« ありがと! | トップページ | Manafon »

「黄金の日々」を観終わって

 以前言及した「黄金の日々」という大河ドラマの、時代劇チャンネルでの再放送が終了した。基本的な評価は前に書いた通りだが、子供の頃とは意見が変わったところもあるので、少し補足しておく。

 まず秀吉の描き方。庶民的で気さくな木下藤吉郎が、出世とともに非情な権力者である豊臣秀吉に変貌していく過程がこのドラマの見所なのだが、 実は権力が人を変えるというありがちな話ではなくて、秀吉には若い頃からそういう兆候があった、という伏線がちゃんと張ってあるのね。

 たとえば、比叡山焼き討ちの際に、延暦寺に助左が滞在しているということを知らされた秀吉が、意外とあっさり諦めるところとか、金ヶ崎から逃亡する際に、助左と一緒に舟に乗ることを誓った秀吉が、信長の存命を知ったとたんあっさり前言を翻すところとか。

 たぶん市川森一には、「こういう調子のいい人間はさあ、立場が変わるととたんに裏切るんだよねー」みたいな人間観があって、秀吉を最初からそういう人間として描いてるのね。そして、助左は若くて未熟だから、そういう人間の裏を見抜けなかっただけと描いている。これは子供の頃観たときにはまったく気づかなかったこと。

 次に助左の描き方。子供の頃は単純に善人として捉えていたけど、今見るとあまりに「純粋まっすぐ君」すぎてイヤミに感じるところもあった。

 たとえば、今井宗久の隠し子の桔梗を今井兼久が引き取らないというのを聞いた助左は、わざとらしく驚いたりするんだけど、お前さー、兼久と何年付き合ってるんだよ! あの兼久がおとなしく宗久の隠し子なんか引き取るわけねーだろ! カマトトぶりっ子もいい加減にしろ! とイラッとしてしまった。

 まあ、純粋まっすぐ君ならまっすぐ君でいいんだけど、その割に、ルソン壷の時とか朝鮮出兵の時には、結構マキャベリスティックに介入したりするでしょ。だから、そのへんの線引きが助左の中でどう引かれているのか、今一つ納得がいかなかった。利休の死だって何割かは助左の責任だろうに、責任を感じてる風もないし。石田三成には甘えっぱなしだし。

 女性関係もそう。美緒にも桔梗にも最後まで手を出さないんだけど、その理由がよくわからん。なんか深い理由があって独身を貫いているのかと思いきや、周囲に勧められるとあっさり桔梗にプロポーズしたりするでしょ。なんだよ、単に優柔不断なだけだったんかい! とつっこみたくなった。

 昔のドラマには、こういう純情キャラが多かったので、リアルタイムでは気にしなかったけど、今見ると「こんな奴いるかあ?」という感じがする。キリスト教徒じゃないんだから、プラトニック・ラブというわけでもあるまいし。このへん下手なこと書くと、小谷野敦氏とかに怒られそうな気もするので、これ以上追求しないけど。

 その桔梗の死に方がまたひどい。助左にプロポーズされた翌日に死ぬって、ちょっとあざとくない? ぼくは、宮崎駿の言う「手塚治虫の『神の手』」みたいなものを感じてしまったよ。だから、助左が美緒と結ばれないのも、脚本家・市川森一の手練手管に見えてしまって、あまり印象はよくなかった。

 最後に今井兼久(宗薫)の描き方。子供の頃は単純な悪役としか思っていなかったが、今見ると共感できるところが多々あった。もちろん悪役は悪役なんだけど、記号的な悪役ではなく、ちゃんと人物造型された人間味のある悪役であった。

 特に、現実主義者の兼久から見ると、助左のいい子ぶりっ子が鼻についたんだろうなあ、というのは、ぼくにもよくわかったし、父親の今井宗久だって、別に聖人君子ではなくて暴君に近いところもあるので、父に愛されなかった息子が反発する気持ちもわかる。

 というわけで、いろいろとアラが見えたところもあったが、総合的に見れば、やはり大河ドラマ屈指の傑作には違いないと思った。

追記: 小谷野氏に誤字指摘されてしまった。即修正。

|

« ありがと! | トップページ | Manafon »

テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67762/49554079

この記事へのトラックバック一覧です: 「黄金の日々」を観終わって:

« ありがと! | トップページ | Manafon »