« 調整がない? | トップページ | iTunes の保存先を NAS に設定すると楽曲のダウンロードができなくなることがある »

続・伝記の美化について

 NHK は伝記を美化しすぎではないか、という話を先日書いたばかりなのだが、またしても NHK を観ていて同じことを思ってしまった。そう、「クローズアップ現代」の「無頼棋士の遺した言葉」である。

 取り上げられたのは、先ごろ亡くなった囲碁棋士の藤沢秀行。知っている人も多いと思うが、この人は棋士としては偉大だったが、私生活の方は品行方正とはほど遠い人だった(その一端は Wikipedia の記事でもわかる)。

 たとえば、藤沢氏と付き合いのあった将棋棋士の米長邦雄は、こんなエピソードを書いている(前にもちらっと書いたように、ぼくはかつて米長の著書を愛読していたのだが、将棋連盟会長になって以後のこの人の言動には愛想がつきたので、あえて敬称は略す)。

 ある日の早朝、米長の家に藤沢氏が予告もなく訪ねてきた。家に入れてしまうと酒を付き合わされることは確実で、朝っぱらから酒が入ってはいろいろと差し支えると考えた米長は、仕方なく居留守をつかおうとした。すると、藤沢氏は、近所中に響き渡るような大声で叫んだ。

「お○○○ー! 米長はおるかあっ! お○○○ー!」

 世間体を考えた米長は、さすがに居留守をやめて藤沢氏を家に迎え入れざるおえなかったという。ちなみに、伏字になっているのは、沖縄では湖の名前にもなっているが関東地方では口に出すことをはばかられる例の四文字言葉であることは言うまでもない。

 藤沢氏が四文字言葉を叫ぶのは、なにもこのときに限ったことではなく、ほとんど口癖のように言っていたらしい。女性棋士が集まる部屋にあやまって闖入した藤沢氏が、「なんだ、この部屋には腐ったお○○○しかいないじゃないか」と言ったとか言わないとかいう話もある。

 もちろん、「クローズアップ現代」の放送では、こんなエピソードは何一つ紹介されていない。それ以外の品行方正とは言いがたい酒・博打・女関係の行動の数々も、冒頭で軽くほのめかされただけで、具体的には何一つ触れられなかった。そのため、番組中の藤沢氏は、囲碁道を究め弟子の育成に尽力した聖人君子のように描かれている。

 しかし、考えてみると、四文字言葉が口癖だったなんてことは、そもそも放送コードにひっかかるから、NHK では放送のしようがないのである。つまり、あまりにも品行方正からほど遠い人物は、NHK というメディアの特性として、特にそういう意図がなくても、必然的に美化せざるおえないという事情があるようなのだ。

(そう言えば、なぜダウンタウンは二人とも毒舌なのに、浜ちゃんより松ちゃんの方が憎まれるかという話を思い出した。松ちゃんが言うには、浜田の毒舌は過激すぎてそもそも放送できない。だから、オンエアではすべてカットされる。しかし、浜田の毒舌につられて言った松本の毒舌はすべて放送されてしまう。だから、オンエアでは自分ばかりが毒舌を言っているように見えてしまうのだそうだ。もちろんこれは冗談半分の説明だが、妙に筋が通っていて印象に残った。)

 しかし、これで藤沢秀行の人物像がバランスよく伝わったと言えるだろうか。もちろん、たった 30 分の番組で完全な人物像を伝えるなんて、もとより無理な話ではあるのだが、二つの極端な面のうちの片方しか伝えないのでは、デフォルメとしてもバランスを欠いているだろう。この番組の場合、対象が亡くなったばかりの一個人だからまだいいが、これがもし旧日本軍の実像とかだったら、美化しすぎという批判は免れまい。

 ぼく個人としても、藤沢秀行について最も興味があるのは、そのような両極端の性格が、どのようにして一つの人格に統合されているのだろうか、ということだ。そこにこそ、藤沢秀行という人格の秘密が隠されているはずだし、それを追求するのがドキュメンタリーというものだろう。しかし、そのようなドキュメンタリーを製作する上で、NHK というメディアは、出発点からハンデを抱えているようだ。

|

« 調整がない? | トップページ | iTunes の保存先を NAS に設定すると楽曲のダウンロードができなくなることがある »

テレビ」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67762/45587969

この記事へのトラックバック一覧です: 続・伝記の美化について:

« 調整がない? | トップページ | iTunes の保存先を NAS に設定すると楽曲のダウンロードができなくなることがある »