« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

もちろん自殺した本人が一番悪い

 自殺で誰が一番悪いかと言ったら、自殺した本人が一番悪い。尊敬する松本人志大先生に怒られたからというわけでは勿論ないが(^^)、最近の自殺事件に対するネット界の反応を見て、やっぱりこれは書いとくべきだと思った。これが大原則であって、前に書いたあれやこれやも、すべてこの前提を踏まえた先の話だ。それを忘れないでほしい。

 どうも最近は他人の文章を読んでもあまり想像力を働かせてくれない人が多いようなので、少しくどいたとえ話をする。たとえば、前回恥を忍んで自分の同僚が自殺した話を告白した。ひょっとして自分が彼女を助けられたかも、と考えてしまうということも書いた。

 しかし、冷静に考えれば、たとえタイムマシンで自殺の前の時間に戻れたとしても、おそらくぼくには彼女の自殺は防げないだろう。もちろん、自殺の現場で待ち伏せをしていて止めれば止められるだろうが、それはそういうタイミングを利用しているだけであって、単にいつか自殺するかもしれないことしか知らなければ、おそらく止めるのは難しいだろう。

 話の都合上ここから突然フィクションになるが(^^)、仮に、彼女がぼくに好意を持っていたとしよう。そしてなおかつ、ぼくには彼女が自殺するという予感があったとしよう。あなただったら、彼女の自殺を止めるためだけに彼女と付き合うだろうか? もちろん、まっとうな人間だったら、そんな不誠実なことできないだろうし、本当に好きでなかったら、そんなことしたって無駄だよね。かと言って、別に冷たくしてるわけでもないとすれば、好きでもないのに、突然過剰に優しくするのも変だよね(^^)。

 あるいは、あなたが誰かにお金を貸していたとする。そいつが期日になっても金を返さないので、きつく取立てようとしたら、そいつが「金を返せないので自殺します」とか言ったとしよう。あなたは、じゃあ返さなくていいよ、と言うだろうか?

 もちろんその答えは、貸した金の金額、あなた自身の経済的余裕、その相手との関係、いろんなものに依存するだろう。しかし、一般論としては、そう言われたからって簡単に借金の返済を免除する人はあまりいないだろうし、それで本当に相手が自殺したとしても、(違法な取立てとかをしていない限り)自分が悪いと真剣に思う人もそんなにいないだろう。

 結局、マトモな人間なら、わざわざ他人を自殺させようとして行動しているはずはないのであって、相手が自殺しようとしまいと、もともとその人なりのルールや倫理の範囲で行動しているはずなのである。したがって、常識的に考えれば、行動をそう簡単に大きく「改善」できるはずがないのだ。ああしておけばよかった、というのは、多くの場合結果論なのである。

 もちろん、可能性だけで言うなら、もっと影響力のある人間になれとか、借金を踏み倒されてもいいぐらいの経済力や度量を持てとか、そもそも貧乏人のいない社会を作ればいいんだとか、いくらでも言えるだろう。身近な人の自殺を経験した人が、自分の意思でそういう道を志すのもいいことだ。でも、それを万人に対して要求できるだろうか。他人に対してそういう過大な要求をする資格のある人間がどれほどいるか。冷静に考えればわかるはずである。

 つまるところ、自殺をしないということは、社会の基本ルールに組み込まれていて、多くの人はそれを前提にして生きている。自殺というのは、第一義的には、そのルールに対する裏切りという意味で罪なのだ。

 自殺の責任は、特に犯罪行為とか極端にアンモラルな行為とかがない限りは、まず本人。周囲の人や社会の責任はその次である。仮に自殺した人が誰かにイジメられていたとしても、それは自殺したから悪なのではなくて、イジメという行為自体がもともと悪なのであり、自殺したかしないかは結果論にすぎない。でなかったら、自殺しない奴はイジメてもいいことになってしまうではないか。

 前に社会全体に責任があるともとれるようなことを書いたのは、あくまで、この原則を踏まえた上で、それを超越したレベルの話として書いたことだ。その動機としては、最近の世の中が、あまりにも「悪者探し」や「悪者叩き」に急ぎすぎることに対する警戒心があった。安易に他人のせいにして安心するよりも、まず自分にできることは何かと考えて、自分の向上心の動機付けにした方が、世の中よくなるんじゃないの、と言いたかったわけだ。

(これを書いていて突然思いついたのだが、もっと現実的な「対策」として、成人に健康診断を義務付けるように、年に1回ぐらいメンタルヘルスの診断を義務付けるという方法もあるのではないかと思った。(^^))

 だから、ああいう言説が逆に、自殺した人の周囲を安易に叩くための言説として利用されたりするのは、ぼくにとっては不本意だ。もちろん、自分の周辺の人間が自殺したのに、そのことに何の思いも馳せないような人間は好きになれない。しかし、そういうことは、一人一人が自分の倫理観に照らして考えればよいのであって、赤の他人が安易に言うことではないと思う。

 自殺の話に限らず、最近のネット上の文章は、一見すると正義感で書いてるように見えて、実は、自分の自尊心を満たしたいとか、他人をバッシングしてカタルシスを得たいとか、そういう動機で書かれているものが多いような気がする。もちろん、別にどんな動機で書いても、書かれている内容が正論であればよいのだが、そういう文章は、強引な断定をテンションで無理やり押し切るような文章になりがちである。それが当たり前だと思うのは、ある種の倫理的退廃だと思う。

 もちろん、ぼくだって半分以上は自分のために書いているわけだが(^^)、だからこそ、あんまり偉そうになったり断定的になったりしすぎないように、一応工夫して書いているつもりである。でも、最近の若い子には、あんまりそういう配慮とかも全然伝わっていないような気がしてきて、ちょっと気持ちが萎えているところなんである(^^)。

| | トラックバック (0)

YMO と初音ミク

 しばらく忘れていた初音ミク関係、久々にチェックしてみたら、YMO のコピーが大量に生産されていて驚いた。しかも質が半端でなく高い。YMO の曲のほとんどは、誇張でもなんでもなく数千回は聴いていて、そんじょそこらのプロのカバーバージョンなんか聴いても「やっぱりオリジナルの方がいいね」とか思ってしまうぼくが言うのだから間違いない(^^)。

 もともと YMO というのはインストで売り出したバンドで、お世辞にも上手なボーカリストがいるわけではなく、その分歌唱力に依存しない曲が多い。それが初音ミクとの相性のよさにつながっているのかも知れない。

 特に感心したのが、この「CUE」と「ロータスラブ」の 2 曲。

 この 2 曲は、オリジナルを数千回は聴いているぼくでさえ、改めて聴きたくなってしまう魅力がある。それほど初音ミクの非人称的な歌声が「生きて」いる。

 実は、「CUE」という曲は YMO の曲の中ではそれほど好きな方ではなかったのだが、ぼくはこの初音ミクバージョンを聴いて、冗談でなく初めてこの曲のよさがわかった(ニコニコ動画のコメントにも同じような感想があるが、さもありなんと思う)。

 多分、どちらも作曲が細野さん(「CUE」は+ユキヒロ)なので、細野さんの書く動きの少ないシブいメロディが初音ミクの歌唱法に合っているのだろうと思う。

(英語の発音がカタカナ英語になっているのは、初音ミクのボーカロイドの仕様上仕方のないことなのだろうが、こうなると英語版がほしくなってくるのも事実だ。)

 ぼくは、前にまだ作品数のそれほど多くない段階でも初音ミクを擁護する記事を書いたことがあるのだが、これだけ完成度の高いものを聴いてしまうと、いよいよ初音ミクの可能性を認めざるおえなくなった。少なくとも、これらの曲で聴ける初音ミクの歌声は、人間の代わりでもなければ、機械性を強調したロボットボイスでもない。独自の存在感を持った第三の存在だ。

(なお、別の動画サイトでも同じものが聴けるようだが、ここでは JASRAC と包括契約しているニコ動のリンクを張らせていただいた。)

| | トラックバック (0)

数え方の辞典

  数詞に「助数詞」をつけるというのは、英和翻訳に必須のテクニックだ。「助数詞」というのは、数を表す言葉の後に付加する「つ」「個」「匹」「羽」などのこと。英語には基本的に助数詞がないので、ビギナーは英和翻訳のときに助数詞をつけるのを忘れがちだし、忘れないにしても、前に来る言葉を無視してなんでも「個」にしてしまうといったミスをしがちだ。

 いや、他人のことばかりは言えない。一応プロを自称しているぼくだって、助数詞の選択が重要だということは重々承知していても、とっさに適切な助数詞を思い出せないことはよくある。だから、助数詞を調べるための辞典のようなものがあればよいな、ということはかねてから思っていた。

 そんなわけで、インターネットで偶然「数え方の辞典」という本の存在を知ったときには、ほとんど悩むことなく注文した。

数え方の辞典  内容は、普通の辞書と同じような感じで名詞があいうえお順に記載されていて、特定の名詞を引くと、その名詞にふさわしい助数詞がわかるという方式。たとえば、「ビル」を引くと、

数えるもの 数え方 数え方のポイント
ビル 棟、軒、本 小規模なものは「軒」で数えます。超高層ビルなど、遠くから見ると細長く見えるものは「本」でも数えます。→建物


のような記載がある。この部分が約 300 ページぐらいあって、かなり多くの単語(4600 語)に対応する助数詞が、機械的に検索するだけでわかる、というのがこの本のいいところだろう。

 さらに巻末には、「助数詞・単位一覧」というのがあって、各助数詞ごとにさらに細かい説明がある。たとえば、「棟」だったら、

とう[棟] 1.「棟」は、家の頂上を通す棟木を表し、建物や家屋を数えます。「むね」とも読みます。人が生活していない離れの小屋(手洗い所・書庫・物置)や車庫なども数えます。→棟 →軒

 のような記載がある。この部分が約 100 ページあって、たいていの助数詞はここに載っているので、自分の選んだ助数詞が適切かどうかを調べるのにも利用できる。

 著者の飯田朝子氏は、助数詞の研究がご専門らしく、ホームページでも「数え方クイズ」などを公開している。監修はかの町田健氏だが、こちらは知っている方も多いだろう。ぼくも生成文法の解説本などでお世話になったことがある。

 たぶん、この本から一番恩恵を受けられるのは翻訳者ではないかと想像するが、一般の方が文章を書く際にも役立つのではないだろうか。そういえば、本業ネタを書いたのがずいぶん久しぶりだということに今気がついた(^^)。

| | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »