« HSB の色調整を LUT だけで処理する方法 | トップページ | おふくろの味 »

Google マップのストリート・ビュー日本版

 Google マップのストリート・ビューというのは、道路沿いの景色をバーチャル・リアリティ風に表示できる機能。実際にその道を歩いているような感覚が体験できて面白いのだが、これまではアメリカやヨーロッパのデータしか入っていなかった。そこにやっと、東京や大阪近辺のデータが追加されたらしい。

 もちろん、有名なランドマークや観光地を表示したりもできるし、自分の親戚や友達の家や昔通ってた学校や会社などが表示できると、よく知ってる景色であるにも関わらず、なんか得体の知れない感動がある(^^)。

 ただ、軽自動車一台がやっと通れるような細い道まで入力してるかと思えば、東京アクアラインのような有名な道が途中までしか入力されてなかったりして、データにかなりバラツキがあるようだ。使われてる写真も季節や天候や時刻がバラバラで、交差点まで来ると、それまで冬景色だったのが突然夏の景色になったりするのもおかしい(^^)。観光地なんかはわりと天気のいい日に写真を撮るようにしてるみたいだけど、うちのそばの狭い道とかは、平気でどんよりした日ばかりに写真を撮ってたりする(^^)。

|

« HSB の色調整を LUT だけで処理する方法 | トップページ | おふくろの味 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67762/42079443

この記事へのトラックバック一覧です: Google マップのストリート・ビュー日本版:

« HSB の色調整を LUT だけで処理する方法 | トップページ | おふくろの味 »