« ピーター・シンガーがコルベア・リポートに… | トップページ | なぜシステムの修復はこんなに面倒なのか »

レヴィット、ドーキンス、クルーグマン

 なんと、「ヤバい経済学 」のスティーブン・レヴィットも出てたよ。ホントにためになる番組だなあ (^^)。
 意外とマジメそうな人ですね (^^)。 「悪ガキ教授」って感じじゃないなあ。 前半はヤクの売人が意外と貧乏だという話。後半はチャイルドシートはあんまし役にたたないという話ですね。
  • A child called "it"  児童虐待を受けた子供の自叙伝。「“It(それ)”と呼ばれた子」の題で邦訳あり。
  • Malcolm Gladwell ジャーナリスト。
  • Blink 上記 Gladwell の著書。 人間の直感は短時間で多くのことを把握できる、ということを説いた本であるらしく、おそらくそれに対する皮肉がこもっているのであろう。
  • Karl Rove ブッシュの選挙参謀。
  • THE math 上記カール・ローブは、共和党は 2006 年の選挙に勝てると予想し、その根拠を、自分の計算が THE math (唯一絶対の計算) だからだと主張した。しかし実際には共和党は惨敗した。
  • John Bates Clark Medal ジョン・ベイツ・クラーク賞。アメリカ経済学会が経済学者に与える賞。
 そして、こっちは「利己的な遺伝子 」のドーキンスたん。
 
 でたーっ! スパゲッティ・モンスター教! やっぱレヴィットよりこっちの方が全然面白いぞ (^^)。 当たり前か。神はいないという人だから、保守派をからかうネタとしては最適だよね (^^)。 しかしなんでこの人はパチンコとか知ってるんだろう。アメリカでパチンコそんなに流行ってんの?(^^)
  • Darryl Dawkins (Chocolate Thunder) バスケットボール選手。
  • Stephen Hawking はわかるよね (^^)。車椅子の天才物理学者。
  • Flying Spaghetti Monster インテリジェント・デザイン説を皮肉るために作られた架空の宗教。
  • Thor トール。北欧神話の雷神。 ハンマーを持ってます。
  • Pagan はキリスト教徒から見た異教徒、特に多神教の信者。
  • atheist は無神論者。
  • fornicate 姦淫する。(たぶんわざと固い言葉を使っている。)
  • Bagatelle パチンコに似たイギリスのゲーム。
  • unparsimonious これはいわゆる「節約の法則 (law of parsimony)」に反しているということですね。「オッカムの剃刀」とも言います。「オッカムの剃刀」については、「コンタクト 」という映画を観ればわかるはずです (^^)。

 後半はすっかり、「難しいこと言ってごまかすんじゃねえよお~」みたいなアカンタレ・キャラになってます (^^)。

 最後は、ポール・クルーグマン。

 これも、エコノミストとしてではなく、ニューヨーク・タイムスのコラムニストとしてイラク問題を語るという感じで、かなり盛り上がってますね (^^)。 でも、クルーグマン先生はちょっとあがってるみたいだね。あがってる芸人とはからみたくない、と松ちゃんは言っておりました (^^)。

  • beardie おヒゲさん、という意味。60 年代の「ビート族」という意味もあるらしい。クルーグマンってそんな世代?
  • Mohamed Atta  9.11 の実行犯。
  • co-president 社長なら共同社長というのもあるが、大統領は一人に決まっているので、普通はこういう言葉は使われない。ブッシュはお飾りで実際に政権を動かしているのはチェイニーだ、ということを皮肉っているわけである。
  • WMD 大量破壊兵器のこと。
  • universal negative 全称否定。論理学用語。 「イラクで大量破壊兵器が見つからない」とはいえても、「イラクに大量破壊兵器がない」とは論理的に言えないだろう、というお話。
  • Fields medal フィールズ賞。数学におけるノーベル賞と言われる。

 なんか、コメディ・セントラルの回し者みたいですけど、でもこのシリーズ好きですね (^^)。 コルベアはいかにもビル・オライリーが聞きそうなことを聞いているだけなんだけど、ゲストは別にふざけてるわけではなく、それを承知の上でマジメに応えてる。そこになんかちょっと、ガキの使いの「板尾が来た」をはじめとする一連の擬似ヤラセみたいな、気持ちわるーい面白さがあります (^^)。ウソなんだけど、本当よりも生々しく真実を語ってしまうという。

注: しつこいようですが、この「コルベア・リポート」という番組は、ビル・オライリーがやっている「オライリー・ファクター」という番組のパロディなのです。ホントはこういうこと書きたくないんだけど、そう思って見てもらわないと、誤解を招くかもしれないので。 為念。

|

« ピーター・シンガーがコルベア・リポートに… | トップページ | なぜシステムの修復はこんなに面倒なのか »

テレビ」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

経済」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67762/13075019

この記事へのトラックバック一覧です: レヴィット、ドーキンス、クルーグマン:

« ピーター・シンガーがコルベア・リポートに… | トップページ | なぜシステムの修復はこんなに面倒なのか »