« 大動脈解離用語集 | トップページ | プロテイン・シェイクと腎臓障害 »

食事からのタンパク質摂取と慢性腎臓病(CKD)

ソース: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27801685

翻訳はGoogle+より転載

レビューの目的:
高タンパク質の摂取は糸球体内圧と糸球体過剰ろ過の増加につながる可能性がある。これは、糸球体構造の損傷を引き起こし、慢性腎臓病(CKD)の原因になったり悪化させたりする可能性がある。したがって、CKDを管理するためには、0.6-0.8 g/kg/日の低タンパク食(LPD)が推奨されることが多い。筆者たちは、タンパク質の摂取がCKDの発症や進行に与える影響や、低タンパク食のCKD管理における役割を見直した。

最新の発見:
CKDの患者の実際の食事によるタンパク質の消費は、低タンパク食の推奨よりも相当高いままである。CKDのタンパク質制限を吟味するための、ランダム化対照試験として最大のものである「腎疾患の食事の変更(MDRD)」という研究の結果は決定的ではないにも関わらず、前後のいくつかの研究やメタアナリシスでは、CKDの進行を遅らせ持続的透析療法の開始を遅らせる上での低タンパク食の役割を支持しているように見える。低タンパク食に必須アミノ酸やそのケトアリニドを補ったものは、段階的な透析への移行に利用できる。透析療法の代わりの低タンパク食管理は、コストを低下させ、心理的な適応を向上させ、透析への移行時の残存腎機能を保護する。タンパクエネルギーの浪費を避けるためには、適切なタンパク質とエネルギーの摂取を保証する必要がある。

要約:
CKDの管理を最適化し、タンパク質やエネルギーの適切な摂取を保証し、タンパクエネルギーの浪費を避けるためには、低タンパク食に基づいた、バランスのとれた個人に合わせた食事アプロ―チを、栄養士の定期的なカウンセリングと調査によって精密化する必要がある。

|

« 大動脈解離用語集 | トップページ | プロテイン・シェイクと腎臓障害 »

慢性腎臓病(CKD)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67762/65775760

この記事へのトラックバック一覧です: 食事からのタンパク質摂取と慢性腎臓病(CKD):

« 大動脈解離用語集 | トップページ | プロテイン・シェイクと腎臓障害 »