« アメリカのハーフタイム | トップページ | 「幸せの1ページ」感想 »

リドリー・スコットの欠点は映像美にあり

グラディエーター 【プレミアム・ベスト・コレクション\1800】 [DVD]  リドリー・スコットってわりと好きな監督なんだけど、前から一つ気になるところがあった。昨日たまたまザ・シネマで「グラディエーター」を見たら、そのことを改めて感じたので書いておく。とっくに誰かが言ってそうなことではあるが。

 端的に言うと、リドリー・スコットの最大の欠点は、何でも美しく撮ってしまうことだ。グラディエーターは殺し合いが商売だから、当然残虐なシーンが頻出する。だけど、リドリー・スコットの手にかかると、そんな残酷な殺し合いですらどこか美しい画になってしまう。

 私は本来、この題材を取り上げる以上はこういう面を描かねばならない、みたいな考え方は支持しない。でもこの映画においては、殺し合いを見て喜ぶ大衆の残酷性は重要なモチーフになり得たと思う。それをさらに観て喜んでいるのが映画の視聴者である、ということまで意識させればアイロニーも効いてくる。でもリドリー・スコットの画だと、上品過ぎてあまりそういう残酷性を感じさせないのである。

A.I. [DVD]   このことは、たとえば「ブラックホーク・ダウン」と「プライベート・ライアン」を比べればよりはっきりする。どちらも扱っているのは近現代の戦争だが、人体を極めて即物的に描くことにより戦争の非情さ描くことに成功したスピルバーグに対し、リドリー・スコットの戦争はどこか美しすぎるのだ。

 だから逆に言うと、スピルバーグの偉さの一つは、わざと汚く撮れることなのである。これは下手で失敗して汚い画になっているのとは違う。たとえば「A.I. 」なんかを観ても、ストーリーにはいろいろ突っ込みどころはあると思うが、映像はどこをとっても美しい映像ばかりだ。それは VFX だけの話ではなくて、日常の風景の中で、ガラスに後ろの景色が映りこむようなお得意のカットを見ても、極めて緻密に計算して画面が作られていることがわかる。だから、やろうと思えばいくらでも美しく撮れる人なのだ。

セックスと嘘とビデオテープ スペシャル・エディション [DVD]  これは名前の似てるソダーバーグなんかにも言えることだと思う。「セックスと嘘とビデオテープ」や「エリン・ブロコビッチ」なんかを観ると、アメリカ郊外の中産階級家庭の野暮ったさみたいなものを、意図的に描いていることがわかる。

  金持ちの華やかな生活を描ける人はたくさんいる。逆に社会派で貧乏なスラムの生活なんかを赤裸々に描く人もいる。でも、貧乏というほどでもない郊外の中産階級の微妙な垢抜けなさをうまく描ける人は、実はハリウッドにはそれほど多くないと思う。これは絵画で言えばエドワード・ホッパーなんかに通じるセンスである。 だから何でも美しく撮りゃいいというわけではないのだ。

ブレードランナー 最終版 [DVD]  もちろん、リドリー・スコットの映像の美しさは、それだけでも十分に賞賛に値する能力である。だがそれは場合によっては題材の持ち味を殺してしまう諸刃の剣でもあると思う。

 検索してみると、リドリー・スコットは最近堕落したけど昔はよかったみたいに言ってた人がいたけど、私は昔からじゃないかと思う。だから映像美と題材がうまくハマると、相乗効果で「エイリアン」や「ブレードランナー」のような傑作が生まれるが、 ハマらないと「ブラック・レイン」みたいな「映像は美しいけど…」みたいな作品になっちゃったりするわけである。


Steven Soderbergh: Interviews (Conversations With Filmmakers Series) 追記: 検索してみると、ソダーバーグは「わが街セントルイス」を撮ったときにエドワード・ホッパーの絵を研究した、と本人が言ってるそうだ。

 なぜか日本語の記事にはあまり見当たらないが、英語圏では周知の事実らしい。

 毎度のことだが、教養のない人間がろくにサーベイもしないで思いつきで書いていることなのでご容赦いただきたい。まあ正直「それで金稼いでる学者や評論家じゃねえんだから、そんないちいちサーベイとかしてるヒマあるかボケェ」という気持ちもあるが。

|

« アメリカのハーフタイム | トップページ | 「幸せの1ページ」感想 »

テレビ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67762/54019298

この記事へのトラックバック一覧です: リドリー・スコットの欠点は映像美にあり:

« アメリカのハーフタイム | トップページ | 「幸せの1ページ」感想 »