« リドリー・スコットの欠点は映像美にあり | トップページ | 評論家にはボロクソ言われそうだけど、ちょっと見たい「高慢と偏見」の配役 »

「幸せの1ページ」感想

幸せの1ページ [DVD]  シネフィル・イマジカ改め IMAGICA BS で「幸せの1ページ」を鑑賞。

 このタイトルとジョディ・フォスター主演ということで、都会的な恋愛物なのかなと思っていたら、完全にジュブナイルだった。子供向けのちょっとコメディタッチの冒険物というか。そうとわかったら、肩の力を抜いて楽しんで見れた。

 ジュブナイルと言っても、ジョディ・フォスター演じる引きこもり作家のキャラクターには大人の視点も入っているので、いわゆる「大人のための童話」的な要素もある。最近亡くなった北杜夫さんの作品に「さびしい王様」という名作があるのだが、ああいうのに近いかも。

 その手の作品としては、そう悪くない出来だったと思う。少なくとも最後までチャンネルを変えさせないだけの力はあった。こういう作品ってバランス感覚が大事で、あまりリアリズムになり過ぎてもいけないし、かといってフザけすぎても白けてしまう。そのへんのバランスのとり方も、失礼ながらさほど有名でない監督にしてはなかなかうまかった。

 ジョディ・フォスターのコメディというのは初めてみたが、わりと頑張っていたのではないか。フォスターの私生活上のゴシップから来るイメージが、配役のイメージと微妙に共振して、誇張されたキャラクターに人間味を与えていたように思う。将来は室井滋のような方向性もありかも、と思わせた。

 もっとも、フォスターの引きこもりキャラは、もう少し掘り下げるとさらに面白くなったかも。「助けに来たはずが、結局助けられたんかい!」あたりはお約束と言っていいオチだが、そのへんの喜劇性ももう少し強調してもよかったかも。まあでも頑張っていたと思うよ。

 ただ多くの人が指摘しているように、宣伝には問題があったかも。原題は "Nim's Island" なのだから、素直に「ニムの島」にするか、あるいは、原作邦題の「秘密の島のニム」にして、子供向けの冒険物として宣伝すれば、もっと好意的に評価されたのではないか。

追記: ラストに納得してない人が多いみたいだけど、私はあのラストは結構好き。確かに説明がうまく言ってるとは言い難いので、私の解釈で野暮な解説をすると。

 アレクサンドラはニムを助けてヒーローになれば引きこもりを克服できると思ったらしいんだけど、実はそれこそが勘違いなんだよね。本当に彼女に必要なことは、ヒーローになることなんかじゃなくて、自分の弱さを認めて素直に自分を投げ出すことだったんだ。

 だからこそ、アレックス・ローバーの幻は途中で消えてしまい、アレクサンドラはニムに助けを求めるしかなくなる。そうやって自分を投げ出した結果、アレクサンドラとニムは心が通じ合うことになる。

 こうやって解説しちゃうと図式的すぎるけど、そういう話なんだよ。多分。だから、アレクサンドラは役立たずのままでいい。これが変にヒーローになっちゃったりしたら、その方がよっぽどウソ臭い薄っぺらい話になったことだろう。

 なんか最終的にはアレクサンドラが活躍するはず、と思って見てた人が多かったんだろうね。だからこそ、「助けようと思ったのに助けられちゃった」みたいなダメさをもっと強調すべきだったと思うんだけど。

|

« リドリー・スコットの欠点は映像美にあり | トップページ | 評論家にはボロクソ言われそうだけど、ちょっと見たい「高慢と偏見」の配役 »

テレビ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67762/54131747

この記事へのトラックバック一覧です: 「幸せの1ページ」感想:

« リドリー・スコットの欠点は映像美にあり | トップページ | 評論家にはボロクソ言われそうだけど、ちょっと見たい「高慢と偏見」の配役 »