« Top albums music quilt | トップページ | Ballads for the Atomic Age »

yanokami

yanokami  エレクトロニカの鬼才レイ・ハラカミが、御大矢野顕子と組んで作ったユニット yanokami のアルバム「yanokami 」を、遅まきながら入手。

 もともとぼくがハラカミさんに注目したのは、日立の CM でかかっていた小坂明子の「あなた」の斬新なアレンジからだった。だから、彼が、エレクトロニカだけでなく、歌モノをアレンジする際にも特異なセンスを発揮することは知っていた。

 一方の矢野アッコちゃんも、ジャズの素養をベースにしたピアノで、既存のポップスを再解釈することを得意としているので、この二人が協力すればどんなものができるか、想像するだけで期待に胸が高鳴るというものだ。

 聴いてみた結果は、ほぼ期待通りだった。曲自体は、基本的に、アッコちゃん自身の曲や、アッコちゃんが好んでカバーする細野(晴臣)さんなんかの曲のカバーで、バッキングトラックをハラカミさんが作って、そこにアッコちゃんが唄とピアノをのっけるという形。

 したがって、どれもよく知っている曲ばかりのはずなのだが、驚いたことに、まったく違う曲に聴こえてしまうのである。つまり、それほどユニークな和声感覚によるリハーモナイズが成されているということで、鬼才レイ・ハラカミの面目躍如だと言える。

 しかもすごいのは、 それが難解な前衛作品になっているわけではなく、ポップスとして成立しているところである。もちろん、そんなコードに合わせて平然とピアノを弾き唄を歌うというのも、アッコちゃんだからこそできる技であることも忘れてはならないが。

 ぼくもそれなりにたくさんポップスを聴いてきた人間なのだが、少なくともぼくは、こんな歌モノのポップスを今まで聴いたことがなくて、これはある意味革命的な作品だと思うのだが、エレクトロニカから音楽に入ったような最近の子だと、ワリとふつーに聴けてしまって、あろうことか物足りなく思う子すらいるらしい(まあ、別段に悪いことではないが(^^))。

 確かに、ハラカミさんの仕事をずっと追ってきた人間から見れば、それほど突出した作品ではなく、想定の範囲内とも言えるのだが、歌モノポップスの歴史というものも考え合わせると、やはり見逃せないエポック・メーキングな作品だと言えるのではないだろうか。

 そんなわけで、このアルバムは、エレクトロニカが好きな人よりも、歌モノのポップスが好きで、しかも、最近個性的な作品に出会えなくて物足りないと思っている人にお勧めした方がよいかもしれない。歌モノポップスという概念が確実に進化しつつあることを実感できる一枚になるはずである。

|

« Top albums music quilt | トップページ | Ballads for the Atomic Age »

文化・芸術」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67762/17090126

この記事へのトラックバック一覧です: yanokami:

» [小坂明子]私の人生に足跡をつけた音楽 [MUSICSHELF:最新プレイリスト]
あの200万枚の大ヒット曲「あなた」から35年。まだ高校生だった少女の人生はこの1曲で変えられてしまった。その後、作曲家・編曲家として2,000曲以上を世に送り出し、ついに2006年、23年ぶりのオリジナル・アルバム『Pianish』をリリースし活動を再開。そんな小坂明子のヒストリーをここでご紹介!... [続きを読む]

受信: 2007.11.28 20:24

« Top albums music quilt | トップページ | Ballads for the Atomic Age »