« iTunes の保存先を NAS に設定すると楽曲のダウンロードができなくなることがある | トップページ | 近代口語文体の歴史年表 »

髭のない世界

 仕事にかまけて伸ばしっぱなしだった無精髭を剃りながら、ふと考えた。なぜ人間にはこんなものが生えるのだろう。これは実は何かの病気だったんじゃないのか。今でこそ、男性のほどんどがこの病気にかかるようになったから誰も驚かないが、歴史上初めてこの「髭」という病気にかかった人間は、さぞや驚いたに違いない。。。

  • 「ちょっと貴史、顔どうしたの? 口のまわりにゴマ塩みたいなものがいっぱいくっついてるよ。」
  • 「え? どれどれ…うわっ、なんだこれ? (あわてて洗い落とそうとする)あれっ? とれない。とれないぞ。あ! これは毛だ! 顔から毛が生えてる! オレの顔、どうなっちゃったんだ?」

  • 「貴史くん。まだマスクしてるのね。風邪治らないの?」
  • 「う、うん。なんかたちの悪い風邪らしくて。」
  • 「なんかガーゼの間から黒いものが見えるけど。」
  • 「こ、これは、食事してたらゴマ塩がくっついちゃったんだよ。オレ不器用だから。」
  • 「なんだ、そうだったの。お大事にね。」
  • (どうしよう。顔から毛が生えたと思ったら、それが成長しだして、日に日に長くなってる。このままじゃマスクでも隠し切れなくなるぞ。こんな毛だらけの顔を典子ちゃんに見られたら、ぜったいに嫌われる。いや、それどころじゃないぞ。きっとみんなから怪物扱いされてイジメられる。どうしよう…)

  • 「先生、お願いです。なんとかしてください。」
  • 「しかし、調べたところ、この毛の組織は他の体毛と変わらないようだ。つまり、頭や股間に生えるべきものが、たまたま顔に生えてしまっただけとも言える。しかも、他に身体に不都合はないのだろう? ということは、これは必ずしも病気とは言えないのではないだろうか。」
  • 「何言ってるんですか。不都合はおお有りです。こんな顔じゃイジメられるし、一生結婚もできないに決まってます。」
  • 「それだって、他の人間がたまたま顔に毛が生えていないというだけのことじゃないか。自分と違うからと言って他人を蔑むのは、悪しき偏見であり差別だ。だから君が悪いんじゃない。もっと自分に誇りを持ちたまえ。」
  • 「でもこんな顔いやです。」
  • 「しょうがないなあ。そうだ、剃刀で毛を剃ってみたらどうだ。この成長速度なら、1日1回剃れば、そんなに目立たないと思うが。」

  • 「やーい、毛人間!」「化物!」「怪物!」「怪物でもいっちょまえに彼女がいるのかあ?」
  • 「気にすることないよ、貴史くん。ちゃんと剃ってれば、ぜんぜん気にならないもの。」
  • 「でも、それはしょせん、見た目をごまかしてるだけのことだよ。ぼくは典子ちゃんや他のみんなと同じ人間じゃない。怪物なんだ。」
  • 「そんな悲しいこと言わないでよ。貴史くんは貴史くんじゃないの。」
  • 「でも、もしぼくの子供ができたら、その子供もこんな怪物になるかもしれないんだよ。典子ちゃんはそれでもぼくと結婚してくれるかい?」
  • 「………」
  • 「もういい。死んでやるっ!」
  • 「あ、貴史くん! 誰かきてーっ!」 

  • 「いやー、ごめんごめん貴史。お前のこと怪物扱いしたけど、考えてみたら、顔に毛が生えてるだけのことじゃないか。」
  • 「そうそう。オレも最初は気持ち悪かったけど、慣れてきたら気に入っちゃって。最近は剃り方を工夫するのがマイブームになってるよ。」
  • 「オレもだよ。見てくれ。この鼻の下の毛だけ残して、後は全部剃るってのはどうだい?」
  • 「うーん、なんか偉そうだなあ。演説で大衆を扇動し、戦争に駆り立てる政治家みたいな顔に見えるぞ。」
  • 「なんだそりゃ。見た目だけで人のこと決め付けるなよ。」
  • 「あはははは…」
  • 「あはははは…」

 この話を作品化したい方は、事前にご一報ください。ロイヤリティなどはご相談に応じさせていただきます。

|

« iTunes の保存先を NAS に設定すると楽曲のダウンロードができなくなることがある | トップページ | 近代口語文体の歴史年表 »

心と体」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67762/45681710

この記事へのトラックバック一覧です: 髭のない世界:

« iTunes の保存先を NAS に設定すると楽曲のダウンロードができなくなることがある | トップページ | 近代口語文体の歴史年表 »