« KAOSSILATOR | トップページ | 野球は純文学化するかも? »

「アーティストを並べ替え」の困った仕様

     ぼくは、iTune に曲をとりこんだ時に、iTune 上でその曲のアーティスト名を勝手に編集してしまうことがよくあるのだが、最近、これが原因で問題が発生して、少し困っている。

     ご存知のように、iTunes では、CD を挿入すると、曲名やアーティスト名などの情報をインターネットから自動的に取得するようになっていて、その曲を iTunes 上で mp3 化しても、その情報はそのまま引き継がれようになっている。また、iTMS からダウンロードした曲には、曲名やアーティスト名などの情報が最初からファイルに設定されている。

     したがって、本来 iTunes では、ユーザーがわざわざ曲名やアーティスト名を入力する必要はほとんどない。ただ、このように自動で設定された情報をそのまま使っていると、iTunes のブラウザで特定のアーティストの曲だけを選択したときや、スマートプレイリストなどを作成したときに、必ずしも自分の意図どおりの曲が入ってこないことがある。

     たとえば、安田成美の「風の谷のナウシカ」は、ぼくにとっては細野晴臣の曲なので、「[アーティスト] が [である] [細野晴臣]」というスマートプレイリストに入ってほしい。また、HASYMO と YMO とか、半野喜弘と Radiq のように、実質的には同じアーティストなのに、別の名前で曲を出していることもあるし、レイハラカミと Rei Harakami のように、表記上のゆらぎもある。だから、ぼくにとって、こういうアーティスト名の変更は、ほとんど当たり前のように行っていた作業だった。

     ところが、最近になって、このようにアーティスト名を変更すると、iTunes のブラウザの中の [アーティスト名] の欄で、同じアーティストの曲が別項目として表示されるという現象が頻発するようになった。

     当初は、なぜこのような現象が起こるのかさっぱりわからなかったのだが、いろいろ調べているうちに、iTunes 7.1 で追加された、「アーティストを並べ替え」という機能が原因であることがわかった。

     これは、アーティスト名に一種の「ふりがな」を設定する機能で、iTunes 7.1 以降では、[アーティスト] 欄の並べ替えは、アーティスト名そのものではなく、このふりがなの方を基準にして行うようになったらしい。したがって、ユーザーが自分でアーティスト名を変更して同じにしても、この「アーティストを並べ替え」の方を変更しない限り、iTunes のブラウザでは別アーティストとして表示されてしまうらしいのである。

     もちろん、この機能自体は、ユーザー側の表示の自由度を高めるという意味で、基本的にはよい機能だと思う。この機能があれば、たとえば、これまでは漢字のコード順に並べ替えられていた曲を、正しく読み仮名の順で並べ替えることも可能になる。

     ただ問題は、このデータを編集する際に、アーティスト名とは違って、複数のトラックをまとめて変更できないことである。そのため、10 曲の「アーティストを並べ替え」を統一しようと思ったら、トラックを右クリックしてプロパティを選択してふりがなを記入してOKをクリックする、という作業を 10 回繰り返さなくてはならないのだ! これはさすがにシンドイ。

     さらに困ったことに、この並べ替え情報は、iTunes 以外の汎用の mp3 エディタでは編集できない。ちゃんと調べたわけではないが、おそらくこの情報は、mp3 ファイル側ではなく、iTunes 側のデータベースで独自に管理しているのではないだろうか。

     おそらく、このままずっと一括編集ができないままということはなく、将来のバージョンでは改善されるのだとは思うのだが、逆に、そもそもなぜ最初から一括編集ができる仕様にしなかったのかが不思議だ。アーティスト名や曲名は一括編集ができているのだから、そういう機能を実装するためのオブジェクトみたいなものは、すでに用意されているはずだと思うのだが(^^)。

     とにかく、アップルには、はやくこの仕様を改善していただくことを望みたいが、それを待つまでもなく、何かこの問題を回避する方法をご存知の方がいたら、ぜひ教えてください(^^)。

追記: 実は、「アーティストを並べ替え」を一括で入力する方法があるそうです。原田伸二さんという方からメールでご教授いただきました。ありがとうございます。

 たとえば、特定のアーティストの「アーティストを並べ替え」を統一しようと思ったら、まず、そのアーティストのどれか1曲だけを選択して、「アーティストを並べ替え」を入力します。

 それから、再度その曲を選択して右クリックします。すると、コンテキストメニューの中に「並べ替えフィールドを適用」というサブメニューが表示されるので、ここから「同じアーティスト」を選択すれば、そのアーティストの「アーティストを並べ替え」が統一されるというわけです。

 通常のコンテキストメニューを使ったやり方とはまるで違うので気づかなかったわけですが、これでも一応複数の曲を一括で変更することはできるわけですね(^^)。なぜ複数選択では入力できないのか、という疑問は、依然として残るわけですが(^^)。

|

« KAOSSILATOR | トップページ | 野球は純文学化するかも? »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67762/17025196

この記事へのトラックバック一覧です: 「アーティストを並べ替え」の困った仕様:

« KAOSSILATOR | トップページ | 野球は純文学化するかも? »