« 「黄金の日々」にハマる | トップページ | 「大奥」感想 »

デス妻に出てきた謎の競技の正体がわかった!

 「デス妻」こと「デスパレートな妻たち」というのは、アメリカで大ヒットしたドラマで、日本でも NHK で放映しているのでご存知の方も多いと思う。このドラマのシーズン 3 の 22 話でこんなシーンがあった。

  • トム: ほんとに恩に着るよ。君も忙しいのに。
  • スコット: でも感心しないな。結婚カウンセラーだってこと隠すのか?
  • トム: 後で話す。初めに言うと逃げるから。リネット。
  • リネット: ?
  • トム: バッタリ会った。スコットだ。覚えてる?大学の寮仲間。
  • リネット: ビール飲みの優勝者?
  • スコット: 聞いたの?
  • リネット: 派手に吐いた話も。
  • トム: それ以上の偉業もある。博士号さ。
  • リネット: すごい。私、チーズ下ろさなきゃ。

字幕ではこんな感じになっているが、実際の英語はこう。

  • Tom: "I cannot thank you enough for doing this. Thanks for taking the time out of your day."
  • Scott: "Yeah, Tom, I'm not sure this is the best approach. I mean, I've never done a session before where half of the couple didn't know I was a marriage counselor."
  • Tom: "We'll tell her...eventually. I just don't wanna scare her off. Hey, Lynette."
  • Lynette: "Yeah?"
  • Tom: "Look who just walked in off the street - Scott McKinney. Remember? We pledged Alpha Tau together. I told you about him."
  • Lynette: "You won the beer pong championship?"
  • Scott: "You told her about that?"
  • Lynette: "Yeah, and then you threw up in the trophy."
  • Tom: "Well, that is far from his only accomplishment. He's got a PhD."
  • Lynette: "Oh, wow. Well, I'd love to chat, but I have cheese to grate."

ご覧の通り、「ビール飲みの優勝者?」は英語では「You won the beer pong championship?」になっている。

 この「beer pong」という変な名前の競技、聞いて以来ずっと気になっていて、Wikipedia でも調べたりしたのだが、今一つイメージが沸かなかった。

 さて、「松嶋×町山 未公開映画を観るTV」という番組をご覧の方はもうおわかりであろう。この番組で先週から 2 週に渡って放送した「Last Cup」というドキュメンタリーのテーマが、まさにこの「beer pong」という競技であった。おかげでぼくもすっかり雰囲気が掴めましたよ。

 この競技は多分、日本で言えばテレビ・チャンピオン的あるいはキワモノ宴会芸的なゲームで、単なる「ビール飲み大会」よりもおバカなニュアンスがあるんだと思う。だから、リネットがそれに言及する場面では、相手を少し軽く見ている感じが表現されているはずだ。

 しかし「ビール飲みの優勝者」という訳ではそういうニュアンスは伝わらない。逆に「ビアポンの優勝者」と訳した場合、ビアポンという競技を知っている人にはより正確なニュアンスが伝わるだろうが、知らない人にとってはまったくイメージがわかない訳になってしまう。

 外国の文化に強く依存する概念を訳す際に、日本文化の類似の概念に置き換えるか、それとも外国の文化としてそのまま紹介するかというのは、翻訳において典型的な問題の一つなのだが、これも結局はトレードオフの問題と言える。つまり、

  • 多くの人に伝わるが、細かいニュアンスは伝わらない
  • 一部の人にしか伝わらないが、細かいニュアンスまで伝わる

のどちらを選ぶかの問題なのである。

 これも一律にどちらが正しいと決め付けられる話ではない。まず、コンテキストによって細かいニュアンスが重要な場合とそうでない場合があるので、重要な場合には後者を、そうでない場合には前者を選べばよいということが言える。また、その概念が将来日本に輸入されて普及する可能性があるかどうかも考慮すべきだろう。

 この「Beer Pong」という概念も、町山さんがテレビで取り上げたことによって日本で普及する可能性もある。そうなってからこのデス妻のエピソードを観たら、多くの人が「ビアポンの優勝者」という訳でいいじゃん、と思うようになる可能性もあるわけである。そんなこんなで、翻訳ってなかなか大変なのよ。

 デス妻でぼくが気になっている言葉は他にもある。たとえば「chastity club」。字幕では確か「純潔クラブ」と訳されていたが、この訳でイメージが沸いた日本人はおそらくほとんどおるまい。どうも、性の自由化の反動で保守層に流行っている団体らしいのだが。あるいは「drama camp」。字幕では確か「演劇キャンプ」と訳されていたが、これも大多数の日本人にとってはなんのこっちゃであろう。こういうのもドキュメンタリーなんかで紹介してもらえるとイメージが沸くのだが。

|

« 「黄金の日々」にハマる | トップページ | 「大奥」感想 »

テレビ」カテゴリの記事

翻訳」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67762/49016178

この記事へのトラックバック一覧です: デス妻に出てきた謎の競技の正体がわかった!:

» 翻訳書は読みにくいもの [Buckeye the Translator]
自分で訳書を出していてこんなことを言うのもなんですが、翻訳書って読みにくいものです。はい、私が訳者であるものも含めて。 翻訳書というのは、なにをどうがんばっても、読みにくいものにしかならない。私はそう... [続きを読む]

受信: 2010.07.31 11:08

« 「黄金の日々」にハマる | トップページ | 「大奥」感想 »