« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

Kindle のささやかな Tips

 遅まきながら Kindle 3 の WiFi 版を購入しました。検索してみると、Kindle 用の Tips や裏技やフリーウェアやウェブサービスがすでにいろんな方々によって 開発されていて、青空キンドルとか ChainLP とか早速活用させてもらってます。

 ぼく自身もささやかながらKindle 用の Tips をいくつか考えたので紹介します。なお、当方の環境は Kindle 3 + Windows XP なので、違う環境の人は適宜補正しながら読んでください。結果は例によって自己責任でお願いします。

・Kindlegen を手軽に呼び出して HTML を MOBI 形式に変換する方法

 Kindle で読める電子書籍は、MOBI 形式と PDF 形式が基本で、HTML 文書を直接読むことはできません。簡単な Web ブラウザも一応装備されていますが、マウスもタッチパネルもないので使い勝手はお世辞にもよくありません。

 HTML のファイルを MOBI 形式や PRC 形式に変換するツールとしては、本家 Amazon の Kindlegen、Mobipocket の Mobipocket Creator、フリーウェアの Calibre などがありますが、どれもそこそこ手間がかかります。もっと手軽にできる方法はないでしょうか。

 これは Windows の初期にはみんなやっていたことで独創でもなんでもないのですが、Kindlegen はコマンドライン・ツールなので、拡張子で HTML と関連付けてしまえばよいのです。そうすれば HTML のコンテキストメニューから一発で変換できます。

  1. Amazon のサイトから Kindlegen をダウンロードして適当な場所に保存。ここでは仮に "C:\Program Files\Kindlegen\" に保存したとする。
  2. コントロールパネルもしくはエクスプローラから [フォルダ オプション] を開く。新しいウィンドウが開く。
  3. [ファイルの種類] のタブを選択。
  4. [登録されているファイルの種類] から拡張子 HTM または HTML を選択。
  5. [詳細設定] をクリック。
  6. [新規] をクリック。新しいウィンドウが開く。
  7. [アクション] に適当な名前を入力。この名前は後でコンテキスト・メニューに表示される名前になる。ここでは仮に "Kindlegen" と入力したとする。
  8. [アクションを実行するアプリケーション] に以下のように入力:
    • "C:\Program Files\kindlegen\kindlegen.exe" "%1"
    • 左側の引用符の中は、1 で Kindlegen を保存したディレクトリの名前に合わせて書き換える必要がある。
    • 注:この引用符は省略不可。
  9. [OK] をクリック。ウィンドウが閉じる。
  10. もう一回 [OK] をクリック。ウィンドウが閉じる。
  11. [適用] をクリック。

これで HTM または HTML ファイルと Kindlegen が関連付けられたはずです。使い方は以下の通り。

  1. MOBI 形式に変換したい HTML ファイルを選択する。
  2. 右クリックする。
  3. 上の設定が成功していれば、コンテキスト・メニューに "Kindlegen" (もしくは自分で選んだ名前)が表示されるはず。
  4. [Kindlegen] を選択する。
  5. 一瞬コマンドプロンプトのウィンドウが表示されて、すぐ消えるはず。
  6. 選択した HTML のあるディレクトリを調べてみる。選択した HTML ファイルと同じ名前で拡張子 mobi のファイルができているはず。

 後は、生成された mobi ファイルを、普通の電子書籍と同じように Kindle にコピーすれば、HTML の内容を電子書籍と同じように読めるはずです。

(変換結果を PC 上で手軽にチェックするために、Kindle for PC をインストールしておくとよいでしょう。)

 こうしておけば、たとえば山形浩生がネットに公開しているクルーグマンの翻訳を片っ端から電子書籍に変換して Kindle で読むことも簡単です。

(ただし、Kindlegen も Mobipocket Creator も、どういうわけか JIS や EUC エンコーディングの日本語には対応していないようので、後述するように、そういうページはなんらかの方法でシフト JIS に変換する必要があるようです。)

・Kindle を使って手軽にネットサーフィンする方法

 先にも書いたように、Kindle には簡単な Web ブラウザが装備されていますが、使い勝手はお世辞にもよくありません。特に、Kindle はキーボードが貧弱なので、URL を手入力するのに手間がかかります。

 Kindle のブラウザにはブックマークの機能もあるのですが、自分が普段使っているブラウザのブックマークをインポートするといった機能はないようです。

 検索して見ると、Kindle Bookmark Editor などというウェブサービスもあるのですが、システムファイルを直接いじったりするみたいなので、ちょっと敷居が高い感じがします。もっと簡単な方法はないでしょうか。

 実は、MOBI 形式の電子書籍には HTML のリンクを書き込むことができ、そのようなリンクを Kindle の中でクリックすると、Kindle 内蔵のウェブブラウザが自動的に起動して、リンク先のサイトがシームレスに表示されるようになっています。

 ということは、自分のよく利用するウェブサイトのリンクがたくさん記載された電子書籍を作ってしまえば便利なのではないでしょうか。一番手軽なのは、自分が普段使っているブラウザのブックマークをそのまま電子書籍化してしまうことです。

 よく知られているように、IE や FireFox や Chrome のブックマーク(お気に入り)をエクスポートすると、HTML ファイルに変換されます。これをそのまま MOBI 形式や PRC 形式に変換してしまえばよいわけです。

 ただし、いくつか注意事項があります。

  • このようなブックマークファイルには <BODY> タグがない。Kindlegen は <BODY> タグのないファイルを処理できないので、なんらかの方法で <BODY> タグを追加する必要がある。
  • このようなブックマークファイルは、エンコーディングが UTF である。Kindlegen や Mobipocket Creator はシフト JIS 以外の日本語を正しく処理できない(らしい)ので、なんらかの方法でシフト JIS に変換する必要がある。
  • ブックマークファイルが巨大な場合、Kindle では閲覧するだけでも大変。このような場合には、"Table of Contents" (目次)を作成した方がよい。Mobipocket Creator には比較的簡単に目次を作成する機能がある。

 ぼくの場合、エンコーディングを簡単に変換でき、HTML タグのカラー表示機能もある EmEditor というテキストエディタを使っています。

 こうしておけば、寝そべって、あるいは、風呂場の中で Kindle を使って読書をしていて、ふとどこかの Web サイトを見たくなったときにも、PC のある場所にわざわざ移動する必要はなく、その場でネットサーフィンすることができます。

・Kindle を風呂場で読む方法(おまけ)

 ジップロックで十分という説もあって、ジェフ・ベゾスもそうしているそうですが、専用の製品もいくつか出ています。

 ぼくは検討の結果、これにしました。

 まだ試したことはありませんが、水面下 4m まで沈めても平気らしいです。

 なお、この製品ではありませんが、Kindle を読みながらサーフィンをするツワモノもいるようです。

| | トラックバック (0)

Twitter 革命?

| | トラックバック (0)

これはヒドい

 前から思ってたけど、この人のいったい何が悪いの?

 不倫とか非倫理的なことをしたってんならまだわかるよ。

 女子アナはコンドーム持っちゃいけないんか?

 小島慶子みたいなアナウンサーもいる時代に、時代錯誤もはなはだしい。

 しかも、自分で写真をばら撒いたんならまだしも、他人に勝手に写真売られたんでしょ?

 完全に被害者じゃないか。

 まあ、女子アナにはアイドル的な側面があるのも否定できないから、多少は会社のイメージとか視聴率とかにも影響はあるかもしれないね。

 でも、そういう本人の責任ではないことで苦境に陥ってる社員一人守れない会社って何なんだよ。

 ふざけんな。

| | トラックバック (0)

年賀状

年賀状2011年.jpg

 遅まきながら年賀状を発送。今年は Art of Illusion Plant Studio の合わせ技。そろそれネタ切れしてきたので、来年はいよいよコミPo!を買うしかないかと思っている。またドン引きされそうだが。

閉じていた心をのぞけば

春の陽を待ちわびている

-「花のように」矢野顕子

花のように潔くなくちゃ

ほらね笑顔のまま

-「花のように」PSY・S

 というわけで、今年も笑顔で行きましょう。

| | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »