« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

9.11~アメリカを変えた102分~

 昨日は 9 月 11 日。つまり 2001 年にアメリカ同時多発テロ事件があった日だった。事件後しばらくは、毎年この日になると「9.11」を振り返るテレビ番組をやっていたものだが、その後アメリカの政治の方向性がおかしくなってイラク戦争やらが起きたという嫌な思い出を忘れたいからか、それともその後のリーマンショックの方が今となってはよっぽど重大事件だからなのか、年を経るごとにそういう番組は少なくなってきて、今年なんかも日本のテレビ局ではあまりそういう番組は見当たらなかった。

 そんな中、アメリカに本社を置く「ヒストリー・チャンネル」では、地味に「9.11 特集」をやっていて、その手の番組にはぼくも食傷気味だったのであまり期待もせずに録画したのだが、予想外に面白かった番組があった。それが「9.11~アメリカを変えた102分~」である。

 これは簡単に言えば、9.11 の日に現地にいた一般人が撮影したビデオ映像を収集してつなぎ合わせ再編集したものにすぎないが、その再編集の仕方に一つだけ仕掛けがある。それは、あらゆる映像が実際の事件の経過にあわせて時系列に並べられているということだ。しかも時間スケールの伸縮もほとんどない。

 つまり、番組開始直後には、2001 年 9 月 11 日 8:46 頃の WTC 衝突直後の映像が流れ、番組開始 1 時間後ぐらいには、9:59 頃の南棟崩落時の映像が流れ、番組開始 1 時間半後には、10:28 頃の北棟崩落時の映像が流れる、という具合になっているのだ。したがって、観ている者はまるで事件をリアルタイムで体験しているような雰囲気を味わえる。

 こうやって説明してしまうと単純な仕掛けに思えるかもしれないが、実際に観てみると意外にいろんな発見がある。現場にいた人にとっては、WTC に飛行機が突っ込んだこととだけでなく、崩落したことも驚きだったこと。だから南棟崩落以前は、多くの人が崩落を前提とせずに行動していたこと。南棟が崩落してから北棟が崩落するまでの間に救助に当たっていた消防隊員がどれだけギリギリの状況で命がけの救助をしていたかということ。南棟崩落時点で、すでに「戦争をすべきだ」というようなぶっそうな発言をしている一般人がたくさんいること。かと思うと、あれだけ緊迫した状況のなかでもとぼけたジョークを飛ばしたりしているおっさんがいること。

 解説のテッシーこと手嶋龍一氏も言っていたが、通常のドキュメンタリーでは、事件に意味付けをするために、時系列に起こった事件をなんらかの文脈に基づいて再構成する。そのようなドキュメンタリーがたくさん作られることにより、事件がいろんな角度から多角的に意味付けされることになっている。そうやってぼくらは事件の「意味」を理解したつもりになる。

 ところがこの作品でやっていることはその正反対で、すでにありとあらゆる角度から、ある意味過剰に意味づけられた 9.11 という事件を、その意味付けの文脈から切り離して単純な時系列に戻しているのである。すると不思議なことに、そのような過剰な意味付けによって逆に見え難くなっている、事件のさまざまな様相が見えてくる。そして、ぼくらが普段どれほど意味の文脈に頼ってものを見ているかということや、どんなに多角的な文脈から意味付けしても取りこぼされるものがあるということを、改めてぼくらに気づかせてくれるのである。

 ハイデガーの言葉で言えば、ぼくらは常に世界を「配慮的気遣い」を通じて認識しているため、世界は「道具的存在」のような意味を持った存在として認識される。このようななにかの目的のためにモノを見るのではなく、見ること自体を目的としてモノを見ることを可能にするのが芸術の役割の一つである、というのは例によって山崎正和氏の受け売りだが、そのような立場にたてば、この作品は正しく芸術であると言えよう。

 この番組は、今月中に後 3 回くらいヒストリー・チャンネルで再放送されるようなので、興味をお持ちの方はご覧になってみてはいかがであろうか。

 エミー賞 4 部門ノミネート作品

  • Outstanding Nonfiction Special
  • Outstanding Picture Editing For Nonfiction Programming
  • Outstanding Sound Editing For Nonfiction Programming (Single Or Multi-Camera)
  • Outstanding Sound Mixing For Nonfiction Programming

| | トラックバック (0)

夢を考えているのは誰だ

 先日おかしな夢を見た。なぜかクイズ番組に出演しているのだが、出題されるクイズが非常に面白い。あまりに面白いので、ブログのネタにしてやろうと考え始めた。つまり、夢の中なのに自分が夢を見ているということを自覚しているわけである。そしてクイズに回答しながら頭の中でブログの草稿を完成させた。これは会心の記事になるぞ、でも夢の内容は目が覚めると忘れがちだからなんとか忘れないようなしなきゃ、と思っているうちに目が覚めた。もちろんその時には、その面白いクイズの内容もブログの草稿もきれいさっぱり忘れていた。

 この夢で思い出したのが父のことである。父はコンピュータに対する理解にかなりの問題があって、Playstation の麻雀ゲームなどをやっていると、折にふれて「このゲームはインチキだ」と主張する。なぜかというと、対戦相手だけじゃなくて牌を積んだり配ったりしているのもコンピュータなのだから、コンピュータには相手の手牌も山の牌もわかっているはずだからだそうだ。父に言わせると、自分が捨てたいと思っている牌と違う牌を捨てるようにすると勝率が上がるそうである。これを聞いて思わず「お前は鉄壁保か」と言いそうになったことはここだけの話。

 これはコンピュータの仕組みをある程度知っている人なら一笑に付すような主張なのだが、知らない人の気持ちを想像してみれば、そういう発想が出てくるのもわからないこともない。要するに、コンピュータの中には人間と同じような知能を持つ機械が住んでいるというイメージなのだろう。そいつが対戦相手の役から洗牌から配牌から全部一人でやっていると。

 確かに人間の脳の場合、一人の人間の脳の中に複数の意識があって、互いに他の意識の思考や行動がわからない、なんてことはあまりない。あったとしても、それは多重人格とか呼ばれて病人扱いされてしまうわけである。

 でも考えてみると、夢の中ではまさにそういうことが起こっているわけだ。先ほど紹介した夢で言えば、クイズに回答しているのも自分だけれど、クイズを出題しているのも自分だ。にもかかわらず、回答している自分は、これは面白い問題だから忘れないようにしなきゃ、などとまるで出題している自分が他人であるかのように考えているわけである。

 とすると、逆に人間の脳をコンピュータシステムになぞらえてみると、意識や夢について理解する一助になるかも知れない(認知科学者の佐伯胖氏は、こういうのを擬人化ならぬ「擬コンピュータ化」と呼んだ)。 つまり、脳の中には「意識」を司るアプリケーションと、その「意識」と外界とのインターフェイスの役を司る OS 的なものが存在すると考えるのである。

 覚醒中は、この OS はトランスペアレントに機能しており、外界の入力をそのまま「意識」に渡し、「意識」からの出力もそのまま外界に渡している。そのため、覚醒中に「意識」が OS の存在を意識することはない。ところが睡眠中になると、この OS はトランスペアレントであることをやめ、外界とは無関係な入力を勝手に生成して「意識」に送り込みはじめる。もちろんその結果「意識」の生成した出力も横取りして外界には渡さない。

 この OS を「無意識」であると考えると、あら不思議、無意識と夢の関連を考えたフロイトの発想が自然に見えてくる。また「意識」だけが特別な理由を、「意識」だけが過去のイベントのデータベース、つまり「記憶」にアクセスできるからだ、と考えればベルグソンの発想に似てくる。もちろんフロイトやベルグソンの時代にはコンピュータなんて存在しなかったし、計算機の理論モデルも現在とは異なっていたから、彼らがそんな発想で自分の理論を考えたはずはないのだが。

 なんて妄想じみたことを書き連ねてしまったが、あくまで思いつきのアナロジーなので、良識ある読者のみなさまにおかれては、あまり本気にしないようにお願いします。でも夢についてあれこれ考えていると自己了解に近づくような気がして楽しい。

| | トラックバック (0)

坂本龍一×爆笑問題

 ついに「爆笑問題の日本の教養」に坂本龍一が登場。この番組に大学教授ではない通称「教授」が登場するのはもちろん初めてのこと。長年の教授ファンであり爆笑問題のファンでもあるぼくとしては、これを観ないわけにはいかないだろうということで、裏番組にも「人志松本の〇〇な話」とか観たい番組がたくさんあったにもかかわらず、最優先で録画する。

 実を言うと内心では、太田光が例の調子で教授に喧嘩をふっかけたらどうしよう、とまるで恋人を両親にひき会わせるときのようにドキドキしていたのだが*1、終わってみればそんなシーンはほとんどなく和気藹々と終了。

 太田光が教授にリスペクトを示してくれたのは、教授ファンのぼくとしては嬉しくもあったが、太田光ファンのぼくとしては少々物足りなく感じたのも事実。ファンなんて勝手なものである。ファン一般じゃなくてぼくが勝手なだけかもしれないが。

 番組中の教授の発言は、ぼくみたいな古参のファンはどこかで聞いたことのあるような話ばかりだったが、坂本龍一という人間について通り一遍のことしか知らない一般の方にとっては、ほどのよい紹介になっていたかもしれない。その辺は、ぼくみたいに距離感が近くなってしまうとかえって見えにくかったりする。

(*1 もちろん、教授のやっている ap bank とかを山形浩生が批判しているのを読んでいるときなんかも、同じようなドキドキを感じている。)

| | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »