« 「ハウス・オブ・カード」にでてくる実在キャスター一覧 | トップページ | 高齢者のQOLに対する降圧剤の影響 »

降圧剤の有害作用

ソース: https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/7021123

翻訳はGoogle+より転載

早期の本態性高血圧は無症状であり、治療期間を通じて無症状のままである必要がある。入手できる降圧剤の数が増えたことを考えると、臨床医はこのような薬の副作用の可能性を熟知する必要がある。非薬物療法(塩分制限、減量、運動)により重点をおき、特に各症例を徹底的に評価することにより、薬理学療法を患者のニーズに合わせて適切に仕立てることができる。潜在的な副作用は、予測できるはずであり、多くは避けることができる。臨床的に有意な副作用は、急速に認知され是正されるはずだからである。このような副作用は、大きく3つに分かれるので、ほとんどの場合には簡単に記憶することができる。(a) 治療効果の誇張に起因するもの、(b)非治療的薬理作用によるもの、(c)非治療的・非薬理的効果に起因するもの。おそらくは特異体質反応の表れ。このレビューでは主に、2番目と3番目の種類の有害作用を扱う。各グループの薬は一般に最初の2分類と共通の副作用を共有しているが、各薬剤にはそれぞれ固有の特異体質副作用がある。

|

« 「ハウス・オブ・カード」にでてくる実在キャスター一覧 | トップページ | 高齢者のQOLに対する降圧剤の影響 »

降圧剤」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67762/65709174

この記事へのトラックバック一覧です: 降圧剤の有害作用:

« 「ハウス・オブ・カード」にでてくる実在キャスター一覧 | トップページ | 高齢者のQOLに対する降圧剤の影響 »