« 涼宮ハルヒは叙述トリックだった | トップページ | NHK に「マイロンサムカウボーイ」が(^^) »

イロモネアの統計学

 イロモネアってけっこう運不運があるんじゃないかと思って、いろいろ計算してみた結果。解説はまたいずれ。

イロモネアの確率密度.jpg

イロモネアの累積分布.jpg

 3 人だと平均が 80%。もっとも運のよい 1 割は 50% 弱、もっとも運の悪い 1 割は 95% 以上。

(言い換えれば、会場全体の半分を笑わせればクリアできる人が 10 人に 1 人、会場全体の 9 割以上を笑わせないとクリアできない人も  10 人に 1 人はいるということ。)

 5 人だと平均が 85%。もっとも運のよい 1 割は 65%、もっとも運の悪い 1 割は 98% 以上。

 ざっとそのぐらいの幅があるらしい。

 上では正規分布を仮定しているが、実はこの最後の関係は分布に依存しない。つまり、面白さをどう数量化しようともこの結論には影響はない。その一般的な関係はこうなる。

イロモネアの運.jpg

|

« 涼宮ハルヒは叙述トリックだった | トップページ | NHK に「マイロンサムカウボーイ」が(^^) »

テレビ」カテゴリの記事

数学」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67762/41748124

この記事へのトラックバック一覧です: イロモネアの統計学:

« 涼宮ハルヒは叙述トリックだった | トップページ | NHK に「マイロンサムカウボーイ」が(^^) »