« 戦国自衛隊 | トップページ | 最近電話でよく使う言葉 »

Kindle で「ぼく東綺譚」を読む方法

 いつの間にか青空文庫で永井荷風の「ぼく東綺譚」が公開されていたことに気づき、さっそく青空 Kindle で PDF に変換しようとしたのだが、こんなメッセージが出てしまった。

「よくわかんないけど、処理に失敗しました、すみません。」

 タダで使わせてもらってるのに「すみません」などと言われるとこちらが恐縮してしまうが、それはまあいいとして。

 こちらのテキスト入力ページでいろいろ試してみたところ、どうもタイトルの「ぼく」の字だけの問題らしい(作者さんにお知らせしようと思ったが、Twitter でしか連絡がとれないようで、当方 Twitter をやってないのでどうしたものか)。

 自分で変換するのも面倒だし、どうしたものかと案じていたが、試しに ChainLP で変換してみたらうまく行った。ChainLP は自分でスキャンした文書の変換にも使えるし、設定を細かく調節できるのでなにかと便利である。作者さんに感謝。

追記: 青空 Kindle では、坂口安吾の「わが思想の息吹」や「第二芸術論について」もうまく変換できないようだ。こちらの場合、ファイル自体は生成されるのだが、その中身がほとんど空っぽなのだ。理由は不明。どうしたものか。

|

« 戦国自衛隊 | トップページ | 最近電話でよく使う言葉 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67762/53695011

この記事へのトラックバック一覧です: Kindle で「ぼく東綺譚」を読む方法:

« 戦国自衛隊 | トップページ | 最近電話でよく使う言葉 »