« 雅楽っぽい曲を集めてみた | トップページ | 権利者情報をもっと簡単に調べられるようにしてほしいなあ。。。 »

YouTube チャンネルはじめました

 ※ この時点では法的な理解がいい加減なまま書いてました。やはり合法的にアップロードできる音源は限られているようです。誤解を招くようなことを書いて申し訳ない。以下の記事も参照のこと。

 mp3 ファイルを手軽に動画に変換して YouTube にアップロードできるサイトをいくつか見つけたので、試しに手持ちのレア音源などを自分のチャンネルにアップロードしてみた。埋もれさせたくない名曲を中心に、なるべく他のチャンネルと重複がないようにした。不勉強のため法的にはどうなのか定かではないが、道義的にアルバム全曲アップロードは避けた。

 著作権警告が表示されたのは、今のところ矢野顕子の「悩む人」だけ。

あなたの動画「 矢野顕子 / 悩む人 」に、次の組織が所有または管理しているコンテンツが含まれている可能性があります:

組織: WMG コンテンツ タイプ: 音源

WMG というのは Warner Music Group のことらしい。発売元はミディ・レコードなのだが、今はワーナーが権利を持っているのか。それとも誤認識か。いまいちよくわからない。

 だいたい説明が機械翻訳調でわかりずらい。「その結果、あなたの動画は全世界でブロックされています。」と書いてあったかと思うと、「あなたが何らかの措置を講ずる必要はありません。 あなたの動画は、まだ全世界で見ることができます。」どっちやねん。

 使用したウェブサイトは以下の通り。

  • MP3Tube
    • 長所:
      • 説明・入力とも日本語可。
      • 操作が簡単。
      • エラーがほとんどない。
      • ファイルサイズが大きくても平気。
    • 短所:
      • 画像を選択できない。
  • MP32FLV
    • 長所:
      • エラーがほとんどない。
      • 画像をアップロードできる。
    • 短所:
      • 説明・入力とも英語のみ。日本語を入力すると文字化けする。
      • 操作が複雑。特に最後の [Upload] ボタンは、押してからアップロードされるまでに間があるのに、画面の変化がない。動いていないのかと思ってつい何回も押すと、複数回アップロードされてしまうので注意。
      • ファイルサイズに制限がある。
  • MP32U
    • 長所:
      • 画像をアップロードできる。
      • 操作が簡単。
    • 短所:
      • 説明・入力とも英語のみ。日本語を入力すると文字化けする。
      • 最後にアップロードボタンを押したときに、原因不明のエラーが発生することがある。そうすると最初からやり直さなくてはならないので不便。
      • ファイルサイズに制限がある。
  • MP32tube
    • 結局使い方がよくわからなかった。有料アカウントを作らないとダメなのかも。

 みんながやってるみたいに自作動画とかも入れてみたいけど、残念ながらそんなヒマはなし。老後の趣味にとっておこう。

追記: 坂本龍一の「AUDIO LIFE」に収録されている「Overture」という曲がある。20 世紀のいろんな音楽家のスタイルをコラージュした曲で、冒頭は未来派の Antonio Russolo の「Corale and Serenata」 という曲のサンプリングから始まる。この曲を Youtube アップロードしてみたら、びっくり。ちゃんと Russolo の「Corale and Serenata」が含まれていますね? というメッセージが出た。検出精度は相当高そうだ。

|

« 雅楽っぽい曲を集めてみた | トップページ | 権利者情報をもっと簡単に調べられるようにしてほしいなあ。。。 »

音楽」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67762/49747611

この記事へのトラックバック一覧です: YouTube チャンネルはじめました:

« 雅楽っぽい曲を集めてみた | トップページ | 権利者情報をもっと簡単に調べられるようにしてほしいなあ。。。 »