« ひかりTVがつまらなくなった | トップページ | ヘイフラワーとキルトシュー »

「2012」感想

 オンデマンド・ビデオが観れるようになったので、早速「2012」を鑑賞した。以下ネタバレ有りなのでご注意。

 ローランド・エメリッヒという監督は何かと揶揄されがちな人で、ぼくも全作品を観たわけではないが、正直言って同じような印象を持っている。しかし、この監督の過去の作品に比べれば、「2012」は比較的マシで、CG 鑑賞用映画としてはそこそこの出来だったのではないかと思える。

 全編ハイビジョン撮影ということで映像のクオリティはさすがに高く、その高品位の映像の中で、地面が蛇のようにのたうち回ったり、林立するビルがジェンガのように崩れたり、巨大津波がヒマラヤを越えたりするのを観るのは、それだけでもちょっとした快感だ。それは素直に認める。

 ただ、脚本は相変わらずエメリッヒとしか言いようがない。誰をどういう順番で殺せば最も効果的に客を泣かすことができるか、マーケティングで調べた通りに機械的に殺していくような脚本にはやっぱり鼻白んでしまう。

 本作品でもっともひどいと思ったのは、主人公の元嫁の彼氏の死に方。まるで、主人公と元嫁がよりを戻したので邪魔になって消されたみたいで、ご都合主義の極みとしか言いようがないよね。彼が飛行機を操縦してくれなかったら誰も助からなかったのにさあ。ひどいでしょ。

 パイロットつながりで言うと、あのロシア訛りのパイロットが死んだのもなんか可愛そうだった。彼の場合、途中で「こいつきっと死ぬな」と思わせるようなストーリーになっていたが、案の定その通り死んだのでなおさら興ざめした。

 もっとちゃぶ台返し的なことを言っちゃうと、方舟の扉を開けて外の人を入れて、これで非人道的なことをしなくて済んだ、めでたしめでたしみたいな雰囲気にしてるけど、あんたらそれ以前に人類のほとんどを見捨てたんでしょうが。喜んでる場合か?

 まあでも、そういう重いテーマを観客に突きつけちゃうと、後味が悪くなって気楽な娯楽として観れなくなっちゃうから、この監督は意図的にそういうのを避けてるんでしょうね。そもそも、人類滅亡の際に一部の人だけが助かろうとしたらどうなるか、なんていくらでも深化させられるテーマなのに、これだけ表層的に生温く仕上げられるのはある意味すごいよね。言い忘れたけど、大統領が方舟に乗らないのも、後味を悪くしないための計算づくでしょう。

 そんな感じで、いろいろ考え出すと腹が立ってくるけど、何も考えずに時間潰しで観るにはいいかも、って感じの映画でした。

 最後にトリビアをいくつか。

  • わりと気に入ったのは、終末論のおっちゃん。ああいう怪しい陰謀論をネットやラジオで流してる人は、アメリカには現実にたくさんいるわけで、変なリアリティがあった。ただ、ブログを「ダウンロード」してくれ、という台詞は変だろ。
  • そのおっちゃんが言ってた、「船に乗れるのはビル・ゲイツやロシアの富豪だけだ」みたいな台詞。字幕には訳されてないけど、英語ではルパート・マードックの名前も挙げている。悪名高いメディア王である。
  • チベットのシーンで「テンジン」という名前の坊さんがでてくるが、現在のダライ・ラマ 14 世はまたの名を「テンジン・ギャツォ」という。もっとも、チベットではテンジンというのはありふれた名前らしいが。
  • あの崩れ落ちる道の上をギリギリのタイミングで走り抜けるみたいなシーケンスは、宮崎駿のパクリじゃないかと思うんだけど、どうだろう。

追記:

 Amazon のレビューを見たら、容赦なく人が死ぬところがリアルだとか、大統領が方舟に乗らないところに感動したとかいう意見があったので、それは違う、と言っておきたい。

 まず、本当に現実の厳しさを描きたいなら、登場人物はもっとエゴむき出しの人間にすべき。大統領は誰よりも先に方舟に乗り込み、方舟の扉を開けることもせず、争いながら上ってくる醜い人間どもを「死ね死ね~」とカンダタのように蹴落として、「見ろ、人がゴミのようだ」とムスカのように言い放つべき。それでこそテーマが際立つというもの。

 でも、それをしないのが良くも悪くもエメリッヒなんだね。みんな一生懸命努力したけど、全員を助けることは無理で、残念だけどいっぱい人死んじゃった。かわいそかわいそ。でも主人公たちは助かりました。よかったよかった。みたいなのが娯楽作品だとおそらく彼は思っている。でなきゃあんな作品にしないよ。

 娯楽にシビアなテーマなどいらない。そんなものを突きつけたって、大多数の観客は理解できないし考える気もない。観客は明らかに災害や事件や不幸が起こることを期待してる。そのくせ、自分がそういう邪悪な心を持ってるとは決して思いたくない。観客とはそういう勝手な生物さ。自分はその期待に応えてるだけだよ、ときっと彼は言うだろうね。

 そういう作品をどう受け止めるかは、まあ観る人次第だよね。ぼくなんかは、馬鹿にされてるような気がして腹たってくるけどさ。

|

« ひかりTVがつまらなくなった | トップページ | ヘイフラワーとキルトシュー »

文化・芸術」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67762/48406115

この記事へのトラックバック一覧です: 「2012」感想:

« ひかりTVがつまらなくなった | トップページ | ヘイフラワーとキルトシュー »