« 定額給付金もらうの忘れた | トップページ | ルクエ・スチームケースの謎 »

レンジでポテチ

 一念発起して電子レンジでポテトチップを作れるという製品を購入。この歳になって今更見た目を気にしてもしょーがない、という自堕落な意識に流されがちな今日この頃であったが、ぼくの知性的な文体を見てこのブログの書き手はイケメンの美男子に違いないと確信しているに違いない全世界数十億人の可憐な美女たちのことを思い出し、彼女たちの夢を壊してはいけないと心から反省したからである。

 レンジでポテチを作ると、単に調理時間が短くて済むばかりでなく、油を使わなくてよいので、低カロリーでへるしーなポテトチップになるという。これさえあれば、夜中にコンビニでついビールとポテトチップを買い込み、ポテチをつまみに一杯やりながら寝入ってしまい、昼過ぎに目が覚めて大慌てするというような惨憺たる事態もなくなることであろう。

チンしてチップス(スライサー付) RE165  Amazon.co.jp で探したところ、似たような製品が 3 種類ほど見つかった。とりあえずお試しということで、一番安いヨシカワの「チンしてチップス(スライサー付) RE165」を購入する。

 到着したパッケージに入っていたのは、大きく分ければ 2 つ。スライサーとチップスメーカーである。スライサーには鰹節削りのように鉋状の刃が埋め込まれていて、この刃にジャガイモを押し付けてスライドするだけでジャガイモの薄切りがさくさく削れる。

 チップスメーカーというのは、要するに、そのスライスしたジャガイモを垂直に立てるためのホルダー。円形の台の上に半円形の爪がたくさん立っていて、その爪の間に CD 立てのような要領でスライスしたジャガイモをはさんで立てることができる。

 使い方も極めて簡単。スライスしたジャガイモをチップスメーカーにはさんで、チップスメーカーごとレンジに入れ、5~10 分程度加熱するだけ。ジャガイモは皮付きのままでもよいので、スライスと加熱の両工程を合わせても 10 分程度で完成する。ジャガイモ料理は皮むきが微妙なストレスになるので、その点でもお手軽と言える。

 さて、肝心の出来栄えはどうか。正直言うと、ポテトチップとは名ばかりで似ても似つかぬものができることも覚悟していたのだが、予想以上にポテトチップらしいものが出来上がった。歯ごたえはサクサクというよりパリパリに近い。最近一部のコンビニで「固揚げポテトチップ」という製品を売っているが、あれに近い感じだ。もちろん、油を使っていないのだから、ポテトチップとまったく同じ味というわけにはいかないが、まったく別物でもなく、ポテトチップの代用品として十分通用すると感じた。

 もっとも、レンジで作る系の商品のご多分に漏れず、必ずしもこの商品がなくても理屈さえわかれば同じことができそうな気はする。スライスは、汎用の野菜スライサーを使ってもよいだろうし、包丁で薄切りにすることも不可能ではないだろう。問題はチップスメーカーの方で、これの代用になるような道具は確かにあまりなさそうだ。もっとも、スライスを立てておくことが仕上がりにとってどれほど重要な意味を持つのかもよくわからないのだが。

 ともあれ、値段の安さを考えれば、買って損した気分にはまったくならなかった。全世界数十億のぼくのファンの皆様にもお勧めする次第である。

|

« 定額給付金もらうの忘れた | トップページ | ルクエ・スチームケースの謎 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67762/46603386

この記事へのトラックバック一覧です: レンジでポテチ:

« 定額給付金もらうの忘れた | トップページ | ルクエ・スチームケースの謎 »