« 「パコと魔法の絵本」感想 | トップページ | 「へうげもの」と消費の美学 »

「パコと魔法の絵本」感想~深読み編

 この映画の演出意図はかなり明快で、それほど誤読の余地はないと思うのだが、ネットを検索してみると意外といろんな解釈があるようなので、ぼくの考える正しい解釈を記しておく。以下ネタバレなので注意。また、あまり図式的に解釈されると興ざめするという人も読まない方がいいかも。

 前回の記事で、作り手は大貫の行為を手段や結果論にしたくなかった、とかなり断定的に書いたが、これはちょっと注意して作品を観れば自明のはず。この作品は、年老いた堀米が大貫の甥の息子(姪孫っていうの?)に語る、という形式で展開されているが、その中で、大貫が死んだと早とちりする姪孫に対して、堀米が「死んだほうがよかった?」とか「真実がお気に召すかどうか」とかいう皮肉っぽい発言をわざわざしてるでしょ。これは明らかに、「この作品にとって、誰が死んだとかそういう結果が重要なんじゃないんですよ」という作り手のマニフェストだろう。

 そういう作り手の意志は、人物造型にも現れている。「パコと魔法の絵本」という題名にも関わらず、この映画の主人公はパコちゃんではなく大貫の方だ。大貫はちゃんと過去の歴史まで造型されたキャラクターだが、パコちゃんにはどんな過去があるかもまったくわからない。大貫の人格を反射・屈折させるために半ば人工的に作られた記号的キャラクターなのだ。

 大貫は大企業の会長で社会を弱肉強食の競争とみなし他人に心を許さない。つまり、ある種の目的志向や成果主義を具象化した存在として描かれている。その目的志向や成果主義を無化する存在として生まれたのがパコちゃんだ。記憶が失われるということは、その人に対して与えた影響がすべてリセットされるということだ。実際、パコちゃんは大貫に殴られたことすら記憶していない。

 したがって、大貫がパコちゃんに対してできることは、今現在目の前にいる彼女を喜ばせることしかないのだ。その結果、大貫は宿痾であった目的志向や成果主義から解放される。大貫はパコちゃんの心に残ることを願うが、たぶん最後まで大貫の願いはかなわないまま物語は終わる。でもその代わり彼は「みんなのこころに残りました」というわけだ。こう書いてしまうと、図式的過ぎて自分でも嫌になるが、そのぐらい作り手の意図は明快だということだ。

 この映画には登場人物の後日談がない、と宇多丸氏は指摘しているけれど、ぼくはそれも意図的だと思う。だいたい、みんなで芝居をしたぐらいで人生が変わるなんて、子供向けの童話ならいいかもしれないが、大人にとってはウソっぽい話で、中島哲也だってきっと、「その程度で簡単に人生なんて変わりゃしねーよ」ぐらいのことを思ってると思う。実際、年老いた堀米も昔とたいして変わらない人間として描かれているし、大貫も相変わらず堀米に嫌われたままだ。

 この映画の作り手が描きたかったのは、人生を変えるための手段やその結果ではなく、あくまで「そんな人たちの人生にもあるはずのすばらしい時間」だったのだ。そういう地に足のついた視点を維持しているからこそ、この映画は子供ではなく大人のための童話になり得ている。宇多丸氏がこの映画に入り込めなかったのは、宇多丸氏がぼくなんかよりはるかにロマンチストだからなのかも知れないね。

|

« 「パコと魔法の絵本」感想 | トップページ | 「へうげもの」と消費の美学 »

文化・芸術」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67762/49304716

この記事へのトラックバック一覧です: 「パコと魔法の絵本」感想~深読み編:

« 「パコと魔法の絵本」感想 | トップページ | 「へうげもの」と消費の美学 »