« 2015年10月 | トップページ | 2016年12月 »

コルベアがオバマ大統領に就職面接を指導(和訳・注釈付)

 コルベアのレイトショーにオバマ大統領本人が出演して、「コルベアがオバマ大統領に就職面接を指導」という体のミニコントをやっていて、結構面白かったので、勢いで全文翻訳してしまいました。アメリカの政治に疎い人にはわかりにくいネタも多いので、できる限り注釈もつけてみました。アメリカのトークショーの政治ネタに興味がある方の参考になれば幸いです。


Colbert: Mr. President! Good to see you again sir!
コルベア:大統領閣下! またお会いできて嬉しいです。閣下!

Obama: Stephan!
オバマ:コルベア君か!

Colbert: Always the best!
コルベア:お変わりないようで。

Obama: How did you get in here?
オバマ:君はどうやってここに入り込んだの?

Colbert: Oh! Just a… you know, I’m always interested in talking to the leader of the free world. Look, I’m so thrilled to join you here at Carnegie Mellon University. And just like all the students out there taking part in the White House frontier conference, you too will soon be looking for a new job. Isn’t that interesting?
コルベア:え、いや、私はいつも自由世界のリーダーとお話をしたいと思ってますから。見てください。私はこのカーネギーメロン大学で閣下にお会いできてドキドキしています。そして、ホワイトハウス・フロンティア会議に参加している学生の皆さんと同じように、閣下もまもなく新しい仕事を探すことになるわけですよね? 興味深いですね。

Obama: That is true.
オバマ:確かにその通りだが。

Colbert: And I’m honored that you ask me to help.
コルベア:そこで閣下が私に助けを求めてくれて光栄です。

Obama: I didn’t ask you here to help. I still don’t know how you got in here.
オバマ:君に助けを求めた覚えはない。それより、君がどうやってここに入り込んだのか、いまだにわからないのだが。

Colbert: It’s OK to be nervous. All right? Why don’t you have a seat?
コルベア:緊張なさるのはわかります。大丈夫ですか? どうぞ、おかけになってください。

Obama: I’m already sitting.
オバマ:さっきから座ってるじゃないか。

Colbert: Good. See it’s starting off very well already. And I think maybe we should start with a practice interview and I’ve got just the man who could help you. Excuse me for one second.
コルベア:いいですね。幸先のいいスタートです。それでね、面接の練習から始めた方がいいんじゃないかと思うんですよ。そのためにちょうど役に立つ奴がいるんですよ。ちょっと待ってください。(カメラの外に姿を消す)

Obama: Stephan?
オバマ:コルベア君?

Colbert: Yes, Sir! Just a moment!
コルベア:閣下―! 今行きまーす!

Colbert: Hello.
コルベア:(バレバレの変装で再登場)。どうも。

Obama: Hello.
オバマ:どうも。

Colbert: I'm Randy. I'm the office manager.
コルベア::私は支店長のランディです。

Obama: Hello, Randy.
オバマ:こんにちは…ランディさん。

Colbert: All right. This is going to be very well.
コルベア:いいですね。うまくいきそうです。

Obama: Are you intending to help me sharpen my skills when I go in for an interview?
Is that your intention here?
オバマ:あなたが私に面接スキルを教えてくれる人というわけですか? ここに来てくれたのはそのため?

Colbert: It's what I do for a living. We're here to find out what you're gonna do for a living, OK?
コルベア:それが私の仕事ですから。あなたがどうやって生きていけばいいか、ここで一緒に考えましょう。いいですね?

Obama: All right. Let's try it out.
オバマ:いいでしょう。お願いします。

Colbert: 55. Tough time to start over for a man. I have a copy of your resume here. Why don't you hand it to me as if you were applying for a job? Go ahead and do it.
コルベア:55歳ですか。その歳で新しい仕事に就くのは大変ですよ。ここにあなたの履歴書があります。この履歴書を、実際に求職に応募したときのように、私に渡してみてください。お願いします。

Obama: (handed it to Colbert)
オバマ:(履歴書をコルベアに渡す)

Colbert: That's good. You're a natural. OK. Hello. Mr. Obama? Am I pronouncing that correctly?
コルベア:いいですね。自然です。よろしい。こんにちは…オバマさんかな? 名前の発音あってますか?

Obama: Close enough.
オバマ:だいたい合ってます。

Colbert: OK. Let's see, (papapapapapa), I don't see any promotions for the last eight years. That's not always good. Can you explain that?
コルベア:よろしい。さて、ペラペラペラと…過去8年間昇進なしですか? それはあまりよろしくないかもしれませんよ。理由を説明してもらっていいですか?

Obama: Honestly, there wasn't a lot of room for advancement in my last job. The only one with more powerful position was my wife.
オバマ:正直言って、前の職場では、あまり昇進の余地がなかったんです。私より力のある地位にいたのは、妻だけですから。

Colbert: OK. Oh good. Is it a twofer? Can we get both of you, by any chance?
コルベア:ふむふむ。家族経営かな? ご夫婦を一緒に採用することもできますかね?

Obama: Doubtful.
オバマ:たぶん無理でしょう。

Colbert: OK. Tell me why you're leaving. You say you're not being terminated, but it sounds like you can't stay. Is that true?
コルベア:わかりました。退職の理由を教えてください。クビになったわけではないそうですが、それだと、職場にいられなくなって自分から辞めたようにも聞こえますよ。違いますか?

Obama: Well, I'm leaving because it's required by the 22nd amendment of the United States constitution.
オバマ:えーと、私が辞めたのは、合衆国憲法修正第22条のせいです。
(訳注:アメリカ大統領には昔は任期の規定がなかった。修正22条で正式に任期が2期までと定められた)。

Colbert: OK. A little tip. When you say staying in your job would be unconstitutional, what employers hear is the you stole office supplies. OK? So I'd gloss over the rest of that, OK?
コルベア:ふむふむ。一ついいことを教えてあげましょう。仕事を辞めないことが憲法違反だとか言うと、経営者はあなたが会社の備品を盗んだと思ってしまいますよ。だから、私ならもうちょっとうまく言いますよ。わかりましたか?

Obama: OK.
オバマ:わかりました。

Colbert: Doesn't say here. Where were you born?
コルベア:ここには書かれてませんが、出身地はどこですか?

オバマ:(すごく嫌そうな顔)

Colbert: Is this the longest form of this resume available?
コルベア:もっと詳しい履歴書はないんですか?

Obama: Why don't we move on?
オバマ:その話題はそのへんにしてくれませんか?
(訳注:このくだりは、いわゆる「バーサー運動」を皮肉っている)

Colbert: OK. Good. Describe, if you can, the type of office you would like to work in?
コルベア:まあいいでしょう。あなたが働きたいのはどんな事務所か、よかったら教えてください。

Obama: Well, I was hoping for a nice corner office, or at least an office that has corners in it.
オバマ:えーと、できれば、角部屋がいいですね。それがダメなら、角のある部屋、かな。
(訳注:角部屋(corner office)には、重役がいるようないい部屋という意味がある。その後の「角のある部屋」はたぶん、大統領執務室、通称「オーバル・オフィス」(楕円形で角がない)にひっかけているのであろう。執務室はもうコリゴリ、というところか)

Colbert: Can you tell me about some of your accomplishment? And keep in mind it's important to describe them in such a way that it highlights how your experience might be relevant to a potential employer.
コルベア:あなたの過去の業績について教えてくれますか? あなたの経験が雇い主にとってどう役立つかを強調するように説明するのが大事です。それを忘れないように。

Obama: OK. Well, I brokered international deals that slowed the impact of climate change, and prevented Iran from acquiring a nuclear weapon.
オバマ:わかりました。えーと、私は地球温暖化の影響を抑えるような国際的な取引をまとめ、イランが核兵器を入手するのを防ぎました。

Colbert: OK. Let's change that to "proficient in Microsoft Excel". Anything else?
コルベア:よろしい。そこは「Excelが得意」に変えましょうね。他には?

Obama: Well, I reopened relations with Cuba for the first time in 50 years.
オバマ:えーと、私は50年ぶりにキューバとの関係を再開しました。

Colbert: I'd call that one "conversational Spanish". See?
コルベア:それは私だったら、「スペイン語会話に堪能」と言うでしょうね。わかりましたか?

Obama: (nodded)
オバマ:(うなずく)

Colbert: OK. It says here...let me see if I got this right. It says here you saved the American auto industry.
コルベア:よろしい。あと、こうも書かれてましたよね。ちょっと確認させてください。こう書かれてますね。あなたはアメリカの自動車産業を守った、と…

Obama: Yeah, but nobody believes it. Change that to "drives stick."
オバマ:ええ。でも誰も信じてくれないですよね。だから、「マニュアル車免許」と変えてください。

Colbert: Oh! That's good. In case you want to be a long haul trucker. It also says here, you helped tens of millions of Americans with their healthcare.
コルベア:おお、それはいいですね! 長距離トラックの運転手になるときに役に立ちますよ。あと、こんなことも書かれてますね。あなたは、数千万人のアメリカ人の健康に役立った、と…
(訳注:もちろん「オバマケア」のこと)

Obama: You bet.
オバマ:そうなんですよ。

Colbert: OK. Let's test that out. it hurts when I do this.
コルベア:よろしい。試してみましょう。こうやると痛いんですが。

Obama: Don't do that.
オバマ:止めればいいでしょう。

Colbert: OK. Do you have any awards or commendations?
コルベア:よろしい。表彰歴とか推薦状とかはありますか?

Obama: Well, I have almost 30 honorary degrees and, I did get the Nobel peace prize.
オバマ:えーと、私は名誉学位を30ぐらい獲りました。あと、ノーベル平和賞も獲ってます。

Colbert: Oh really? What was that for?
コルベア:ホントですかあ? 何をしたらもらえたの?

Obama: To be honest, I still don't know.
オバマ:正直言うと、自分でもよくわかんないんですよね。
(訳注:この回答好き)

Colbert: OK. Have you ever had to fire anyone?
コルベア:なるほど。誰かのクビをとったことはありますか?

Obama: No. I usually let SEAL Team six handle that.
オバマ:いいえ。そういうのはいつも特殊部隊にやらせてますから。
(訳注:暗にオサマ・ビン・ラディン殺害に言及している。SEAL Team six というのは、米海軍特殊部隊ネイビー・シールズ所属の対テロ部隊のことだが、日本ではなじみが薄いので単に特殊部隊とした)

Colbert: OK. Outsourcing. OK. Now, social media is very hot. Do you have any experience with that? Like Twitter?
コルベア:なるほど。アウトソーシングですね。最近はソーシャルメディアが流行りですが、そういう経験はありますか? ツイッターとか?

Obama: Well, I have 77 million followers. Does that count?
オバマ:えーと、私には7千7百万人のフォロワーがいますけど。これは経験に入りますかね?

Colbert: That's very impressive. How do you get so many?
コルベア:それはすごいね。どうやってそんなに増やしたの?

Obama: Executive order.
オバマ:大統領令。

Colbert: Really?
コルベア:マジ?

Obama: And photos of cats.
オバマ:あと、猫の写真。

Colbert: Oh, smart. Now, these days every business wants to appeal to the millennials. Do you know what millennials are?
コルベア:ああ、それはうまくやりましたね。ところで、最近はどの企業も「ゼロ年代世代」の心を掴もうと必死ですよね。「ゼロ年代世代」って知ってる?
(訳注:「ゼロ年代世代」はmillennialsの訳。正確には2000年以降に20歳になった世代のこと。最近の流行語なので、偉そうに「知ってる?」とか聞いてる。)

Obama: I think so.
オバマ:ええ、たぶん。

Colbert: OK. How do you plan to get their attention?
コルベア:よろしい。あなただったら、どうやってこの世代の注意を引きますか?

Obama: Well, I tell them straight up that this is the most important election of their lifetime. That they have the opportunity to make history. And that the results in November could change their live forever so they have to get out there and vote.
オバマ:えーと、私だったら、素直に言いますよ。 この選挙は一生のうちでも一番大事な選挙だって。歴史に参加するチャンスだって。大統領選挙の結果次第で、あなたの人生はまったく変わってしまうかもしれない。だから、行って投票しなきゃいけないって。

Colbert: I'm sorry. I didn't catch all of that. Did you know there's a Snapchat filter that gives you a flower clown?
コルベア:ごめん。ちゃんと聞いてなかった。ところで、Snapchat のフィルターで花輪がのっかる奴知ってる?
(訳注:Snapchatは、写真の交換を主とするSNSで、写真を加工するいろんなフィルターがある。)

Obama: Of course I know that.
オバマ:もちろん知ってますよ。(画面上のオバマの頭に花輪がかぶさる)

Colbert: OK. Let's be honest with ourselves, OK? What would you say your biggest weakness is?
コルベア:よろしい。次は正直に話してください。いいですね? あなたの最大の欠点はなんですか?

Obama: Well, sometimes, when I talk, I take too many pauses.
オバマ:えーと、話すときに、ときどき、間を、空けすぎること、ですかね?

Colbert: OK. In three words or less, what's a common criticism you have for others in the workplace?
コルベア:なるほど。あなたが職場の同僚に対してよくする批判は? 簡潔に頼むよ。

Obama: I cannot stand it when people reduce complex ideas to some simplistic catch phrase.
オバマ:私は、複雑な思想を単純なキャッチフレーズにまとめちゃうのが耐えられないんですよ。

Colbert: We can't accept that answer.
コルベア:そんな答えを認めることはできないな。

Obama: Yes, we can!
オバマ:「私たちにはできる!」
(訳注:もちろん、オバマの選挙のときのキャッチフレーズ)

Colbert: OK. Almost done. Do you have a busy schedule? Am I keeping you from something?
コルベア:まあいいや。もうすぐ終わるから。あなたは忙しいの? この後何か予定は?

Obama: You are.
オバマ:ありますよ。

Colbert: OK. Is there anyone we can talk to for character reference?
コルベア:わかりました。誰かあなたの人物を保証してくれる人はいますか?

Obama: I know several Turkeys that owe me a favor.
オバマ:トルコ人で私に借りのある人が何人かいます。
(訳注:トルコのエルドアン大統領などのこと)

Colbert: And how do you like to spend your time? Do you have any hobbies?
コルベア:余暇はどう過ごすのが好きですか? 趣味とかありますか?

Obama: You know what I really love doing? Is encouraging the youth of America to get out and vote this November so that the good work that we've done over the past eight years can continue on into the future.
オバマ:私の好きなことなんてご存じでしょ? アメリカの若者に大統領選挙で投票に行ってもらって、私たちが過去8年間やってきた素晴らしい仕事が今後も続くようにすることですよ。

Colbert: So, no whittling or anything like that?
コルベア:じゃあ、何かを削ったりとか、そういう気はないのね?

Obama: No.
オバマ:ないです。

Colbert: All right. And now sir, because we are on a network television show, I cannot allow you to endorse a candidate right now. But I would like to ask you about your choice of snacks. Could I do that?
コルベア:よろしい。さて、これは4大ネットワークの番組ですから、あなたに特定の候補の支持を表明させるわけにはいきません。代わりにあなたのお菓子の好みを聞きたいのですが。いいですか?

Obama: Sure.
オバマ:もちろんです。

Colbert: All right. Great. I have two choices for you here. Would you care for an extra fiber nutrient bar, which has traveled to more than one hundred countries, or this shriveled tangerine covered in golden retriever heir, filled with bile that I wouldn’t leave alone with the woman I love?
コルベア:よろしい。いいね。さて、ここに2つの選択肢があります。この100カ国以上を旅してきた食物繊維入りの栄養バーか、それとも、このゴールデンレトリバーの毛に覆われたしなびたミカンか? このミカンは中に汚い汁が詰まっているので、好きな女性のいるところには置けません。あなたはどちらが好きですか?

Obama: Well, I think I'll go with the fiber nutrient bar.
オバマ:えーと、わたしなら食物繊維入りの栄養バーの方を選ぶでしょうね。

Colbert: Interesting. OK. So, ultimately, what do you want to be?
コルベア:面白いですね。よろしい。では、あなたは最終的にどうしたいですか?

Obama: Done with this interview.
オバマ:この面接早く終わりたいです。

Colbert: OK. Great. Before we wrap up any questions for me?
コルベア:よろしい。いいでしょう。終わる前に、何か私に質問はありますか?

Obama: I'm still wondering how did you get in here?
オバマ:君がどうやってここに入り込んだか、いまだにわからないんだけど?

Colbert: That's an excellent question. Inquisitive. We like that. OK. Fantastic. Well, that all checks out, Mr. President, we’d like to offer you the position. But first, we have to have the mandatory company physical. If you will just relax and put on that gown over there we will get going.
コルベア:それはいい質問ですね。探求心があります。よくぞ聞いてくれました。素晴らしい。さて、チェックはすべて済んだので、大統領閣下、あなたに職を提供したい。でも、その前にまず、会社で義務付けられている身体検査をしなければなりません。リラックスして、そこのガウンを羽織ってください。そうしたら始めます。

Obama: I think we have done here.
オバマ:もういい。(席を立って去る)

Colbert: I have warm hands.
コルベア:私の手は冷たくないですよー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年10月 | トップページ | 2016年12月 »