« 高齢者のQOLに対する降圧剤の影響 | トップページ | 降圧療法のQOLに対する影響 »

高齢者のQOLと降圧剤

ソース: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/1504127

翻訳はGoogle+より転載

高血圧は高齢者に多く、推定で高齢者の約10~20%が収縮期(160 mmHg以上)、拡張期(90 mmHg以上)、またはその両方において高血圧を示している。拡張期血圧が高血圧の患者を治療する利点は、European Working Party on High Blood Pressure in the Elderly(EWPHE)、Hypertension in Elderly Patients in Primary Care (HEP)、Swedish Trial in Old patients with Hypertension((STOP-Hypertension)によって示されている。高齢者における収縮期高血圧を治療する利点の証拠は、一つの試験(SHEP: Systolic Hypertension in the Elderly Program)によって提供され、他にも二つの試験の結果が待たれている。だが、利点だけでなく副作用をも含めた、あらゆる治療効果のデータを提供することが重要だ。従来の死亡率、罹患率、副作用の尺度に加えて、降圧療法を受けている患者のQOLも考慮に入れるべきだ。試験中のQOLを測定する方法が論じられ、一定の結果が提示される。

|

« 高齢者のQOLに対する降圧剤の影響 | トップページ | 降圧療法のQOLに対する影響 »

降圧剤」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67762/65709207

この記事へのトラックバック一覧です: 高齢者のQOLと降圧剤:

« 高齢者のQOLに対する降圧剤の影響 | トップページ | 降圧療法のQOLに対する影響 »