« どこまでエスカレートするフィッシングの手口 | トップページ | Will を買ってしまう »

ジパング予想・続

ジパング 26 (26) コンビニで「ジパング 26 (26)」を購入。いよいよサイパンで日米が最後の決戦に突入という展開。したがって、この巻単独で言えばそれほど面白くないのですが、まあ仕方ないでしょうね。

 前にこのブログで、核兵器は「みらい」に積んであるのではないかと予想してみたのですが、この巻を読む限りは、核兵器は大和に積んであるという雰囲気で進行しています。

 ただ、本当に大和に核兵器を積み込むシーンなどの模写はないので、まだ本当に大和に積んであるとは断言できないと思います。なにせここ数巻の展開は、いろんな伏線を張り巡らせている気配がプンプンで、草加がなぜ簡単に「みらい」の逃亡を許したのかも説明されていないし、草加が大和ではなく武蔵に乗っているところも怪しいと言えば怪しい。ですから、仮に「みらい」に搭載されていないとしても、なんらかのどんでん返しがあるものと思われます。ひょっとして、大和ではなく武蔵に積んであって、草加が一人で自爆するとか。。。(^^)

 また、このまま行くと、単に角松が実力で草加を阻止できるかどうかという技術論になってしまうので、それではやっぱりかわぐちさんらしくないと思うのです。やはり、角松や草加がお互いの価値観をギリギリで試されるような仕掛けが用意されているのではなければ、かわぐちかいじではないでしょう。期待して待ちたいと思います。(^^)

 個人的には、巻末のかわぐちさんのインタビューがちょっと面白かったです。人間には怠惰な時間が必要とかいう話、すっごく共感しました (^^)。ほら、一時期、余暇とかまで有意義に過ごすのが偉いみたいな話が流行ったじゃないですか。ああいうのってなんか違うような気がして。ぼくなんか、正月とか、ダラダラしないと正月のような気がしないんだけど、みなさんはいかがでしょうか (^^)。あと、神というのは、死んだ人間のためにあるのではなく、生きている人間が自分の生を意味づけるためにあるという話もまったく同感。この考えを靖国参拝の問題に結びつけるとどうなるのか、なんて今さら焼けぼっくいに火をつけるようなことはしませんが。。。(^^)

付記: 正確には、「有意義に過ごすのが悪い」ではなく、「人間にとっては怠惰な時間も有意義であるはずだ」と言うべきだね (^^)。ここでは怠惰な時間が持つ価値というものを積極的に主張しているわけである。

|

« どこまでエスカレートするフィッシングの手口 | トップページ | Will を買ってしまう »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67762/12815405

この記事へのトラックバック一覧です: ジパング予想・続:

« どこまでエスカレートするフィッシングの手口 | トップページ | Will を買ってしまう »