« 2014年4月 | トップページ | 2015年10月 »

「ハルモニオデオン」プロトタイプ公開

 遊佐未森さんの「ハルモニオデオン」というアルバムに収録された曲で、初期の遊佐作品のキーパーソンとして有名な外間隆史さんが作曲したもの。

 元は Sinsy 用にと思って作ったトラックで、この後、ボーカルを Sinsy に差し替えて、エフェクトかけてミックスダウンして、動画をつけて…と思っていたんですが、この試作の段階でも意外と聴けるものになっているので、だんだんそのモチベーションが低下しつつあります。完成はいつになることやら。。。

 この動画のバージョンは、MuseScore に打ち込んだものを、そのまま wav ファイルに変換しただけ。ただし、音色だけはデフォルトのサウンドフォントとは違うものを使ってますが。それ以外は特別に工夫したわけでもなく。

 後ろでシューシュー言ってるのは、「カリオペ」と呼ばれる蒸気オルガンの音に、「ハーモニウム」と呼ばれるリードオルガンの音を混ぜて作った音。音圧があってなおかつ独特の味わいがあり、これでほとんど曲全体の印象が決まっていますね。

 アレンジは、「ハルモニオデオン」のアルバムに収録されたバージョンよりも、「Silent Bells」というシングルに収録された「機械と言葉」というバージョンに近いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大統領令「ジョン・スチュワートは番組を辞めてはいけない」

 降板が決まっているジョン・スチュアートの「ザ・デイリー・ショー」に、オバマ大統領が登場(なんと7回目の出演とのこと)。開口一番こう切り出します。

Obama: You know, I can't believe that you're leaving before me.

オバマ: あなたが私より先に辞めるなんて、信じられないよ。

Obama: In fact, I'm issuing a new executive order that Jon Stewart cannot leave the show. It's being challenged in the courts.

オバマ: 実は、「ジョン・スチュワートは番組を辞めてはいけない」という大統領令を出したんだが、最高裁に反対されててね。

Stewart: Yes, I have to say for me, this is a states' rights issue.

スチュワート: そうですね。それは州の権限の問題といわねばなりませんね。

(「州の権限」っていうのは、大統領令が反対されるときに使われる決まり文句)

 こういうときに、ジョン・スチュワートはよく感動したフリをするんだけど、今回はなんかホントにちょっと泣きそうになってるように見えませんか? 気のせいかなあ。。。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2015年10月 »