« NHK もせこくなった | トップページ | iPad 初体験 »

不幸話にばかり食いつく人々

 あなたの周囲にこんな人間はいないだろうか?

 あなたが自分の苦境・失敗・悩みなどについて話すと、親身になって相談にのってくれる。ときには具体的な助力を申し出てくれることもあれは、耳の痛い説教をしてくれることもある。

 あなたは、この人は心から自分のことを想ってくれているに違いないと思う。だから、自分がしあわせになれば喜んでくれるに違いないと思う。

 ところが同じ人に、自分の楽しかった体験の話・成功した話・善行の話などをしても、なぜかまったく食いついてこない。興味なさそうに受け流されるだけ。そしてまた不幸話になると嬉嬉として食いついてくる。

 こういう人と話していると、まるで自分の不幸を期待されているような気がしてくる。この人は、相手の心配をするフリをして、自分の能力や地位や権力や影響力を誇示して優越感に浸りたいだけなんじゃないのか。自分はそのために利用されているだけじゃないのか。

 しかしいくらそう思っても、少なくとも表向きは善意の人として振舞っているので、面と向かって不満を口にすることもできず、話す度にだんだん不快感が澱のようにたまってきて、やがて顔を見る事すら嫌になってしまう。

 ぼくの悪友たちなんかは、ぼくが不幸話をすると「ばかだなー」などと返してくれるが、この方がよっぽど気持ちが軽くなる。でも、上記のような「不幸話にばかり食いつく人」には、こういう心の機微はわかるまい。

 こういう「不幸話にばかり食いつく人」の身近で長期間暮らすと、性格は確実に歪む。

 実はぼくは 20 代前半までは岸田秀の愛読者で、その時期までの彼の著書のほとんどを読破していた。確かオウム事件の前後だと思うが、憑き物が落ちたようにポストモダン的な思想に見切りをつけたときに、岸田の著書もすべて処分してしまったが。

 でも、岸田が繰り返し書いていた、義母との関係の話は今でも印象に残っている。岸田の義母は、口では岸田のことを愛しているというのだが、岸田の進路の希望などはまったく聞いてくれないんだそうだ。親の愛に応えなければという義務感と、自分の夢をかなえたいという欲望との板ばさみになった岸田は、神経症になってしまう。

 その岸田を救ったのがフロイトだった。フロイトの方法にしたがって自己分析した岸田は、義母が自分を愛していないということに気づく。その結果、岸田は神経症から解放される。

 フロイトは疑似科学だとかなんとか言われるが、この話にだけは、ぼくもおおいに共感する。そんなのは自己責任だとかなんでも環境のせいにするなとか言う人には、だったら自分もそういう人間と何十年も一緒に暮らしてみろと言いたい。

 そのような「不幸話にばかり食いつく人」は、マスコミの中にもネットの中にもたくさんいる。

 一時期「はてな匿名ダイアリー」なんかで、自称「非モテ」の人が愚痴っぽいことを書き込むと、自称「リア充」の人が「甘えるな。自己責任だ」みたいなことを書き込むという、実にくだらない争いが繰り返されていたことがあった。

 もちろん、その中には純粋に善意の人もいるんだろう。でも少なからぬ割合は、上で書いたような「不幸話にばかり食いつく人」なのではないだろうか。そういう気配が文章にも表れているから、素直に受け取ってもらえないのではないだろうか。

 こういう偽善的な態度の蔓延には弊害がある。それは、不幸な話を気軽に話しずらくなるということだ。

 ぼくなんかは、もともと露悪趣味なので、自慢話より不幸話の方が好きなぐらいなのだが、こういう「不幸話にばかり食いつく人」が待ち構えている気配を感じて、心ならずも自慢臭いことを書いてしまうことがある。そして後で読んで自己嫌悪に陥ったりするのだ。

 ぼくが若い子に言っておきたいのは、本当にあなたのことを想ってくれる人・愛している人は、あなたの不幸話に食いつく人なんかではなく、あなたのしあわせを素直に喜んでくれる人だということ。だから、不幸話にばかり食いつく人の助言など、あまり真面目に聞く必要はないということだ。そういう人の話は、話半分に聞いておくぐらいで丁度いい。

|

« NHK もせこくなった | トップページ | iPad 初体験 »

心と体」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67762/49899595

この記事へのトラックバック一覧です: 不幸話にばかり食いつく人々:

« NHK もせこくなった | トップページ | iPad 初体験 »