« コメントしないという美学 | トップページ | 一人称を「私」に変えた理由 »

楽観主義バイアス - 不合理に楽天的な脳

The Optimism Bias: A Tour of the Irrationally Positive Brain  著者(現職母校)は心理学と神経科学の専門家で、心理学実験をしながら脳を fMRI で観察するみたいな研究が得意らしい。邦訳はまだないようだ。

 著者が言いたい事は、前書きに集約されている。 つまり、

  1. 人間は生まれつき楽観的である
  2. その楽観性は人間にとって必要である。

 この本で言う「楽観性」は、単に陽性だとか外向的だとかいう意味ではない。未来を予想する際に、自分にとって良い事が起きる確率を、実際の確率よりも高く見積もるという、極めて具体的な性質を指している。このような性質は、将来計画の精度を下げるので、一見するとデメリットが大きいように思える。しかし、それでも楽観性は人間にとって必要だというのが著者の主張だ。

 これを読んで私が即座に連想したのは、故・戸田正直氏の「感情―人を動かしている適応プログラム」という本。初めて読んだのは 20 年以上も前だが、今でも私が影響を受けた本ベスト10ぐらいには入る本である。

 戸田氏の本は、簡単に言えば、感情の合理性を主張した本である。感情というのは理性に比べて不合理だと思われがちだが、感情だって進化の結果獲得したものであるから、本来は環境に適応したものであった。ところが人類は、進化が追いつかないほど急速に環境を変化させてしまったので、現代では感情は不合理になってしまったというのだ。このような感情の合理性を、戸田氏は「野生合理性」と呼んだ。

 こういう発想は、現代ではそれほど珍しくもないのだろうが、当時はまだ、理性=合理・感性=非合理みたいな近代主義的な通念がまかり通っていたので、この発想の転換にはかなりの衝撃を受けた。

 最近の行動経済学なんかでも、人間は不合理だ不合理だと言い募っているようだが、それだけではさほど面白くない。そういう不合理もメタレベルでは合理的であるというモデルが構築できないとあまり意味はないと思うし、そのへんが行動経済学と進化心理学の接点になるんだろうと思う。

 個人の効用最大化みたいな直感的な合理性と、進化論的なメタレベルの合理性がどういう関係になっているのかを、対象化して認識することは、個人の生き方にとっても、社会のあり方にとっても、少なからぬ知見を与えることだろう。

 そんなわけで、この前書きを読んだ私は、かなり期待して本文を読んだのだが、その期待は半分満たされ半分裏切られた。確かに、前者の「楽観性は生まれつきのものである」という主張には十分な証拠が提示されているが、後者の「楽観性は人間にとって必要である」という主張は必ずしも説得的ではない。

 なぜかと言うと、楽観性が有益な例は多数挙げられているけれども、それはあくまで単発的な例であって、体系的にモデル化されていないからだ。たとえば、ストレートを待てば7割の確率でヒットを打てるが、カーブを待てば3割の確率でヒットを打てるというとき、カーブを待っていてヒットを打った例ばかり挙げられても、それだけではカーブを待つ事が合理的だとは言えない。

 確かに、楽天的な人間の方が健康で長生きするというような統計データも示されているが、それがどういうメカニズムによるものかは説明しきれていない。楽天的でないと不安とストレスで病気になるからだ、みたいな説明もあるが、それを言うなら、そもそもなぜ人類は不安やストレスで病気になるような生物に進化したかを問わなくてはならないだろう。

 もし著者が、「感情」でいうところの「野生合理性」みたいなモデルを(仮説でもいいから)提示できていれば、この本はもっと哲学的なインパクトを持てただろう。そう考えると多少物足りないところはある。

 とは言え、著者が提示しているさまざまな事例は、それだけでも十分興味深く考えさせられる。巻末の参考文献を見ると、2000 年以降の論文が結構多いので、そう感じるのは、必ずしも私が無知なせいだけではないと思う。

 例えば「楽観的な鳥」の話。「楽観的な鳥」というのが本当にいるのだそうだ。鳥が楽観的なんてどうやってわかるのかと思うが、それを調べる巧妙な実験があるのだ。さらに面白いのは、同じ種の鳥でも住む環境によって楽観性は違うのだという。なんと、幸せな環境の鳥は楽観主義者になり、不幸せな環境の鳥は現実主義者になるのだそうだ。「貧すりゃ鈍す」は鳥にすらあるということらしい。

 あるいは、過去の記憶と未来の想像には同じ脳の回路が使われているという話。記憶にとって海馬が重要な役割を果たしているのは有名だが、海馬を損傷すると、過去の記憶ができなくなるだけでなく、未来を想像することもできなくなるのだそうだ。

 私は、保守派と革新派は実は思考パターンはよく似ていて、革新派が未来に理想を求めるのに対し、保守派は過去に理想を求めているだけだ、みたいなことを考えたことがあるので、このあたりはすごく腑に落ちる話であった。

 だから、特にこの分野に詳しくない一般の人にとっては、こういう事例を読むだけでもある程度楽しめるのではないかと思う。

 私自身もいろんなことを考えさせられた。私はどちらかと言うと、物事を正確に表現しようとするあまり他人の意欲に水を掛けてしまうタイプなので、少し反省すべきかと思ったり。先日の津波で逃げそこなった人たちについても、○○バイアスとかさんざ言われていたけど、そういうバイアスもそう簡単に不合理とは断定できないのではと思ったり。原発事故の際にも、楽観論ばかり主張した学者が後でさんざ批判されていたけど、(もちろん批判すべきところは多々あろうけど)ある程度の楽観性は必要だったんじゃないかと思ったり。

 結論としては、贅沢を言えば多少詰めの甘いところはあるものの、いろいろ考える材料を与えてくれたという意味では、読んでよかったと思える本であった。

 文体は学者とは思えないほど口語的でキビキビしている。英語を読みなれていない人にもお勧めできる文体である。ただし、不必要なエピソードで水増ししているような感じもあって、飛行機事故やバスケットボールや 9.11 やヒットラーのソビエト侵攻やシドニーのオペラハウスの話をあんなに長く書く必要があるのか、という気はちょっとするが、それもご愛嬌で済む範囲だろう。

 

|

« コメントしないという美学 | トップページ | 一人称を「私」に変えた理由 »

哲学」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

認知科学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67762/53201943

この記事へのトラックバック一覧です: 楽観主義バイアス - 不合理に楽天的な脳:

« コメントしないという美学 | トップページ | 一人称を「私」に変えた理由 »