« 2010年3月 | トップページ | 2010年6月 »

「ハチワンダイバー」感想

 話題の将棋マンガ「ハチワンダイバー」のドラマ版を鑑賞。はっきり言って、設定はムチャクチャだしストーリーもくだらない。だけど、映像なんかは比較的マジメに作ってあって、くだらないものでも、いや、くだらないものだからこそ精魂込めて作るという作り手の姿勢が伝わってきて、なかなか気持ちよく観れた。少なくとも、エメリッヒの「2012」なんていう客をナメた作品を観るよりは、ずっと快い時間を過せたと思う。

 この作品最大の成功要因は、なんといっても「アキバの受け師」中静そよの人物造型に尽きるのではないだろうか。この女性は主人公の指導者兼恋人みたいな役なのだが、仕事の場ではあくまで知的かつクールに男性を導き、プライベートな場では優しく男性を甘えさせてくれる。これは現代の男性にとってある種理想の女性像なのではないだろうか。まあ、メイド萌えやツンデレを露骨に取り入れたと言ってしまえばそれまでだが。

 でも、これが一昔前のジェンダーのわかりやすい時代だったら、指導者役は男性で恋人役は女性だったろうし、仮に指導者役が女性だったとしても、恋人役とは別人だったろう。その二つの役割が同一人格に共存しているところにこの作品の現代性が表れていると思う。もっとも、こんなややこしい役割を期待される現代の女性もなかなか大変だと思うが。

ハチワンダイバー パーフェクトエディション DVD-BOX  こういうマンガ的なドラマの演出というのは、たぶん「のだめ」あたりから流行りだした手法だと思うが、オーバーアクションで誤魔化せる分、俳優の演技力を必要としないという利点もありそうだ。まあ、この作品はこれでいいと思うが、こういう手法も諸刃の剣で、あまりこれに頼ると、俳優の演技力はますます低下して、演技力で見せるようなドラマの衰退を加速しそうな気もしないでもない。

 お笑いなんかもそうだが、こういうある種「逃げ」の手法がいろんな分野で発達したおかげで、観ていられないような大駄作は減ったと思うが、その分、演技力のような裸の実力で真っ向勝負するような作品も減っているような気がする。それがなんとなく物足りなく感じ始めたのも事実。

| | トラックバック (0)

検定のパラドックス

 確率論で有名な逆説に「ベルトランのパラドックス」というのがあるが、それを真似て、統計的検定に関するパラドックスを作ってみた。

 問題: ここにコインが 1 枚ある。このコインをコイントスに使いたいが、表と裏が公平な確率で出るかどうかわからない。そこで試しに 8 回トスして結果を調べたところ、表・表・表・裏・表・表・表・表だった。このコインを使うことは不公平だと言えるか。

  • A 君: こういうのは統計的検定にかければいいんだよ。この場合、コインが不公平であることを証明したいのだから、その逆のコインが公平であることを帰無仮説にすればいい。つまり、表と裏がそれぞれ 1/2 の確率で出るというのがこの場合の帰無仮説だ。そして、その仮説の下で事象が発生する確率を計算する。その確率が危険率を下回っていれば帰無仮説は棄却される。つまり、このコインは不公平だということになる。
  • B 君: なるほど。すると、表と裏がこの順番で出る確率は、1/2^8 =  0.004 だから、1% 以下だ。つまり、危険率 1% でこのコインは不公平だと言えるってわけだな。
  • C 君: 何言ってんだよ。これは典型的な二項分布じゃないか。だから、8 回の試行で裏が 1 回出る確率は、(1/2^7) * (1/2^1) * 8 = 0.03。つまり、危険率 5% なら帰無仮説を棄却できるが、1% では棄却できないよ。
  • D 君: うーん、よくわからないけど、バクチなんだから丁と半が公平に出ることが重要じゃないかな。この場合、丁と半の出る確率は半々だからどちらも 0.5。つまり危険率 50% でも帰無仮説は棄却できないってことにならないか。
  • E 君: くだらない。表と裏なんて、たまたま違う模様が刻印されただけの話で、たいして重要じゃないよ。何回トスしても表か裏のどちらかが出るわけだから、その確率は 100%。つまり、この帰無仮説を棄却することは不可能だ。世の中に不公平なコインなど存在しないのだよ。
  • 一同: ………………。

 言うまでもないが、この説明はムチャクチャである。しかし、なぜ間違っているかを論理的に説明できるのは、統計学を相当きちんと理解した人ではないかと思う。

(なんて書くと、まるでぼく自身が統計学をきちんと理解していると言ってるみたいだが、ぼくだってまだまだ理解の怪しいところはたくさんある。)

 ちなみに、この確率の計算は、どれもある意味正しい(よね?)。また、試行回数の問題だと思うかもしれないが、実は、回数を多くしても似たような問題はいくらでも作れるのである。

 問題はそういうことではなくて、統計的検定という方法論の背後にあるある種の「思想」を正しく理解しているかどうかにある。ヒマがあったらそのうち解決編を書くかもしれないが、それまで待てない人は、身近にいる統計学に詳しい人にたずねてみてほしい。

| | トラックバック (0)

8 人でパーフェクト

1平均S 0 0.1 0.2 0.3 0.4 0.5 0.6 0.7 0.8 0.9 1
8人S率 0 0.57 0.83 0.94 0.98 1 1 1 1 1 1
フレーム                      
1 0 0.57 0.83 0.94 0.98 1 1 1 1 1 1
2 0 0.32 0.69 0.89 0.97 0.99 1 1 1 1 1
3 0 0.18 0.58 0.84 0.95 0.99 1 1 1 1 1
4 0 0.11 0.48 0.79 0.93 0.98 1 1 1 1 1
5 0 0.06 0.4 0.74 0.92 0.98 1 1 1 1 1
6 0 0.03 0.33 0.7 0.9 0.98 1 1 1 1 1
7 0 0.02 0.28 0.66 0.89 0.97 1 1 1 1 1
8 0 0.01 0.23 0.62 0.87 0.97 0.99 1 1 1 1
9 0 0.01 0.19 0.59 0.86 0.97 0.99 1 1 1 1
10 0 0 0.16 0.55 0.84 0.96 0.99 1 1 1 1
11 0 0 0.13 0.52 0.83 0.96 0.99 1 1 1 1
12 0 0 0.11 0.49 0.82 0.95 0.99 1 1 1 1

 計算してみると、そんなに難しくないはずですけどね。メンバー平均のストライク率が 2 割あれば、1 割以上の確率でパーフェクト達成できるので、10 ゲームやれば 1 回ぐらいはパーフェクトがでるはず。

 多分、企画した人もこれと同じような計算をして、1 日やればちょうどいい感じでパーフェクトが出ると踏んだんでしょうけどね。そうならなかったのは、平均ストライク率がもっと低かったか、運が悪かったか。

 ただ、ぼくも計算してみて気づいたけど、この分布はかなり誤差に敏感ですね。 

8人パーフェクト確率.JPG

 たとえば、1 人平均のストライク率が 0.2 のときのパーフェクト率が 0.11 なのに、1 人平均が 0.15 になっただけでパーフェクト率は 0.02 まで下がっちゃう。つまり、ちょっとの好不調や運不運に大きく左右されやすい企画と言えます。そのへんに誤算があったかも。

| | トラックバック (0)

「赤か、青か」の正しい解釈

 前回のついでに、木村拓哉が犯人役を演じた「赤か、青か」についても書いておこう。古畑任三郎シリーズの中でもこの回の出来がいいと思う理由の一つは、尺の短さを逆手にとっていることである。

 古畑シリーズに対する批判としてありがちなものに、あんなのは刑事コロンボのパクリだとか、コロンボの方が出来がいいとかいう批判があるが、ぼくはそういう批判は(首肯できるところもあるが)ちょっと可愛そうだと思っている。

 そう思う理由はいろいろあるが、一つには、コロンボより古畑の方がはるかに尺が短いことがある。コロンボが約2時間なのに対し、古畑は(スペシャル版を除けば)その半分の1時間しかない。したがって、推理が少々強引になったりご都合主義になったりするのは止むおえないところがあると思うのだ。

 でも、この「赤か、青か」の場合、犯人が爆弾犯なので、時限爆弾が爆発するまでに事件を解決しなければならないという制約が課されている。そのため、強引な推理や作戦も、限られた時間内で事件を解決するための賭けとして合理化され、かえって物語の緊迫感を高めることに役立っているのだ。

 さて、ここからが本題なのだが、(以下ネタバレを含むので注意)この回のクライマックスは、犯人の木村拓哉を追い詰めた古畑が、爆弾を解体するために赤と青のどちらのコードを切ればいいかをキムタクに尋ねるシーンである。

 キムタクは「青を切れ」と言うが、古畑はその顔を見ながら一瞬考えて「赤だ」。その通り赤いコードを切った結果、人質(実は今泉巡査なのだが)は無事助かる。「よくあいつの心を読みましたね」と褒める部下に対して、古畑はその部下にもらった「おみくじクッキー」のおみくじを示して、「当たるじゃない」。そのおみくじに書かれたラッキーカラーは赤だった、というオチ。

 このオチについて、ネットで検索すると、古畑は本当はキムタクの心を読んで赤と判断したのであって、ラッキーカラー云々は部下をねぎらうためのウソである、と解釈している人が多いのだが、ぼくはちょっと違うのではないかと思っている。いや、古畑がキムタクの心を読んだのはその通りだと思うのだが、ラッキーカラーというのもまったくのウソではないと思うのだ。

 実は、ストーリーを思い返してみると、古畑が赤か青かを選択するチャンスはもう一回あった。その直前の、古畑がキムタクに対して罠をかけたシーンを思い出して欲しい。

 古畑は、すでに爆弾は解体済みで証拠も発見したとウソをつく。「じゃあどっちを切ったのか言ってみろよ」というキムタクに、「ブルーを切った」と古畑。それを聞いたキムタクは、「下手なお芝居しちゃって」と罠を見破るが、じつは見破られるのも古畑の計算のうちで、二重の罠だったというオチ。

 考えてみて欲しい。もしあそこで古畑が「ブルーを切った」と言ったのが、マグレで当たってしまっていたらどうだろう。いくらお芝居がミエミエだったと言っても、キムタクがあそこまで罠を確信して油断することはなかったのではないだろうか。

 もちろん、古畑のことだから、マグレで当たってしまった場合のプラン B も考えてはいただろうが、だったとしても、当たるよりは当たらない方が都合がよかったのは確かだろう。でも、それこそこの段階で赤か青かを判断する材料は何もない。

 おそらくここで、古畑は「ラッキーカラー」に賭けたのである。 だから、部下のくれたおみくじクッキーのおかげというのも、まんざらウソではなかったのだ。

 …というのがぼくの解釈なのだが、いかがであろうか。そう解釈した方が、このストーリーにはより深みが出ると思うのだが。きっと、三谷幸喜の心の中の裏設定ではそうなっていたのではないかと、ぼくは密かに信じている。

| | トラックバック (0)

今、甦る死

古畑任三郎FINAL 今、甦る死 [DVD] 古畑任三郎の見逃した回を数回分まとめて見たのだが、石坂浩二と藤原竜也が二人でメインゲストを張った「今、甦る死」はかなり面白かった。これまで観た中では、木村拓哉が犯人役の「赤か、青か」が一番いい出来かなと思っていたのだが、それ以上かもしれない。

 三谷幸喜という人は、もともと非常に作為的な脚本を書く人で、その所為であざとく見えたりもするのだが、たまにその作為がズバズバと鬼のようにはまりまくることがあって、そういうときにある種神懸り的な作品が生まれる。

 この作品も、トリックだけなら他の人でも思いつけたかもしれない。でも、考えてみると、これを実際に演じてトリックに説得力を持たせられる役者は、石坂浩二と藤原竜也の二人以外にほとんどあり得ないのではないだろうか。まさに自称アテガキ脚本家・三谷幸喜の面目躍如と言える。

 ぼくも石坂浩二が女性を引き止めたあたりで「こいつも実は共犯なのか?」ぐらいは思ったし、横溝正史オマージュということは「村中のみんなが共犯なのか?」(実はそのパターンは前にもやっているが)とか考えたりもしたのだが、あんなどんでん返しになるとは思わなかった。だから結局、金田一耕助を演じた石坂浩二が出演して横溝正史のオマージュだと思わせるのも、ミスディレクションの一部になっていたんだね。

 それにしても、この回にしても木村拓哉や福山雅治が犯人をやった回にしても、イケメン俳優が犯人役のときは、だいたい、美形で頭もいいが、人間性に大きな欠落のある人物であるという設定になってるよね。このへんに、三谷幸喜のイケメンに対する悪意を感じるのは気のせいだろうか(^^)。

| | トラックバック (0)

ヘイフラワーとキルトシュー

ヘイフラワーとキルトシュー [DVD] 妹のお勧め映画。めっちゃかわいい♥♥♥。

 もう観てるだけで癒されてしまった。

 家のインテリアやファッションもパステル調でかわいいしね。

 「2012」のお口直しに最適。

| | トラックバック (0)

「2012」感想

 オンデマンド・ビデオが観れるようになったので、早速「2012」を鑑賞した。以下ネタバレ有りなのでご注意。

 ローランド・エメリッヒという監督は何かと揶揄されがちな人で、ぼくも全作品を観たわけではないが、正直言って同じような印象を持っている。しかし、この監督の過去の作品に比べれば、「2012」は比較的マシで、CG 鑑賞用映画としてはそこそこの出来だったのではないかと思える。

 全編ハイビジョン撮影ということで映像のクオリティはさすがに高く、その高品位の映像の中で、地面が蛇のようにのたうち回ったり、林立するビルがジェンガのように崩れたり、巨大津波がヒマラヤを越えたりするのを観るのは、それだけでもちょっとした快感だ。それは素直に認める。

 ただ、脚本は相変わらずエメリッヒとしか言いようがない。誰をどういう順番で殺せば最も効果的に客を泣かすことができるか、マーケティングで調べた通りに機械的に殺していくような脚本にはやっぱり鼻白んでしまう。

 本作品でもっともひどいと思ったのは、主人公の元嫁の彼氏の死に方。まるで、主人公と元嫁がよりを戻したので邪魔になって消されたみたいで、ご都合主義の極みとしか言いようがないよね。彼が飛行機を操縦してくれなかったら誰も助からなかったのにさあ。ひどいでしょ。

 パイロットつながりで言うと、あのロシア訛りのパイロットが死んだのもなんか可愛そうだった。彼の場合、途中で「こいつきっと死ぬな」と思わせるようなストーリーになっていたが、案の定その通り死んだのでなおさら興ざめした。

 もっとちゃぶ台返し的なことを言っちゃうと、方舟の扉を開けて外の人を入れて、これで非人道的なことをしなくて済んだ、めでたしめでたしみたいな雰囲気にしてるけど、あんたらそれ以前に人類のほとんどを見捨てたんでしょうが。喜んでる場合か?

 まあでも、そういう重いテーマを観客に突きつけちゃうと、後味が悪くなって気楽な娯楽として観れなくなっちゃうから、この監督は意図的にそういうのを避けてるんでしょうね。そもそも、人類滅亡の際に一部の人だけが助かろうとしたらどうなるか、なんていくらでも深化させられるテーマなのに、これだけ表層的に生温く仕上げられるのはある意味すごいよね。言い忘れたけど、大統領が方舟に乗らないのも、後味を悪くしないための計算づくでしょう。

 そんな感じで、いろいろ考え出すと腹が立ってくるけど、何も考えずに時間潰しで観るにはいいかも、って感じの映画でした。

 最後にトリビアをいくつか。

  • わりと気に入ったのは、終末論のおっちゃん。ああいう怪しい陰謀論をネットやラジオで流してる人は、アメリカには現実にたくさんいるわけで、変なリアリティがあった。ただ、ブログを「ダウンロード」してくれ、という台詞は変だろ。
  • そのおっちゃんが言ってた、「船に乗れるのはビル・ゲイツやロシアの富豪だけだ」みたいな台詞。字幕には訳されてないけど、英語ではルパート・マードックの名前も挙げている。悪名高いメディア王である。
  • チベットのシーンで「テンジン」という名前の坊さんがでてくるが、現在のダライ・ラマ 14 世はまたの名を「テンジン・ギャツォ」という。もっとも、チベットではテンジンというのはありふれた名前らしいが。
  • あの崩れ落ちる道の上をギリギリのタイミングで走り抜けるみたいなシーケンスは、宮崎駿のパクリじゃないかと思うんだけど、どうだろう。

追記:

 Amazon のレビューを見たら、容赦なく人が死ぬところがリアルだとか、大統領が方舟に乗らないところに感動したとかいう意見があったので、それは違う、と言っておきたい。

 まず、本当に現実の厳しさを描きたいなら、登場人物はもっとエゴむき出しの人間にすべき。大統領は誰よりも先に方舟に乗り込み、方舟の扉を開けることもせず、争いながら上ってくる醜い人間どもを「死ね死ね~」とカンダタのように蹴落として、「見ろ、人がゴミのようだ」とムスカのように言い放つべき。それでこそテーマが際立つというもの。

 でも、それをしないのが良くも悪くもエメリッヒなんだね。みんな一生懸命努力したけど、全員を助けることは無理で、残念だけどいっぱい人死んじゃった。かわいそかわいそ。でも主人公たちは助かりました。よかったよかった。みたいなのが娯楽作品だとおそらく彼は思っている。でなきゃあんな作品にしないよ。

 娯楽にシビアなテーマなどいらない。そんなものを突きつけたって、大多数の観客は理解できないし考える気もない。観客は明らかに災害や事件や不幸が起こることを期待してる。そのくせ、自分がそういう邪悪な心を持ってるとは決して思いたくない。観客とはそういう勝手な生物さ。自分はその期待に応えてるだけだよ、ときっと彼は言うだろうね。

 そういう作品をどう受け止めるかは、まあ観る人次第だよね。ぼくなんかは、馬鹿にされてるような気がして腹たってくるけどさ。

| | トラックバック (0)

ひかりTVがつまらなくなった

 ここ1ヶ月ぐらい、テレビというものを見ていなかった。別に、芸能人が内輪受けのネタではしゃぐ、くだらないバラエティ番組ばかりで見る気がしないとかいう、いかにも知識人ぶった偉そうな理由ではまったくなく、単にデスクトップパソコンが故障していたせいだ。

 我が家には、テレビ専用の機械がなく、パソコンにチューナーカードを挿して、そこからテレビの映像をキャプチャしてパソコンのモニタで見ている。こうすれば、テレビやディスプレイを置くスペースの節約にもなるし、録画予約や録画データの整理もパソコンでてきるので、ぼくみたいな人間にとってはなにかと都合がいいのである。

 ここ1ヶ月ほど多忙だったので、故障したパソコンを修理するヒマすらなかったが、この週末やっと時間がとれたので、中古のマザーボードと電源ユニットとメモリを取り寄せて修理した。お値段は占めて1万数千円也。

 そんなわけで、久しぶりにひかりTVを見てびっくりした。いつの間にかチャンネル構成が改変されていて、CNNj やディスカバリーチャンネルがなくなっているではないか。この 2 局は、ひかりTVの中でも最も頻繁に見ていたチャンネルだったので、これは正直ショックだった。その分 TBS ニュースバードとか日テレプラスとかが追加されてはいるが、そんなチャンネルはどうせほとんど見ないに決まっている。

 もちろん、改変する側にもいろいろと事情がおありなのだろう。でも、少なくともぼくにとっては、これで一気にひかりTVというサービスの魅力が半減したことも事実。

 いっそ、そういうチャンネルは衛星放送かケーブルテレビで見ることにして、ひかりTVの利用はオンデマンドビデオだけにしようかとも思ったけど、そのオンデマンドビデオも、加入当時は無料番組がたくさんあったのに、最近はどんどん無料番組が減っていて、あまり魅力がなくなってきている。

 かと言って、契約を打ち切って他社のサービスに乗り換えようと思っても、かつてあった 4th Media やオンデマンド TV や OCN シアターはみんなつぶれてしまったしなあ。ユーネクストなんてひかりTVよりさらにチャンネル数少ないし。

| | トラックバック (0)

情報ゲームの錬金術に溺れるマスコミ

 最近はそうでもないが、一時期、マネーゲーム批判は大流行だった。ホリエモンこと堀江貴史や村上ファンドの村上世彰に対するバッシングから始まり、リーマンショックに始まる世界的金融危機がトドメを刺した。

 当時、マスコミの多くは口をきわめて彼らを罵った。やれ「マネーゲーム」だ、やれ「錬金術」だ。彼らのやっていることは「虚業」であって、社会になんら利益をもたらすものではなく、むしろ害悪ですらある、という論調がマスコミの大勢を占めていたように見えた。

 そういう批判がどの程度妥当だったかはひとまずおこう。ここで一言いいたいのは、マスコミってそんな偉そうなことを言える立場なんですか、ということ。最近のマスコミのやっていることだって、「情報ゲーム」による「錬金術」にすぎないんじゃないですか?

 ぼくは、マネーゲームのような「虚業」的な投資と、社会の役に立つ「まっとうな」投資を分けるものは、いわゆる「フェア・バリュー」、つまり投資対象の適正な価値を想定しているか否かだと思っている。

 投資家がみな適正な価値を意識して投資していれば、人によって多少の誤差はあっても、その平均によって決まる市場価格も適正価格に収束する。市場価格が適正価格であれば、より生産性の高い企業が資金を調達しやすくなり、より正確に企業を評価する能力を持った投資家に資本が集まるという、資本主義にとって健全な循環が実現する。

 マネーゲームが批判されるのは、適性価格かどうかを無視して、無理矢理価格差を作り出して儲けようとするからだ。投資というのは、短期的には価格差さえあれば儲かるように見える。安いものを高く売り、高いものを安く売ることが儲けの源だ。

 しかし、このような投資からは何も生み出されない。単にプレーヤー同士が金を奪い合うだけのゼロサムゲームであり、ギャンブルと同じだ。だからこそゲームであり錬金術なのだ。

 今のマスコミのやっていることは、これと同じではないだろうか。何が事実であるか、何が適正な評価であるか、彼らに興味はない。興味があるのは、無理矢理評価に落差を作りだして、情報を生産することだけだ。高く評価されている者がいればバッシングし、低く評価されている者がいれば持ち上げる。その一回一回の落差が新たな情報を生み出し、利益を生み出す。まさに情報ゲームによる錬金術だ。

 しかし、このような情報は、長い目で見れば何も生み出さない虚の情報にすぎない。最初から冷静な評価をしている者から見れば情報量ゼロ。そんなマスコミに、偉そうにマネーゲームを批判する資格があるのだろうか。

 このようなマネーゲームや情報ゲームのタチの悪いところは、積極的に興味のない人でも参加しないと損するような気がしてしまうところにある。適正価格より低いと思っていても、その株を持ち続けていれば評価損になるし、不当にバッシングされていると思っていても、その人を擁護すれば自分も批判されるだろう。そういう感情が、結果的にマネーゲームや情報ゲームの存続に加担しているのだ。

 結局、マスコミの情報ゲームに巻き込まれないためには、その情報に興味を持たないことが一番だ。参加すれば錬金術のおこぼれにありつけるなとという、甘い期待をしないことだ。多くの人がそう思うようになれば、少しはマスコミも反省することだろう。

 ぼくは、いつかそういう日が来ることを期待しつつ、自分の RSS リーダーからくだらない情報のフィードを大量に削除しまくったのだった。

| | トラックバック (0)

« 2010年3月 | トップページ | 2010年6月 »