« プロテイン・シェイクと腎臓障害 | トップページ | B型大動脈解離の血管内修復 »

プロテイン・ドリンクが腎臓に与える副作用

ソース: http://www.livestrong.com/article/323940-the-side-effects-of-protein-drinks-on-the-kidneys/

翻訳はGoogle+より転載

プロテイン・ドリンクは、ほどほどに消費すれば、健康的でバランスのとれた食事の一部となり得る。このようなシェイクは通常、プロテインだけでなく、健康や栄養のもとになる炭水化物、ビタミン、ミネラルも提供する。しかし、プロテイン・シェイクを、特に食事の代わりとして定期的に消費すると、悪い副作用につながる可能性がある。具体的には、プロテイン・シェイクからのタンパク質消費の過剰は、腎臓に悪影響を与える可能性がある。

腎臓結石

プロテイン・ドリンクの濫用からくるタンパク質過剰の潜在的な副作用の一つは、腎臓結石リスクの増加である。このような結石は、腎臓内の化合物の結晶化によって成長し、腎臓内の細管を塞いだり、あるいは、腎臓から膀胱に尿を運ぶ尿管という管を塞ぐことすらある。腎臓結石は無症状のこともあるが、尿管内の結石は痛みを引き起こし有害であることがわかっている。メリーランド医療センター大学では、タンパク質の摂取が腎臓結石の形成に一役買っている可能性があり、タンパク質摂取を減らすと腎臓結石のリスクも減る可能性があると説明している。プロテイン・シェイクを適度に消費すれば、タンパク質摂取を通常の範囲内に維持するのに役立つかもしれない。

腎臓疲労

プロテイン・シェイクの消費しすぎた場合のもう一つの副作用は、腎臓の疲労である。腎臓は、有益な化学物質を体内にとどめ、有毒物質や老廃物が尿として排泄されることを保証するために、多数の化学物質をろ過している。プロテイン・シェイクの豊富な食事によって起こり得るタンパク質消費の過剰は、腎臓が血液をろ過する際に、より多くのタンパク質が体内に維持されることを腎臓細胞が保証しなければならなくなるので、腎臓の負担を増やす。長時間の高タンパク消費と腎臓疲労は、長期的で有害な副作用を引き起こす可能性がある。

腎機能の低下

プロテイン・シェイクの日常的な過剰消費による深刻で長期的な帰結は、腎機能の低下である。長年の腎臓への負担増加は、血液のろ過効率の低下につながる可能性がある。その結果は、腎臓のろ過ユニットのわずかな損傷であり、それにより栄養が尿中に漏れる可能性がある。腎不全の始まった患者は、ただちに医療機関の治療を受け、タンパク質摂取を避ける必要がある。

|

« プロテイン・シェイクと腎臓障害 | トップページ | B型大動脈解離の血管内修復 »

慢性腎臓病(CKD)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67762/65775794

この記事へのトラックバック一覧です: プロテイン・ドリンクが腎臓に与える副作用:

« プロテイン・シェイクと腎臓障害 | トップページ | B型大動脈解離の血管内修復 »