« 細野晴臣はエレクトロニカを予見していた | トップページ | 野球の短期決戦におけるリスクとリターンのトレードオフ »

lowercase はうるさい

 前回紹介した 12k レーベルのアーティストの中でも、ある意味もっとも突出した作風を持つのは、リチャード・シャルティエ(Richard Chartier)であろう。シャルティエのスタイルは、lowercase とか micorosound とか呼ばれている。音量の極めて小さい音を確信犯的に使うスタイルである。まあ、口で説明するより、下記のウェブサイトのサンプルを聴いてもらった方がてっとり早いだろう。

 これはもちろん、デジタル技術なしではあり得なかったスタイルだ。アナログレコードやカセットテープだったら、こんな音はダストノイズやヒスノイズに埋もれてしまう。だいたい、ノイズを相対的に抑制するために、ダイナミックレンジぎりぎりのレベルで録音するというのが一般的な録音テクニックなのに、そのルールに完全に逆らっている。もしアナログの時代にこんな作品を市場に出していたら、「金返せ」という苦情が殺到したに違いない。デジタルですら無問題とはいえなくて、たとえば、この Of Surfaces という曲のサンプルなんか、 少なくともぼくには、いくら集中して聴いても何も聴こえない。だからきっと、ウェブサイトに苦情を送った人もいるに違いない。

 では、このスタイルが一般人には理解できない超難解なスタイルかというと、必ずしもそうは感じない。この細かいノイズの変化は意外と官能的なものを感じさせたりして魅力的なのである。特に、ヘッドフォンなんかで聴いていると、結構夢中になって聴いてしまう。

 逆に、スピーカーで聴いていると、トラックに記録された音よりも、周囲の音の方が気になってくるという効果もある。PC の冷却ファンの音、HDD のモーター音、エアコンの音、冷蔵庫の音、窓外の人や車の音のような、普段は背景化されている音が、突然に前景化されて注意をひくようになるのだ。

 伝統的な西洋音楽は、楽音とノイズの二分法の上に成り立っていた。楽音は前景化、ノイズは背景化されやすい音であった。そして、楽音以外の背景音は、単なる邪魔者として扱われていた。lowercase は、ノイズに強制的に注意を向けさせることで、背景音を前景化させる。と同時に、ノイズを「無音」から切り離し、間接的に真の「無音」を意識させることにも成功している。そういう意味で、シャルティエの音楽は、ジョン・ケージの 4 分 33 秒の思想を引き継いでいるとも言えるだろう。

 ただ、シャルティエの作品は、仕事中に聴くのには向かない。なぜかというと、聞き流すことができないからだ。シャルティエの曲を他の曲と一緒にプレイリストに入れて聴いていると、シャルティエの曲が始まったとたん、集中力がすべて曲の方に持って行かれてしまうのだ。そういう意味で、lowercase や microsound は、音量は極めて小さいにもかかわらず、なまじっかなハード・ロックなどより、はるかに「うるさい」音楽なのである。

|

« 細野晴臣はエレクトロニカを予見していた | トップページ | 野球の短期決戦におけるリスクとリターンのトレードオフ »

音楽」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67762/42461097

この記事へのトラックバック一覧です: lowercase はうるさい:

« 細野晴臣はエレクトロニカを予見していた | トップページ | 野球の短期決戦におけるリスクとリターンのトレードオフ »