« ミニマックス戦略としての陰謀説 | トップページ | 年長者を敬う意味 »

アダルト番組:障害者向け字幕や手話に助成金

このニュースにはかなり頭にきた。残念ながら詳しく論じているヒマはないが、何が問題なのかさっぱりわからない。一番ムカついたのはこのコメント。

放送評論家、松尾羊一さんの話 視覚・聴覚障害者も楽しめる番組編成は重要だが、CSのアダルト専門放送という限定的な番組にどれだけニーズがあるのか、把握したうえで助成を決めたのか疑問が残る。「障害者への理解」を極端に強調する行為は、裏返せば障害者への差別意識の表れ。(機構が)「助成するのはお堅い番組だけではない」とアピールするため、点数稼ぎを狙ったとも勘ぐりたくなる。

バッカじゃねーの? 後で時間ができたら論じたい。

 全然関係ないけど、ブラザーの MFC-410CN は、なぜインク切れしただけで、PC-FAX まで送れなくなるのだ。このドライバはバカですか? イライライライラ。(そうだ、はっぴいえんどのゆでめんを聴こう(^^))

|

« ミニマックス戦略としての陰謀説 | トップページ | 年長者を敬う意味 »

ニュース」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67762/16094851

この記事へのトラックバック一覧です: アダルト番組:障害者向け字幕や手話に助成金:

« ミニマックス戦略としての陰謀説 | トップページ | 年長者を敬う意味 »