« 食事からのタンパク質摂取と慢性腎臓病(CKD) | トップページ | プロテイン・ドリンクが腎臓に与える副作用 »

プロテイン・シェイクと腎臓障害

ソース: http://www.livestrong.com/article/489531-protein-shakes-kidney-problems/

翻訳はGoogle+より転載

タンパク質サプリメントと腎機能の低下を結び付ける証拠が存在する。「ハーバード・ガゼット」によって報じられた研究結果では、高たんぱく食が女性の腎機能に与える影響を調べた。この研究によると、すでに腎機能に障害のある参加者が、最も高たんぱく食の影響を受けやすいのに対し、健康な腎臓の女性は、タンパク質の摂取を増やしても影響を受けないことが判明した。この研究は女性だけに注目しているが、男性も同じように影響を受ける可能性がある。

腎臓

腎臓の目的は、血液をろ過して、体内から老廃物を除去しながら、必須栄養素を組織や器官に届けることである。タンパク質は腎臓でろ過される。タンパク質が多すぎると、腎機能に負担をかける可能性がある。年長者やすでに腎臓障害のある人々は、医者に相談して、プロテイン・シェイクの摂取が自分に適しているかどうかを、判断してもらう必要がある。

タイムスパン

プロテイン・サプリメントやプロテイン・シェイクを消費した期間の長さが、腎機能にどれほど影響を与えるかに役割を果たす可能性がある。Mayoクリニックのキャサリン・ゼラツキーによれば、ほとんどの成人にとっては、高タンパク質食を一度に3~4カ月続けても、一般的には安全だという。けれども、長期的なプロテイン・サプリメント摂取やプロテイン一般の摂取増加は、肝臓や腎臓の機能を悪化させる可能性がある。

推奨

アメリカの疾病予防管理センター(CDC)によると、タンパク質の推奨栄養所要量は、総カロリー摂取量の10~35パーセントである。あまり動かない人の場合、身体を動かす人に比べると、あまりタンパク質を必要としない。定期的に運動をすると、筋肉はより多くのタンパク質を必要とする。典型的なプロテイン・シェイクには、20~40 gのタンパク質が含まれており、これは多くの人にとって、一日に必要なタンパク質よりも多い可能性がある。CDCによると、アメリカ人の多くは、現在の食事で十分なタンパク質を消費しており、サプリメントでタンパク質を追加する必要はない。

タンパク質の種類

先に言及した「ハーバード・ガゼット」に発表された研究では、タンパク質の種類と腎機能の間につながりがあることを示唆している。この研究によると、肉や卵のような動物タンパク質が、腎臓に最も大きな負担を引き起こす。植物や乳製品のタンパク質は、腎臓にそれほど影響を与えない。この研究は、毎日の食事にプロテイン・サプリメントを加える際には、大豆プロテインやカゼイン・プロテインのシェイクがよい選択になり得ることを示唆している。プロテイン・サプリメントを試す前に、医師や栄養士と選択肢を議論すること。

|

« 食事からのタンパク質摂取と慢性腎臓病(CKD) | トップページ | プロテイン・ドリンクが腎臓に与える副作用 »

慢性腎臓病(CKD)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67762/65775775

この記事へのトラックバック一覧です: プロテイン・シェイクと腎臓障害:

« 食事からのタンパク質摂取と慢性腎臓病(CKD) | トップページ | プロテイン・ドリンクが腎臓に与える副作用 »