 7 割で、思ったほど差はなかった)。

 それから、日本版の審査員で厳しい批判をしていたのは岸朝子ぐらいで、後はほとんど当たり障りのないコメントをしていた記憶があるが、アメリカ版の審査員は、かなり批判的なコメントが多い。まあこれは予想通りという感じだが。

 日本版の鹿賀丈史の役をやっているのは、マーク・ダカスコスという俳優。この人は鹿賀丈史の甥で武道の達人というよくわからない設定で、番組冒頭で意味なくトンボを切ったりする。お約束のパブリカ齧りと「アーレ、キュイジーヌ!」は忠実に再現しており、結構さまになっている。

 

 どうよ、この挽肉のプレゼンテーション。ガサツでしょ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ひきこもりの外出

 ひきこもりで友人もいないぼくだが、ここ数週間は珍しく外で人に会う機会が多かった。前にちらっと書いたが、某英語ネイティブと豆腐料理専門店に行ったり、神宮球場に行って読みかけの「ユングのサウンドトラック」を落としてきたり、親戚の葬式に行ったり、裁判所に出頭したり。

 昨日はなんと、てれびじょんとかいう舶来の機械によく映る、あのろっぽんぎひるずとかいう建物のすぐそばにある中華料理屋で、ぺきんだっくとかいう滅法おいしい料理を食してきた。こんな店、ぼく一人だったら絶対行かないはずで、友人というのは有難いものである。

 そこであこがれの市川寛子さんがなぜか暴漢にからまれている処に遭遇し、得意の武術で暴漢を追い払い、お礼にお茶でもご一緒しましょうということになり、その席で意気投合して、…という中二病的な妄想を一瞬しかけたが、よく考えると日曜日で報ステの日ではなかった。

 立場を気にしないですむ友人とする会話は楽しい。なぜか尖閣諸島の話になり、尖閣と竹島を交換すればいいのではないか、という一瞬聞くと小島慶子に匹敵する名案のようで、よく考えると意味すらわからない案が出たりしたが、日本を愛しすぎて行動が過剰になる方々の気分を害したくないので、ここだけの話にしておこう。

 そう言えば、例の「田原総一朗 100 のコト」。画面の前で答えていたらかなりの確率で正解してしまい、自分でもうろたえてしまった。特に、「尊敬する人=田中角栄」「一番の悪事=宮沢・橋本を失脚させたこと」に連続正解したときは思わず赤面してしまった。これではまるで田原氏の大ファンみたいではないか。

 いや確かに、田原氏が日本のテレビ界や報道界に果たした歴史的な役割は正当に評価すべきだと思ってるけど、そこまで大ファンでもないんだけどなあ…。まあでも、前に「爆発音がした」でもネタにしたように、卑下すると見せかけて自慢臭いアピールを入れてくるのはこの人の癖なので、絶対そう来るに違いないとは思った。

 しかし、総一朗クイズにこんなに当たっちまうなんて、何か自分が人間として間違った道を歩んでいるではないかと、少し反省させられた。こんな低俗な知識を身につけている暇があったら、日本お笑い史にダウンタウンや爆笑問題が果たした役割とか、現代音楽にエレクトロニカが与えた影響とか、もっと高尚なことを学ばなくてはいけない。

| | トラックバック (0)

ルクエ・スチームケースの謎

ルクエ スチームケース ライス 62036  ルクエ スチームケースという妙な調理器具を購入。「浜ちゃんが」というテレビ番組の中であるアイドルが紹介していたのを見て以来気になっていた商品であるが、インターネットで検索してみると、巷でもそこそこ流行しているらしい。ちなみに、ここでそのアイドルの名前が出てこないところが年をとった証拠。

 この商品、簡単に言えば、電子レンジで使う一種の蒸し器で、特徴は 2 つ。1 つは、電子レンジ対応のタッパーなどで使われているようなポリプロピレン製ではなく、シリコン製であること。そのおかげで、温度調整に気をつければ電子レンジだけでなくオーブンでも使えるという。

 もう 1 つは、写真でわかる通りのユニークな形状である。この中央の線の部分に切れ目が入っていて、左右に観音開きになるようにできている。その中に食材を詰めてふたを閉め、電子レンジで加熱すれば蒸し料理が完成するという仕掛け。メーカーの能書きによれば、ルキ・ヒューバーというスイス人のデザイナーが、メキシコのバナナの葉を使った蒸し料理をヒントにして考えた形状だそうだ。

 ぼくはこれでも結構疑り深い人間なので、まーたおしゃれなデザインや舶来品に弱い子たちが、ムダに高いもの買わされてるんじゃないの? という気もしないでもなかった。単にタッパーの形を変えただけみたいな製品で、そんなに劇的に味が変わるなんてことがあるのかなあ。

 そんな感じで眉に唾をつけながら何品か作ってみたのだが、うーん、おいしい…ような気がする。当たり前だが、普通の電子レンジ料理のように水気が飛んでいなくて、瑞々しい。しかも、外から添加した水ではなく、材料自体から滲み出した肉汁やエキスなので、水気の中にもうまみが染み込んでいる。味は客観的に測定できないので、プラシーボ効果のせいで美味しいと思い込んでいる可能性もないとは言えないが…。

 不思議なのは、形状が違うだけでなぜこんなに味が変わるのかということである。この手の商品ではたいてい、メーカーのホームページや説明書にいろんな能書きが書いてあるものだが、この商品にはあまりそういう能書きがない。

 仕方ないので自分で考えてみたのだが、底が丸いことが意外と効いているのではないかという気がする。底が平らな容器だと、肉汁や野菜のエキスが染み出しても、底全体に広がってしまうので、材料をよほど大量に入れない限り、全体に染み渡らない。一方、底が丸くなっていると、少ない材料でも自然と中央に集まるし、染み出した肉汁やエキスも底の中央に溜まるので、ほっといてもいい具合に混ざり合うというわけ。もっとも、それだと丼にサランラップでも同じ効果が出せそうな気もするが。

 他ではあまり書かれていない欠点に気がついたので指摘しておくが、この容器は洗うのが面倒である。なぜかというと、容器が柔らかいから。お皿なんかは固いので、片手でお皿の縁を持ったままもう一方の手でお皿全体を洗うこともできるが、この容器はフニャフニャなので、洗おうと思っている場所のすぐ裏から手で支えないと力が入らない。したがって、全体を洗うためには、持つ位置を何度も変えながら洗わなくてはならない。これは意外と面倒である。自動食器洗い機を持っている人向きかもしれない。

 まあ、普通のタッパーに比べるとお値段も高めなので、強くお勧めするのはやめておく。お金に余裕のある人は、騙されたと思って試してみてもいいかもしれない。

| | トラックバック (0)

レンジでポテチ

 一念発起して電子レンジでポテトチップを作れるという製品を購入。この歳になって今更見た目を気にしてもしょーがない、という自堕落な意識に流されがちな今日この頃であったが、ぼくの知性的な文体を見てこのブログの書き手はイケメンの美男子に違いないと確信しているに違いない全世界数十億人の可憐な美女たちのことを思い出し、彼女たちの夢を壊してはいけないと心から反省したからである。

 レンジでポテチを作ると、単に調理時間が短くて済むばかりでなく、油を使わなくてよいので、低カロリーでへるしーなポテトチップになるという。これさえあれば、夜中にコンビニでついビールとポテトチップを買い込み、ポテチをつまみに一杯やりながら寝入ってしまい、昼過ぎに目が覚めて大慌てするというような惨憺たる事態もなくなることであろう。

チンしてチップス(スライサー付) RE165  Amazon.co.jp で探したところ、似たような製品が 3 種類ほど見つかった。とりあえずお試しということで、一番安いヨシカワの「チンしてチップス(スライサー付) RE165」を購入する。

 到着したパッケージに入っていたのは、大きく分ければ 2 つ。スライサーとチップスメーカーである。スライサーには鰹節削りのように鉋状の刃が埋め込まれていて、この刃にジャガイモを押し付けてスライドするだけでジャガイモの薄切りがさくさく削れる。

 チップスメーカーというのは、要するに、そのスライスしたジャガイモを垂直に立てるためのホルダー。円形の台の上に半円形の爪がたくさん立っていて、その爪の間に CD 立てのような要領でスライスしたジャガイモをはさんで立てることができる。

 使い方も極めて簡単。スライスしたジャガイモをチップスメーカーにはさんで、チップスメーカーごとレンジに入れ、5~10 分程度加熱するだけ。ジャガイモは皮付きのままでもよいので、スライスと加熱の両工程を合わせても 10 分程度で完成する。ジャガイモ料理は皮むきが微妙なストレスになるので、その点でもお手軽と言える。

 さて、肝心の出来栄えはどうか。正直言うと、ポテトチップとは名ばかりで似ても似つかぬものができることも覚悟していたのだが、予想以上にポテトチップらしいものが出来上がった。歯ごたえはサクサクというよりパリパリに近い。最近一部のコンビニで「固揚げポテトチップ」という製品を売っているが、あれに近い感じだ。もちろん、油を使っていないのだから、ポテトチップとまったく同じ味というわけにはいかないが、まったく別物でもなく、ポテトチップの代用品として十分通用すると感じた。

 もっとも、レンジで作る系の商品のご多分に漏れず、必ずしもこの商品がなくても理屈さえわかれば同じことができそうな気はする。スライスは、汎用の野菜スライサーを使ってもよいだろうし、包丁で薄切りにすることも不可能ではないだろう。問題はチップスメーカーの方で、これの代用になるような道具は確かにあまりなさそうだ。もっとも、スライスを立てておくことが仕上がりにとってどれほど重要な意味を持つのかもよくわからないのだが。

 ともあれ、値段の安さを考えれば、買って損した気分にはまったくならなかった。全世界数十億のぼくのファンの皆様にもお勧めする次第である。

| | トラックバック (0)

レンジでパスタ

 ご存知の方もいると思うが、電子レンジでパスタをゆでられる商品がいくつかある(下図参照)。そのこと自体は、ネット経由で知っていて、近いうちに購入して試してみようと思っていた。価格はいずれも数百円程度。

| | トラックバック (0)

おふくろの味

 自分にとって「おふくろの味」ってなんだろう。とふと考えてみたのだが、なかなか思い当たらない。うちの母親は伝統にこだわるタイプではないので、同じ料理をしつこく作り続けることはあまりなかった。むしろ、料理の本なんかで新しいレシピを見つけるとどんどん試してみるタイプ。しかも、初めて作る料理でもそこそこの味に仕上げるだけの器用さを持っていた。つまり、我が家の食卓には常に飽きの来ないだけの多様な料理が並べられていて、どれもそれなりに美味しかったのだ。だから、特定の料理を「おふくろの味」として挙げるのが逆に難しいのだ。

(余談だが、嫁さんをこんなにベタホメしたらノロケだと非難されるに違いないのだが、母親の場合にはいくらホメても非難されることはなく、むしろ美談になったりするのも、考えてみると不思議だ。ひょっとすると、これも家父長制の産物なのかもしれない(^^))

 でも、あれこれ思いを巡らせていたら、一つだけ思い当たった。それは、朝食のときによく作ってくれた玉子焼き。玉子焼きなんて、それこそありふれた料理だと思うかもしれないが、うちの母親の作る玉子焼きはちょっとだけ変わっていた。一番大きな特徴は、玉子焼きの中に長ネギを刻んだものが入っていること。また焼き方も、だし巻き卵や薄焼き卵みたいにきれいに焼くのではなく、炒り卵風にぐちゃぐちゃっと炒める。そして、味付けは塩でもソースでもなく必ず醤油。この料理、見栄えはあまりよくないのだが、ネギの甘みが効いていて美味しいのだ。しかも、何度食べても飽きない味。

 もっとも、実家で暮らしているときには、それが普通の玉子焼きで、どこの家庭でも同じようなものを作っているのだろうと思っていた。ところが、よく考えてみると、これと同じレシピが料理の本に載っているのを見たことがない。もちろん、他所の家や外食店でも食べたことがない。念のため、インターネット上のレシピサイトも検索してみたが、多少似たレシピはあるが、まったく同じレシピは見当たらない。だから、あれはきっとうちの母親が適当にでっちあげたレシピなんだろうと思う。

(ちなみに、クックパッドで見つけた一番似たレシピがこの「超簡単☆ネギ卵のオイスターソースかけ♪」。だけど、味付けはオイスターソースではなく醤油でなければダメなのだ(^^)。)

(見逃してたんだけど、この「◇簡単ネギ入り卵焼き◇ 」や「我家のねぎ卵焼き」はかなり近いね。この人も昔おじいちゃんに作ってもらったとか書いてるので、一部の地域に口伝えで伝わってるレシピなのかも(^^)。)

 この料理、毎日のように食べていただけあって、時々無性に食べたくなる。そんなときは自分で作ってみたりもするのだが、こんな単純な料理でもなかなか同じ味にならない。母親にコツを聞いてみたことがあるのだが、別にコツなんてないよ、みたいなそっけない返事しかもらえなかったので、本人も意識しないで適当に作っているらしい。

 ぼくの研究した範囲では、長ネギを溶き卵に混ぜずに、先に炒めることがポイント。そうしないと、長ネギに火が通らないうちに卵に火が通ってしまう。だからまず、ネギを高温で炒め、火が通ったら溶き卵を入れ、まだ半熟かなというぐらいで火から下ろす。そして醤油をたらして完成。とーとつですが、物好きな人はお試しあれ。

| | トラックバック (0)

Dippin' Dots

 最近ちょっとハマっているお菓子 Dippin' Dots。一種のシャーベットらしいんだけど、形が仁丹みたいな丸い粒状になっているのが特徴。また、シャーベットのように水っぽくなくてサラサラした感じなのも変わっている。

 味そのものはシャーベットと大差ないんだけど、この冷たくて、つぶつぶしていて、サラサラしているという不思議な食感が面白くてちょっと病み付きになっている。

 先日偶然コンビニで見つけて買って帰ったのがきっかけ。それ以来、コンビニに行くたびに探すのだが、サンクスには売っているがセブンイレブンにはない。そのせいで、最近はセブンイレブンには寄らずにサンクスに行くぐらい。それはちょっと言いすぎか(^^)。

 値段がちょっとお高いのが玉に瑕。なにせ、ハーゲンダッツのようなやや高級なアイスクリームよりも高い。でも、食べたことない人は、一度は試してみる価値あると思うよ(^^)。

| | トラックバック (0)

大福は偉大だ

 最近コンビニで発見した、チーズ大福とチョコ大福、どっちも感動的に美味しかった。イチゴ大福のことも考えると、大福の包容力というのはたいしたものである。うぃきぺでぃあなる舶来の書物にて調べたところによると、大福の皮は米からつくられた餅である。ここで米食民族日本人の一員である私としては、米食文化優位説に持っていこうと思ったのだが、よく考えると、欧米人が食しているパンとかいう食べ物もあなどれぬ。チーズやチョコはもちろん、わが大福が得意とする餡子すらもアンパンとしてやすやすと受け入れているし、カレーパンやホットドッグなど、甘くない食品まで制覇している。はたしてわれらがが大福にそれが可能であろうか。カレー大福、ソーセージ大福などもありうるのか。この大福文化の将来に、一日本人として注目していきたい(^^)。

| | トラックバック (0)

日清Chin

 コンビニに行ったら、電子レンジで調理できる「日清Chin ソース焼そば」というのを山積みにして売っていたので、物は試しと早速購入して食べてみた。その感想。

 まず、味については、生麺なのはわかるが、

  • ソースが甘辛い
  • 食感がベタベタしている
  • 脂っこい

という感じで、正直ペヤングの方がうまいと思った(^^)。まあ、個人的に揚げ麺が好きだということもありますが。

 調理する手間ついても、かやくやソースの袋を開封して振りかけるという作業はカップ焼きそばと同じ。調理時間も普通の家庭用の500Wの電子レンジだと3分ぐらいかかるので、これもカップ焼きそばと同じ。カップ焼きそばと比べて優れているのは、お湯を沸かすのと3分たってからお湯を捨てる作業ぐらいだけど、うちにあるティファールの電気ケトルを使えば、お湯は1分ぐらいで沸くのでほとんど大差はない。

 というわけで、少なくともぼくは、この商品を今後あまり買わないだろう(^^)。一生懸命開発された方々には申し訳ないが。

 どうせ電子レンジを使うのなら、味がすごくいいとか、栄養が豊富だとか、何かもうちょっと取り柄がないとね。。。(^^)

| | トラックバック (1)

QR コードによる栄養成分の表示について

 ぼくも一時やっていたから知ってるけど、ダイエットのためにカロリー計算をしようと思っても、外食だと、どんな材料がどれだけ使われているかわからないから、データをとるのが難しい。そのような目的のため、「外食カロリー・ブック」みたいな本も出てるんだけど、そういう本を常に持ち歩くのも正直しんどい。

 もちろん、そういう本のデータを PDA かなんかに入力しておいて、簡単に検索できるようにしておけばいいんだけど、その場合でも、店内でいちいちメニューの名前を入力するのはじゃま臭い。

 じゃあ、メニューに QR コードかなんかを印刷しておいて、それをスキャンするだけで栄養やカロリーの情報を取得できるようにすればいいんじゃないの? あ、このアイデアけっこういけるじゃん。しかも、まだだれもやってないんと違う?

 …と思って有頂天になったものの、念のためにと思って検索してみたら、マクドナルドさんがとっくにやっておりました (^^)。残念。ぼくが最近ヒッキーでマクドナルドにすらあまり行っていないことがバレてしまいましたね (^^)。

 でも、ホント言うと、これ一社だけがやってたんじゃだめなんです。もっといろんなお店でやってもらわないと。だから、データも統一フォーマットにしたほうよろしい。HTML じゃなくて XML で返すようにするとか、あるいは、QR コードは容量が 4K バイトぐらいあるので、インターネットに飛ばすんじゃなくて、QR コード自体にカロリーや栄養のデータを埋め込んでおくとか。

 もっとも、本当にいろんなお店でメニューに QR コードを印刷するようになれば、ほっといても誰かがマッシュアップ(じゃなくてアグリゲータか?)サイトを作るでしょうね。さらに、そのサイト上に個人データを蓄積できるようにして、「最近食べすぎですよ」みたいな警告を出したり、理想のカロリー目標を表示したり、関連商品を宣伝したり、アイデアはいくらでも考えられる。でも、そのためにはまず、そういうお店がもっと増えてくれないと困るから、とりあえずここで宣伝しておきます (^^)。

 この手の QR コードを使ったアイデアって、まだやられてないのがたくさんあるような気がするんだけど。たとえば、レシートに QR コードを印刷して、それをスキャンすれば、家計簿ソフトに自動的にデータを入力できるとか。もっとも、これは電子マネーが普及してしまうとあまり意味がなくなるかもしれないが (^^)。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧