« 対 Bonanza 完全勝利 (香落ちだけど) | トップページ | blind, deaf or inflatable »

理屈倒れと結果論の狭間で

 私は理解力に先天的な欠陥でもあるのか、何かを理解するのにすごく時間がかかる。その代わり、理解した後はかなり自信をもって語れるようになるのだが、そうなるまでに 10 年ぐらいかかったりする。これまで 40 数年生きてきたが、本当に心から悟ったと自信をもって言えることは、実は二つぐらいしかない。だから他の人はなぜあんなにいろんなことを自信をもって語れるのだろうと、不思議になったり嫉妬したりすることがある。

 そんな私だが、最近久しぶりに「悟った」と感じたことがある。それは、世の中は「理屈倒れ」と「結果論」の間を行ったり来たりしながら進む、ということだ。

 これは一見すると、よくある「理想主義」と「現実主義」の二元論と同じように感じられるかもしれない。実際、思想を観念的なものと現実的なものに分けるという点ではまったく同じなのだが、一つ大きく違う点がある。

 この二元論の場合、両者は必ずしも対等ではなく、多くの場合、理想主義にはロマンティシズムが、現実主義にはシニシズムが結び付けられていたりする。つまり、本当は理想主義の方がいいのだが、現実には不可能なので、仕方なく現実主義になる、みたいなニュアンスで語られることが多い。

 私が悟ったのは、この両者は、どちらか片方だけでは成立せず、どちらも必要だということだ。だから、どちらか一方の優位を主張したりするのは無意味なのである。「理想主義」と「現実主義」と言わずに、あえて「理屈倒れ」と「結果論」と表現するのは、そのニュアンスを伝えるためだ。

 なぜそう言えるのかを、ここで誰もが納得するように説明するのは無理だ。なにせ私が 10 年以上も考え続けて辿り着いた結論なのだから。まあでも、わかる人にはわかるかもしれない、という程度の大筋を強いて説明すればこうなる。

 そもそも、人間が現実を正確に認識することができれば、人類の抱えるあらゆる問題は消滅するだろう。「現実主義」の目指すところはそれだ。しかし、人間は原理的に現実そのものを認識することはできないのだ。人間はなんらかの観念を通してしか現実を認識できない。その意味で人間は「理想主義」を捨てられない。しかし観念と現実とが完全に一致することはなく、この両者にはかならずズレがある。したがって観念は絶えず現実によって修正されなければならない。

 自称「現実主義者」だって、実は現実そのものを認識してなどいない。主観的に現実だと思っている観念を信じているにすぎないのだ。逆に自称「理想主義者」も、現実から完全に背を向けることなどできない。

 これはおそらく、知性というものの本質的な限界に起因するものである。人類は歴史が始まったときから「理屈倒れ」と「結果論」の間を揺れ動いて来たし、おそらく歴史が終わるまでこの両者の間で行ったり来たりを続けることだろう。

 もっとも、だからと言って何も絶望する必要はない。観念と現実が完全に一致する日は永遠に来ないにせよ、この両者の間の距離を縮めるための知識は歴史的に蓄積されてきたし、たとえば最近流行のベイズ推定なんてのは、この両者の間の往復をスマートに無駄なくやるための方法論だとも言えよう。

 もちろん、このような認識がただちに何かを解決するわけではない。ただ、こう思っていれば、理想と現実とどっちが大事か、なんてのは擬似問題にすぎないことがわかるし、どちらを選ばねばならない、というような強迫観念からも解放される。そして世の中が実際に理屈倒れと結果論の間を揺れ動いていても、冷静に観察しながら判断することができるだろう。陳腐な言い方になるが、大事なのは、どちらか片方を選ぶことではなく、両者のバランスをとることなのである。

 現実と観念の対立はいたるところにあるので、少し強引に拡張すれば、実にさまざまな思想的二項対立がこの枠組みで捉えられることがわかる。「理想主義」と「現実主義」、「法治主義」と「人知主義」、「徳倫理学」と「帰結主義」、「運」と「実力」、「偶然」と「必然」、「能力主義」と「成果主義」なども、「理屈倒れ」と「結果論」の一種と考えられないこともない。

 最近、ファミリー劇場で「銀河英雄伝説」のアニメ版をやっているが、考えてみると、この作品も「理屈倒れ」と「結果論」の対立が軸になっている。(「銀英伝」の小説自体は刊行直後に読んでいるのだが、アニメの方は見たことがなくて、今回たまたまファミリー劇場でまとめて放映しているのを観た次第。)

 ラインハルトは結果論の人だ。彼は専制下で生まれ、その制度を倒すことを志す人間なので、手続き的な正当性によってたつことは原理的にできない。だから結果で人々を納得させるしかない。もちろん彼にも理念や倫理はあるが、結果に結びつかないならそんなものは糞食らえだと思っているだろう。実際彼は、良く言えば臨機応変、悪く言えばごマキャベリスティックな行動も辞さない。(もっとも、マキャベリズムの方はオーベルシュタインが一手に引き受けているので、あまり目立たないが。)

 一方、ヤン・ウェンリーは理屈倒れの人だ。彼は民主主義制下で生まれ、その理念を守ることを志す人間なので、手続き的正当性を何よりも重視する。彼にも結果で人々を納得させるだけの能力は十分にあるが、彼はしばしば理念を守るために結果を犠牲にする。

 この両者の対立構造を極端に図式的に表現したのが例のバーミリオン星域会戦でる。私は 「銀英伝」の魅力は結局バーミリオンに尽きると思っているのだが、この両者の対立が「引き分け」に終わるところが、ある種普遍的な物語原型に結びついており、この物語が多くの人の琴線を捉えた理由ではないかと思う。

 今世の中は、震災や原発事故という大きな「結果」に直面した直後なので、「結果論」の方に大きく傾いているが、それは自然なことだ。そして時間がたてばまた「理屈倒れ」の方に傾いていくだろうが、それもまた自然なことだ。

 繰り返しになるが、大事なのは、どちらかを選ぶことではなく、両者の間のバランスをとることである。それさえわかっていれば、何も絶望することはないと思う。

|

« 対 Bonanza 完全勝利 (香落ちだけど) | トップページ | blind, deaf or inflatable »

哲学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67762/52597095

この記事へのトラックバック一覧です: 理屈倒れと結果論の狭間で:

« 対 Bonanza 完全勝利 (香落ちだけど) | トップページ | blind, deaf or inflatable »