« 現代的ミニスカート批判宣言(草稿) | トップページ | 「鳥人」と世界観の笑い(草稿) »

M1 2009 メモ

 8 回連続決勝進出の笑い飯は、ついに無冠のまま出場資格を失うことになった。審査員、特に島田紳助なんかは、本音では笑い飯に勝たせたかったのではないかと思う。そして「この瞬間をずっと待っていた」みたいな感動の台詞を言いたくてたまらなかったのではないかと思う。

 でも、だからこそ、あの程度のネタで優勝させるわけにはいかなかったということだろう。そういう意味で、審査員は見識を示した。笑い飯はファーストラウンドのネタが神がかりてきな出来だっただけに、なおさら残念な印象が際立つことになった。まあ、それも人生だと言うしかない。

 優勝したパンクブーブーは技術的に非常に完成度が高く、サンドイッチマンに似たタイプだと感じた。一方、決勝に残った笑い飯と NON STYLE はどちらも少し才気走った理屈っぽいタイプで、最近はこういうふうに技巧派が才能派を力でねじ伏せるという展開が多い。

 パンクブーブーにしろサンドイッチマンにしろ、面白いとは思うが、失礼ながらお笑いの歴史を変えるようなタイプとは思えない。そういう意味での可能性は、むしろ笑い飯や NON STYLE やまたしてもしずちゃんがガチガチだった南海キャンディーズの方に感じる。

 しかし、あれだけ真剣にやっている若者たちの前で、「ネタの出来は君たちの方がよかったけど、可能性はこいつらの方があるからこいつらを優勝にする」なんてことは誰にも言えないだろう。そういう意味で、あの決勝の出来を見れば、ぼくが審査員だったとしたってパンクブーブーに一票を入れるだろう。

 これは M-1 だけではなく、お笑い界全体の傾向でもある。技術的な平均レベルは極めて高くなっているが、かつてのダウンタウンのような時代を変えるような突出した才能が出てこない。そのため、これだけお笑い全盛にも関わらず、お笑い界にはある種の閉塞感さえ漂っている。

 ひょっとしたら、この状況を打破するためには、お笑いがいったん飽きられる必要があるのかもしれない。恵まれた時代ではなく冬の時代からしか時代を変える才能は現れないのかもしれない。もちろん、こんな予測はやっている当事者にとっては不愉快な予測だろうし、ぼく自身も当たることを望んでいるわけではまったくないのだが。

追記: よくわからんが、計算方法が年単位から月単位に変更されたとかで、笑い飯は来年も M1 に出場できるらしい。

|

« 現代的ミニスカート批判宣言(草稿) | トップページ | 「鳥人」と世界観の笑い(草稿) »

芸能・アイドル」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67762/47074197

この記事へのトラックバック一覧です: M1 2009 メモ:

» 2009年 M-1 結果(全順位)&コメント [雑貨としあわせタイム]
2009年 M-1グランプリ結果[E:sign01]1位「パンクブーブー」2位「 [続きを読む]

受信: 2009.12.21 13:17

« 現代的ミニスカート批判宣言(草稿) | トップページ | 「鳥人」と世界観の笑い(草稿) »