« Anatomy of the Chinese Business Mind | トップページ | 吉見と浅尾の WPA を計算してみたい »

中継ぎ投手史上初の MVP?

 今年のセ・リーグ MVP はおそらく浅尾だろうけど、もし取ったら、日本プロ野球史上初の中継ぎ投手の MVP じゃないだろうか。とすれば、抑え投手として初めて MVP をとった江夏以来の快挙ということになるんじゃないかな。

 ぼくは浅尾には結構思い入れがある。もう覚えてる人もあまりいないと思うけど、彼は中継ぎに転向した当初、わりとよく打たれていた。ぼくは浅尾が出て来るたびに、また打たれるんじゃないかと心配し、実際その予想通りになることが多かった。ぼくはなぜ落合さんがこんなに浅尾にこだわるのか不思議でならなかった。

 しかし、その後の浅尾の活躍はご存知の通り。ぼくは自らの不明を恥じ、落合さんにまた一つ大事なことを教わったのだった。人を育てるとは、そういうことかと。

 記録だけ見ると、吉見も素晴らしい成績なんだけど、実際に中日の試合を観ていた人間にとっては、浅尾の印象が圧倒的に強いだろうと思う。

 特に今年は、統一球のせいで僅差の試合が多く、その分中継ぎ抑えの重要度が高かった。その上、岩瀬がいま一つ不安定だったので、ロングリリーフも多く明らかに当番過多。多くの人が浅尾の貢献度が高いと感じるのは自然なことだ。

 優勝を決めた試合の 10 回裏、ベンチからブルペンに電話していたのは、おそらく岩瀬の意思を聞いていたのじゃなかろうか。このまま浅尾に投げさせてもよいかと。そして岩瀬は自分の意思で浅尾に投げさせてくれと言ったのではなかろうか。できすぎた美談かもしれないが、ぼくは勝手にそんな想像をしていた。

 もちろん岩瀬も好きな選手で、まだまだ頑張って欲しい。でも今年は浅尾でしょ、という感じ。

|

« Anatomy of the Chinese Business Mind | トップページ | 吉見と浅尾の WPA を計算してみたい »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67762/53026249

この記事へのトラックバック一覧です: 中継ぎ投手史上初の MVP?:

« Anatomy of the Chinese Business Mind | トップページ | 吉見と浅尾の WPA を計算してみたい »