« TSE2009 | トップページ | award-winning はなぜ訳しにくいのか »

箱舟に乗れなかった恐竜たち

 先日偶然に発見したのだが、国際子ども図書館のウェブサイトにある絵本ギャラリーというのが楽しい。18~20 世紀の世界各地の絵本を紹介していて、それだけでも興味深いのだが、単に絵本の画像やテキストを公開しているのではなく、Adobe Shockwave Flash を活用したインタラクティブなコンテンツになっているところが特徴。まるで紙芝居屋さんのように、本文を読み上げながらページをめくってくれるし、BGM の演奏もついているし、外国語の本も日本語訳で読み上げてくれる。大人も子供も楽しめそうなウェブサイトである。

 紹介されている絵本の数は山ほどあるので、ごく一部しか鑑賞していないが、その中でぼくの偏った興味にひっかかったのが「アメリカの絵本・黄金期への幕開け」というコーナーにある「ノアの箱舟のおはなし」という絵本だ。

 子供向けの絵本の癖に、訳文の中に「賃金」「可能性」「紛争」「軋轢」「秩序」「確立」などという固い言葉が頻出するのに笑ったのはぼくの職業病に過ぎないが、中でも面白かったのは、恐竜のエピソードである。

 この絵本によれば、ノアは箱舟の中に、あらゆる種の動物をひとつがいずつ乗船させようとするのだが、恐竜だけは大きすぎて船に乗せられなかった。恐竜が今日絶滅しているのはそのせいだという。

 ぼくが通っていた幼稚園は、キリスト教の教会が経営していたので、「ノアの箱舟のおはなし」は子供のころ折にふれて聞かされた。だから、ぼくは平均的な日本人よりは多少この話に詳しいと思うのだが、こんな恐竜のエピソードは初めて聞いた。それも無理のない話で、だいたい、聖書が書かれたときには、恐竜の化石なんてまだ発見されていなかったはずだ。だから、この部分は明らかに恐竜発見後の創作なのである。

(より厳密に言うと、化石自体の存在は知られていても、それが過去の生物の身体が石化したものであることも確定していなかったし、ましてや、恐竜という現存しない生物のものであるとも特定されていなかった。)

 そもそも、ノアに箱舟の作り方を教えたのは神様であり、動物を乗せろと指示したのも神様なのだから、この解釈だと、全知全能の神様が明らかにミスをしたということになってしまうと思うのだが、そういうソフィスト的なツッコミは別にしても、この部分の記述は現代人から見るといろいろと興味深い。

 この絵本が出版されたのは 1905 年。ダーウィンが「種の起源」を発表したのが 1859 年、ワトソンとクリックによる DNA 構造の発見は 1953 年であるから、この絵本が出版されたのは、ちょうど、進化論が各方面に議論を巻き起こしていたが、まだ完全には認められていなかった頃だろう。この絵本の説明は、進化論に頼らずに恐竜の存在や絶滅を説明する方法として、キリスト教徒が考えた解釈の一つらしい。

 そう言えば、この絵本の冒頭近くにも、箱舟の建造に携わっていた労働者が賃金の値上げを求めてストライキを起こした、なんていう記述があり、当時のキリスト教保守派の人たちの共産主義や社会主義に対する反感がそこはかとなく詠みこまれているように感じる。そんなこんなで、子供向けの絵本のくせに、いろいろと当時の世相を感じさせてくれる本なのである。

 もっとも、いわゆる創造論者の中には、今でもこういう議論をしている方々が珍しくないらしい。たとえば、創造論者が創造論的にいろんな質問に答えてくれる Answers in Genesis というサイトがあるが、ここでも "Were Dinosaurs on Noah’s Ark?" (ノアの箱舟には恐竜は乗っていたの?)という質問は現役だ。こういうのを読むと、キリスト教徒の、あらゆる物事をちゃんと教義に照らして論理的に説明しようとする執念はすごいなと思ってしまう。

 そう言えば、最近ナショナル・ジオグラフィック・チャンネルでやっている「聖書の謎」「聖書の謎2」というシリーズにも、ノアの箱舟の「遺跡」を発見することや、モーセのエクソダスで海が割れた原因を科学的に説明することに執念を燃やす奇特な方々がたくさん出てきて、ぼくなんかは半分飽きれながらも毎回興味深く観ている。ぼくみたいな無神論者の日本人は、「宗教と科学は別物なんだから、そんな細かいことどーでもいーじゃん」みたいな感覚になりがちだが、彼らはもっと真剣なのである。

 ぼくは、民族性とか国民性に関する通俗的な説には懐疑的な方だが、こういうのを観ると、彼等のなんでも論理的に説明しようとする執念はやっぱり日本人にはないなあ、と感じてしまうのも事実なのである。

(ただ一言だけ言わせていただくなら、最近の創造論者のように、聖書のテキスト一字一句にこだわるという態度は、もともと破綻の可能性を秘めている。仮に、神やキリストの存在を認めたとしても、聖書そのものは神ではなく人間が書いたものだから、間違っている可能性があるし、仮に聖書が神の意思を忠実に反映していたとしても、何が正しい聖書であるかも、ニカイア公会議とかで人間が決めているのだから、その選択だって間違っている可能性がある。だから、いくら原典・テキスト忠実主義をとったとしても、人間の意志の介在を完全に排除することはできないのである。このへんについて彼らがどう考えているのか、ちょっと聞いてみたい気がする。)

|

« TSE2009 | トップページ | award-winning はなぜ訳しにくいのか »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67762/45754127

この記事へのトラックバック一覧です: 箱舟に乗れなかった恐竜たち:

« TSE2009 | トップページ | award-winning はなぜ訳しにくいのか »