« 成果主義と雇用流動化は正反対の思想 | トップページ | 子供のころに好きだった絵本 »

mixi コミュのレベル低下がひどい

 よっぽど mixi に直接書こうかと思ったのだが、熟慮の末こっちに書くことにする(このブログはどうせ mixi にも自動的に引用されるし)。実は、mixi では、翻訳関係のコミュニティにいくつか加入しているのだが、久しぶりにチェックしたら、投稿の質が呆れるほど低下していたのでちょっと驚いた。

 もちろん、こういう英文がわかりませんというような質問をするのは全然かまわない。誰にだってわからないことはあるし、誰だって昔は無知だった。ぼくだって、そういう人たちがお互いに助け合うことこそがああいうコミュニティの存在意義だと思う。

 ただ問題は、その質問の仕方だ。と言っても、もちろん、敬語を使えとかそんなくだらないことを言いたいわけでもない。いや、そういう質問は概して、言葉遣いだけはバカ丁寧だ。

 そうではなくて、最近の質問には、「教えてください」という以外の説明がなにもないのだ。そもそも、どこから採集した英文なのか、なぜその英文を訳さなくてはならないのか、具体的にどこがわからないのか、そういう情報を一切提示しないのである。

 あなたなら、こういう質問によろこんで回答する気になりますか?

 まず、どこから採集した英文なのかがわからなければ、文脈がわからないから適切な訳文を提示しにくい。翻訳関係のコミュに加入している者が、なぜそのくらいのことに気づかないのか?

 また、なぜその英文を訳さなくてはならないのかがわからなければ、協力すべきなのかどうかの判断ができない。極端な話、学校の課題みたいなものだったら、協力すること自体が悪事に加担していることになってしまう。それでなくったって、普通の日本人は英文を訳せないからといって生活に困ることなどないのだから、他人様に助けてほしいのだったら、その理由を説明するのが当然であろう。

 だいたい、翻訳家が集まっているコミュに来て、英文をタダで訳してくれと頼むというのは、商売物をタダでくれと言ってるのと一緒なのである。そういう望みが受け入れられるためには、何か特別な理由が必要だ。たとえば、本人が例外的な窮状にあるとか、公共性の高い目的があるとか。そうでなければ、普段ぼくらの翻訳に対して高い金を払ってくれているクライアントに対する裏切りになってしまうではないか。

 質問者が翻訳家同士の場合には、相互扶助になるからこそ対価を払わないことが許されるのである。ここで相手を助けておけば、将来自分が困ったときには相手に助けてもらえるかもしれない。そういう「困ったときはお互い様」という互恵的な関係にあるからこそ、タダで教えあうという関係が成立するのだ。

 そして、この話にも関係してくるが、具体的にどこがわからないのかの説明がなければ、相手にどの程度の熱意と知識があるのか判定できない。極端な話、英語の知識もなければ今後勉強する気すらなくて、インターネット上の翻訳ソフトで翻訳してうまく訳せなかったところだけを質問している可能性すらある。そんな人に答えだけ教えたって、相互扶助の関係になりますか? 一方的に利用されるだけで終わりですよね。だったら、正当な対価を払ってくださいという話になるんじゃないですか?

 先日も、この手の質問に遭遇したぼくは、試しにヒントだけコメントしてみた。それだって、非常にレベルの低いヒントで、このヒントでわからないんだったら、翻訳家志望なんてやめなさいぐらいのレベルの低いヒントだし、こっちからすれば、ヒントをもらえるだけありがたく思えという感じなのだが、返ってきたのは、「もっと完全に訳せないと困るんです」(何が困るの?)というような答え。

 もうこの時点ですでにぼくは嫌な予感がしていたのだが、ひょっとすると、極めて表現能力が貧困なだけで根はいい人なのかもしれないと精一杯善意に解釈して、「具体的にどこがわからないんですか?」と聞いてみた。すると返ってきたのは「全体的によくわかりません。やばいです」(だから何がヤバイの?)という呆れた答え。

 はっきり言うが、少しでも英語に興味があってわからないなりにも自分で努力した人だったら、「全体的にわかりません」なんていう答えはあり得ない。ぼくは他人の無知には相当甘い方の人間だと思うが、ここまでやる気のなさをあからさまに表すのが当然のように言われたんではお話にならない。

 ここで完全に相手を見放したぼくは、「ぼくは普段ワード単価○○円で翻訳を引き受けています。この英文は○○ワードなので、○○円前払いで送ってくれれば、翻訳を納品します。」(「前払いで」と書いたのはもちろんワザとである。本当に注文が来たりしたらうっとおしいもんね(^^))とコメントしておいた。それに対する返事はなかったが、さらに呆れたことに、数日すると、このトピック自体が消えていた。

 だいたい、コミュにコメントが書き込まれるのは、必ずしもトピ主だけのためではない。いろんな回答も含めた議論がコミュ全体の財産になるだろうと思うからこそ、みんな貴重な時間を割いて回答しているのである。それを本人だけの都合で勝手に消したりするというのも、コミュニティの存在意義自体を理解していないとしか思えない。

(もっとも、コミュ上で商売の勧誘をしていると思われて、規約違反で消されてしまった可能性もあるが、だとすれば、コミュの管理人もあまりにもレベルが低いと思う。こんなに明々白々にイヤミであることがわかるように書いているのにさ(^^)。現に、そのコメントを読んだ人から「私がずっと言いたかったことを言ってくれてありがとうございます!」という共感のお便りまで来たので、ぼくの独りよがりではないと思う(^^)。)

 久しぶりに戻って来たコミュで、そういうことを立て続けに経験したぼくは、はじめて、なぜ他の人がちっともコメントをしなくなったのかに気づいたのだった。おそらく、あまりにもこういう人が多いために、マトモな人はバカバカしくなってみんなコメントするのをやめてしまったのだろう。

 これはある意味、ロングテールの搾取であって、確信犯的にやっている可能性もあると思う。昔雑誌とかによく載っていた、通信販売と同じ手口だ。ああいうのは、騙される率は低くても、非常にたくさんの人の目に触れさせて、分母を極端に大きくすれば、それでも利益を出すために十分の人が騙されるという手法だろう。

 昔は、そういう手法は、マスメディアを利用しなければできなかったのだが、インターネット時代の今では普通の個人がほとんどコストをかけずにできてしまう。つまり、たとえどんなずうずうしい要求でも、非常にたくさんの人に要求すれば、一人くらいはお人好しがいて答えてくれるかもしれないというわけだ。

 もちろん、ぼくだって他人のことをそういう風に決め付けるのは決して好きではないし、中にはマトモな人もいるに違いないと思う。だからこそ、本気で勉強する気のある人や同情すべき事情のある人は、自分からもっとちゃんと状況を説明してほしいと思うのだ。でなければ、上に書いたようなことを疑われても仕方がないよ。本人が説明しないのに自分からいちいち事情を聞きだそうとしてくれるほどヒマな人はそうそう多くはないのだから。

(っていうか、なんでこんなことイチイチ説明せにゃならんのですか。。。)

|

« 成果主義と雇用流動化は正反対の思想 | トップページ | 子供のころに好きだった絵本 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

翻訳」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67762/41479217

この記事へのトラックバック一覧です: mixi コミュのレベル低下がひどい:

» # まあ、それが mixi クォリティかと [禿頭帽子屋の独語妄言 side A]
とある翻訳者さんが嘆いていらっしゃるが、 リンク: Studio RAIN's [続きを読む]

受信: 2008.06.09 11:34

« 成果主義と雇用流動化は正反対の思想 | トップページ | 子供のころに好きだった絵本 »