« iPad 初体験 | トップページ | デス妻の魅力を教えよう »

Youtube チャンネルやめました

 例の YouTube チャンネルの件、いろいろ調べていくと、やっぱり著作隣接権とか法的な問題アリアリみたいなのでやめました。だから、最近の記事に貼り付けた動画も再生できなくなります。悪しからず。

 でも、音楽について議論するときに、ああやって実際に聞き比べられると非常に便利なんだけどね。音楽を言葉で表現するにはどうしても限界があるから。

 特に、この曲はあの曲の影響を受けてる、というような音楽史的な位置づけの議論なんかは、その曲を実際に聴いたことのある人間にしか理解できないから、どうしてもオタクの知識自慢みたいになっちゃう。

 そういう知識自慢合戦みたいなのは個人的にはあまり好きじゃない。知識を提示するのは、あくまで価値観の共有が目的。だから、そのために役立つ必然性のあるものだけを提示したい。

 そういう意味では、ああやって動画を貼り付けて論ずるのはわかり易いし、ウェブにしかできないウェブの特性を生かした方法でもある。

 この方法は、社会全体の平均的な音楽教養レベルみたいなものを向上させるためにも、優れた方法だと思う。

 昔はこういう方法はなかったから、とにかく大量にレコードを聴いていて知識のある奴が偉くて、そいつらが言うことには簡単に反論できなかった。聞いた事もないような名前を出されて「あんなのたいしたことないよ。××の方がずっといい」などと言われるとグウの音も出なかった。

 そういうくだらない議論を減らして、もっと純粋に音楽の良さを議論することを可能にするという意味で、非常に優れた方法だと思ったんだがなあ。

 まあ正直言うと、損するのが放送局とか大手レコード会社とかそういう大企業だけだったら、ぼくもそんなに気にしないんだけどね。でも、想像するに、そういう権利侵害によって一番損するのは、インディーズで細々と音楽を作っていて権利団体にも入っていない著作者とか、マイナーな作曲家の音楽ばかり演奏している良心的な演奏者とか、そういう人たちなんだよね。だからやめた。

 近い将来、そういう法的問題がすべてクリアされて、著作者や演奏者にもちゃんと利益が還元されるようになり、オタク的な知識自慢の不毛な議論ではなく、音楽的価値観を共有するため有意義な議論が、自由にできる社会になることを期待したい。音楽の著作者や実演者の方々と、ぼくのような愛好家が手を取り合って音楽文化を豊かにしていくような社会に。

|

« iPad 初体験 | トップページ | デス妻の魅力を教えよう »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67762/49962005

この記事へのトラックバック一覧です: Youtube チャンネルやめました:

« iPad 初体験 | トップページ | デス妻の魅力を教えよう »