イスラエルが使っているのは、役立たずの「ラムズフェルド・モデル」だ!

 これは、USA TODAY という、アメリカでも最大の発行部数を誇る新聞の、投書欄ですね。その次に正反対の意見の投書が紹介されているのでアレですが、アメリカも、こういう投書が投書欄の表題になるくらいの状況にはあるということで。。。(^^)

Israel using ineffective Rumsfeldmodel

USA Today
07 Aug 2006

Just when Israel was gaining some credibility from the world for its commitment to peace by withdrawing from southern Lebanon and some of the occupied territories, it overreacts to the kidnapping of two soldiers. Israel is following the Donald Rumsfeld book on nationbuilding and destroying the very government and infrastructure that is needed to defeat the terrorists (“Israel vows no cease-fire soon,” News). Lebanon was well on its way to becoming the kind of secular, democratic neighbor Israel needs on its northern border. It was not given the time to become strong enough to hold offHezbollah. When Israel withdrew from Lebanon in 2000, it should have asked for an international force to protect it from kidnappings and rocket attacks. In fact, the 133,000 U.S. troops now stationed in Iraq would have been better used on Israel’s northern border. I grow weary of comparisons between this fight and the one we had with the fascists inWorldWar II. As sick as Hitler was, he had a standing army and clear borders that we could beat him back into; his country had people who, when it was all said and done, wanted to make peace with their neighbors, rebuild their country and get on with their lives. Not so with the religious zealots we are dealing with now. When will we, and the Israelis, realize that conventional warfare will not work? Now, of course, it is too late. Israel’s destruction of Lebanon’s infrastructure and the killing of its civilians has made Hezbollah more popular than ever. The Israeli government should have met Donald Rumsfeld in Baghdadmonths ago. If it had, it would have seen firsthand the consequences ofmiscalculation.

イスラエルは、南レバノンや一部の占領地から徹底することによって、その平和に対する姿勢を世界から信頼されかけた矢先に、兵士 2 人のを誘拐に過剰反応してしまった。イスラエルは、ドナルド・ラムズフェルドの国家建設マニュアルにしたがって、テロリストを倒すのに必要なはずの政府やインフラストラクチャそのものを破壊している。

レバノンは、イスラエルが北部国境に必要としているような、非宗教的な民主主義の隣国に、まさになろうとしていたところだった。にもかかわらず、レバノンは、ヒズボラを撃退するだけの力を蓄える時間を与えられなかった。イスラエルは、2000 年にレバノンから撤退したときに、国際部隊に対し、誘拐やロケット攻撃からの保護を要請しておくべきだったのだ。実際、現在イラクに配備されている 13 万 3 千人の米兵だって、イスラエルの北部国境にいた方がよっぽど役にたっただろう。

この戦争と、第ニ次世界大戦におけるファシストとの戦いとを比べるような話にはもううんざりだ。

ヒトラーは確かにビョーキだったが、正規軍をもち、追い返す先の国もあった。ドイツの国民だって、なんだかんだ言って最終的には、隣国と和平し、国家を再建し、平和な日常をおくることを望んでいた。

けれども、我々が今相手をしている狂信者たちは、そうではない。アメリカ人もイスラエル人も、いったいいつになったら、従来の戦争のやり方ではダメだということに気づくのだろうか?

もちろん、今頃気づいてももう遅いのだが。

イスラエルによるレバノンのインフラストラクチャの破壊や一般市民の殺戮は、ヒズボラをさらに人気者にしてしまった。どうせなら、イスラエルの政府関係者は、数ヶ月前のバグダッドでドナルド・ラムズフェルドに会っておけばよかったのだ。

そうすれば、計算違いの結果というものを、その目で見ることができていたであろうに。

| | トラックバック (1)

レバノンとイスラエルの TV が見られるぞ

 CNN Pipeline というのは、チャンネルが 4 つあるのですが、現在、そのうちの 2 チャンネルを使って、レバノン国内のテレビ局の放送と、イスラエル国内のテレビ局の放送を、そのまま流しているようです。

 非常に面白い試みだとは思いますが、残念ながら、どちらも言葉がさっぱりわからない (^^)。どうせなら、英語の同時通訳をつけてくんないかな~。

| | トラックバック (0)

イスラエル国会中継中

 さっき、CNN Pipeline で、イスラエルの国会 (クネセット) の中継映像を流してました。かなり激論になってました。当たり前のことですが、イスラエルも単色ではないのですね。

| | トラックバック (2)

中東で戦火が絶えないのに不思議はない

 これは、アメリカの親イスラエル派の論説で、先に紹介したアラブ圏の新聞の対極にあるような主張ですね。

 かなり一方的なので、あんまりマジメに読まないほうがいいかもしれないです。ある程度、中東紛争の歴史とかアメリカの政治状況を知ってる人だけ読んでね (^^)。


Nomystery why war is a constant in the Middle East T
DENNIS PRAGER
The Washington Times Weekly
24 Jul 2006


As a lifelong liberal critic of Israeli policies, the New York Times foreign affairs columnist Thomas Friedman wrote just two weeks ago: “The Palestinians could have a state on the West Bank, Gaza and East Jerusalem tomorrow, if they and the Arab League clearly recognized Israel, normalized relations and renounced violence. Anyone who says otherwise doesn’t know Israel today.”

Give Israel peace, and Israel will give you land.

Which is exactly what Israel agreed to do in the last year of the Clinton administration. It offered PLO Chairman Yasser Arafat about 97 percent of the West Bank and three percent of Israel’s land in exchange for peace. Instead, Israel got its men, women and children routinely blown up and maimed by Palestinian terrorists after the Palestinians rejected the Israeli offer at Camp David. Even President Clinton, desirous of being the honest broker and yearning to be history’s Middle East peacemaker, blamed the ensuing violence entirely on the Palestinians.

Israel’s Camp David offer of a Palestinian state for Palestinian peace was rejected because most Palestinians and their Arab and Muslim supporters don’t want a second state. They want Israel destroyed. They admit it. Only those who wish Israel’s demise and the willfully naive do not.

If you don’t believe this, ask almost anyone living in the Middle East why there is a Middle East War, preferably in Arabic. If you ask in English, they will assume you are either an academic, a Western news reporter, a diplomat or a “peace activist.” And then, they will assume you are gullible and will tell you that it’s because of “Israeli occupation” or “the Zionist lobby.”

But they know it isn’t. And it never was.

ちょうど 2 週前、ニューヨーク・タイムズの外交問題コラムニストであるトマス・フリードマンは、終生リベラルを貫ぬくイスラエル政策評論家として、次のように書いている。

「パレスチナ人とアラブ連盟が、イスラエルの存在をはっきりと認め、関係を正常化して、暴力と縁を切っていれば、明日にでも、ヨルダン川西岸、ガザ、および、東エルサレムにパレスチナ人の国家を持つことができていたであろう。そうでないという人は、現在のイスラエルを知らない人である。」

イスラエルに平和を与えよ。そうすれば、イスラエルは土地を与えてくれる。

これはまさに、イスラエルがクリントン政権の最後の年に合意したことである。この合意 (訳注:オスロ合意のこと) では、PLO 議長ヤセル・アラファトに対し、平和と引きかえに、ヨルダン川西岸の約 97%、イスラエル本土の 3% を提供した。パレスチナ人がキャンプ・デービッドでイスラエルの提案を拒絶したあと、その見返りとしてイスラエル人が得たものは、イスラエルの男性、女性、子供たちを、パレスチナのテロリストによって爆破され不具にされることだった。公正な仲裁者でありたいと願い、中東紛争の調停者として歴史に名を残したいと切望していたクリントン大統領でさえ、その後の暴力については完全にパレスチナ人の責任であると非難していた。

パレスチナ国家の設立という、キャンプ・デービッドでのイスラエルによるパレスチナ和平の提案が拒絶されたのは、パレスチナ人、および、彼らを支持するアラブ人やイスラム教徒のほとんどは、別の国が欲しいわけではないからだ。彼らは、イスラエルを破壊したいのである。そのことは、彼ら自身ですら認めている。それを認めないのは、イスラエルの終焉を望んでいる者と、わざと純真なフリをしている者だけである。

信じない人は、中東に住んでいる人なら誰でもいいから、なぜ中東に戦火が絶えないのか、できればアラビア語で訊ねてみるといい。英語で訊ると、彼らはあなたが学者か西側の新聞記者か外交官か「平和運動家」であり、簡単に騙せると思って、「イスラエルの占領」や「ユダヤ・ロビー」のせいだと答えるだろうから。

しかし、彼らは知っているのだ。本当はそうではないことも、今までずっとそうではなかったことも。

| | トラックバック (0)

うわっ、めっちゃわかりやすい!

 E 田先生のブログに、ぼくがまわりくどくウダウダ書いていたようなことが、あっさり説明されてしまっているので驚いてしまいました。

 ただし,ここで注意すべきなのは主流派経済学に合理的な経済人の仮定の解釈です.これは,主流は経済学の研究者の中でも考え方が二つに分かれる.

主流派経済学の基本発想は… "自分の消費・労働のみから効用を得る個人"がその効用を最大化しようとして行動し,その結果経済厚生が最大化される.市場が十分にその機能を果たせないときには,政策による補完が有用な「こともある」.

というものです.ここでのポイントは"自分の消費・労働のみから効用を得る個人"という点.

  この基本発想のひとつの理解は,"自分の消費・労働のみから効用を得る個人"は目指すべき個人主義の姿である(したがって<自律による経済成長>個人主義の確立が必要)というものになるでしょう.

 しかし,もう一つの解釈は個人が何を目的関数としているかは実証的な課題であり,"自分の消費・労働のみから効用を得る個人"を想定するのは,どうもその仮定から出発すると予測力のある結論がえられる.故に,現代の経済主体の行動は,"自分の消費・労働のみから効用を得る個人"と考えてよい.時代が変われば"自分の消費・労働のみではなくいろいろな社会的状況から効用を得る個人"を想定して議論をするべきで,どちらの個人主義がよいかといった話題は経済学の問題ではない(場合によっては人が決められることではない)というものです.

  僕自身は後者の立場.そして,後者の解釈に従うとネオリベは社会を変化させるイデオロギーではなく,社会情勢をあらわす分類名(?)ということになるのではないでしょうか.

 そうか、「自分の消費・労働のみから効用を得る個人」って言えばよかったのか。。。さすが、頭のいい人は違うわ。

 そうすると、ぼくの主張は、その仮定は近似的には正しいが、完全には正しくない、とでも言えばいいのかなあ。

 また E 田先生の本買おうっと (^^)。小田中先生の本もね。

| | トラックバック (0)

サディスティック・カエラ・バンド

 CM でもやってる、木村カエラさんがボーカルをやってるミカバンドの「タイムマシンにお願い」をダウンロード。な、なんだこの生っぽさは。ひょっとしていまどき同録? いや、それはないな (^^)。

 でも、ドラムもギターも明らかに生だし、余計なシンセの音とか、一切入ってないですね。ハモンドみたいな音がちょっと入ってるけど、誰が弾いてるんだろう。トノバンかな?

 カエラさんのボーカルはなかなか凛々しくていいです。福井みかさんみたいなパンクっぽさはあんまりなくて、わりと丹精な感じですが。

 あ、ホントのバンド名は、Sadistic Mica Band Revisited だそうです。

追記: このメイキング映像見たら、やっぱ同録みたい。同録でこんな丹精な音になるんだから、やっぱテクニシャン揃いなんですね。この映像だと、トノバンはギターで、キーボードは誰かサポートメンバーが後ろで隠れて弾いてます (^^)。

| | トラックバック (0)

mixi station

 mixi が新機能としてリリースした、この mixi station というのは、なかなか面白いですね。手動でプレイリストをブログにアップロードする機能とかは前からあったけど、このソフトの場合、iTunes で音楽を聴いているだけで、再生された曲目が勝手に mixi にアップロードされるようになっています。したがって、何の努力もせずとも、自分の趣味嗜好を他人に伝えられるわけですね。

 まあ、ここまでコミニュケーションが簡単になってしまうと、ますますコミニュケーションの下手な人 (自分も含めて) が増えるんではないかという気もしますが、まあ、電動鉛筆削りやシャーペンが普及すると、ナイフを使える人が減るように (たとえが古いな (^^))、ある程度は仕方のないことなのでしょう。たぶん (^^)。

 ただ、このソフトを使っていると、つい、あまり人の知らないマイナーな曲をかけてウケをとってやろうとか、不純な心で曲を選びそうになるのが問題といえば問題かなあ。え、そんな不純なヤツはお前だけだって? そうですかすいません<m(__)m>。

| | トラックバック (0)

松本人志をもっと追い込んでみよう

 第二日本テレビで、松ちゃんの新作コント「ザッサー」を観る。その感想は微妙。少なくとも、大爆笑するという感じではない。「ザッサー」を後 5 回ぐらい繰り返して、岡崎機長がもっとメチャクチャになると面白かったと思うのだが、本格的に面白くなりかけたところで終わってしまったという感じ。長さがちょっと中途半端なのかもしれない。

 とは言え、これを観てある種の期待感が出てきたのも事実。最近、常に新鮮な驚きを提供してくれた松ちゃんも、そろそろ安定期に入ったのかなあ、と思いかけていたのだが、追い込めばまだまだ何かが出てきそうな気がしてきた。「トカゲのおっさん」にしろ、初めて観たときはなんじゃこりゃと思っていたのが、だんだん麻薬のようにハマっていったのだから、このまま新作を作り続ければ、また何かとんでもないものが出てくるかもしれない。

 というわけで、必ずしも 100% 満足したわけではないのだが、もっともっと松本人志を追い込んで、新作コントを作り続けさせるために、とりあえず「ザッサー」は「戦略的」に褒めておくことにした (^^)。松ちゃんは自分でも M だと公言しているのだから、こういう言い方をしても許してくれると思うのだが。

| | トラックバック (0)

モヒカンチェック

 今頃という感じかもしれないけど、モヒカンチェックをやってみました。いや、実は、「モヒカン族」という言葉を知ったのも、つい数日前なんですけどね(^^)。やっばいな~(^^)。

■タイプ5になっちゃった方

[あなたは非攻撃的なモヒカン族のようです]

あなたの行動指針は[賢明]です。何より、皆がハッピーであることを望みます。反面、その理論が周囲に受け入れられないとき、周りから「変わり者」というレッテルを貼られます。

儀礼的無関心が多くクールなんですけど、たまには知識を人の為に使ってみてください。たのんます。

[タイプ5のあなたならこんなことはしない]

教えて君に物を教えること

ご近所ブログの定期巡回

 う~む、ワリと当たってるかも(^^)。確かに、モヒカン族的なところが多少はあるのは確か。けど、void 氏みたいには、なろうと思ってもなれないな~(^^)。あんな根性ないよ(^^)。

  「知識を人の為に使ってみてください」とか言われても、こんなブログを書いてるだけでじゅーぶん時間をとられてるのに、これ以上鼻血もでねーよって感じだよね~。こんなんだって、内容はてきとーでいいや、と思ってるから続いてるんで、つっこみどころがないように完璧に書こう、とか、他のブロガーよりいいことを書こう、とか思ってたら、とっくに疲れてやめてますよ。

| | トラックバック (0)

ナルシスト度チェック

 ほぼ日を読んでいたら、糸井さんが、今の世の中「軽ナル (軽いナルシスト)」が多い、みたいなことを書いていたので、気になって、早速自分のナルシスト度をチェックしてみました。まあ、そんなことを言われてすぐ気にすること自体がナルシストの証拠だと思いますが(^^)、それはさておき、結果はこんな感じ。

あなたは絶対美しい♪ 今回のあなたのナルシスト度は、6問正解、30点でした。  

もうちょっと自分に自信を持ってね。 鏡を良く見てみて。あなたは輝いてるわ~☆☆☆ミ

普通の人です。 あなたは42%です。少しくらいは自分に自信を持っても良いですよ。

あなたはきわめて普通の人。ナルシスト度は40%で人並みです。

岡村級 あなたはプチナルシストです。自分の悪い部分が見えてしまうことは、実は自分を良く見せたいという気持ちと裏合わせなのです。自分の欠点を武器に、それをとことん極め、逆に長所に見せてしまいましょう。自分を落としてでも笑いを取る。これぞ芸人魂! ラッキーアイテム:つっこみの相方

 うーん、こんなもんかなあ~。自分で言うのもなんだが、実物はもっとナルシストだと思うぞ(^^)。

 こうなった理由はいろいろ考えられるけど、たぶん、

  1. 設問が女性向けのものが多いので、男性ナルがひっかかりにくい
  2. 特に、容姿に関するものが多いので、容姿以外の面でナルなヤツがひっかかりにくい
  3. ひょっとして世代差。ぼくの世代ではナルとみなされるヤツも、今なら普通。

 もし 3 が正しいとすると、これは糸井さんの仮説にもひっかかってくるわけですね。まあ、ぼくは今の若い子のことがよくわからないので、あまりわかったようなことは言えませんが。。。

 もう一つ思うのは、ぼくもそうだけど、ナルはナルでも、「他人と比べない」ナルシストっていると思うんですね。つまり、他人が自分より上か下かということに、そもそもあまり関心がない(^^)。というか、上なら上、下なら下なりに、「こんな下な自分って愛しい」とか思えちゃう人。異性からこっぴどく振られても、「こんな振られちゃう自分って愛しい」とか思えちゃう人。もちろん、ナルシスト度チェックで、すごいナルシストだということになっても、ワリとふつーだということになっても、「それでこそ自分だ」と思ってしまうような人(そういう人が存在するということは、色川武大さんのエッセイなんかを読むとわかります)。これは「防衛機制」だと思う人もいるかもしれないけど、どうも自分の感じだと生まれつきのような気がします。

 こういうやつには、常識的なインセンティブがあまりきかないので、言うことをきかすのはホントに大変です(^^)。それに比べたら、「拝金主義」とか言われてる人の方が、金で簡単に動かせるわけだし、よっぽど社会に貢献してると思うのね(^^)。だからまあ、ぼくみたいなのは、せめてあまり他人に迷惑をかけないように、社会の片隅でひっそりと生きるのがお似合いだと思うんですが(^^)。

 ただ確かに、近代社会が個人にナルシストになることを強制しているようなところはあると思います。これは、前から手を換え品を換え言ってることなんですが、近代社会において、個人主義というのは、社会を維持するための社会科学的な要請であって、必ずしも個人のためにあるわけじゃないんですね。むしろ、個人主義を強制されたがために、精神的に苦しんでいる個人もたくさんいるはずです。

 逆に、愛は世界を救うとかなんとか言って、愛というものは社会のためにあるように言われがちですが、近代社会においては、もしろ、「愛」の方が、個人の心を救済するために必要な実存哲学的な要請なんですね。

 だから、人一倍「自己愛」の強い私が言うのもなんですが(^^)、「他者への愛」を知ることによって精神的に救われる人というのはたくさんるような気がしますね。それが、ここで言うようなナルシシズムに直接結びついているのかはさておき(^^)。

| | トラックバック (0)

より以前の記事一覧