« コミュニティの力? | トップページ | サウスパーク・マトリックス »

がんばれマイケル

 マイケル・J・フォックスがこの CM のせいでラッシュ・リンボーとかにイジメられてるんだそうだ。

 まあ、ぼくはもともとプロ・ライフ派でもないし、ES 細胞が倫理的にどうこういう主張にもあまり共感していないのだが。

 どっちにしろ、相手がラッシュ・リンボーじゃねえ、とか言っちゃおしまいか (^^)。

 マイケルは相変わらず童顔ですね。あんまり痛々しくなく、わりと元気そうでよかった。

 その後の CBS のインタビューも発見。これは CBS が自分でアップロードしてるから、著作権的にも無問題です (^^)。

 なんか胸を打たれますね。あ、オレはこういう芸風ではなかったのだが (^^)。

(ノーカット完全版を見たい方はこちら。別のビデオの中で言ってたけど、このケイティ・クーリックのお父さんもパーキンソン病なんだって。)

 「マネしてる」ってのはこれのことね。

 イヤなやっちゃな~ (^^)。ビル・オライリーがみょーに中立的なコメントをしていて変だと思っていたのだが (^^)、さすがにかばいきれなかったんだろうね (^^)。(つまり、中立でも十分かばっている (^^))


 検索してみたら、日本語ではあまりこのニュースを扱ったページがないようなので、背景を簡単に解説しときますね。

 まず、マイケル・J・フォックスさんというのは、言わずと知れた「バック・トゥ・ザ・フューチャー」で有名な俳優さんなのですが、若くしてパーキンソン病にかかってしまったんですね。それで、パーキンソン病の治療研究を精力的に支援するようになって、財団までつくっちゃった。さらに、最近話題の胚性幹細胞(ES 細胞)というのが、パーキンソン病の治療にも役立つかもしれないというので、その研究も支援しようとしたわけです。

(注:ビデオの中では stem cell と言っているが、厳密には、stem cell だけだと単なる「幹細胞」であり、embryonic stem cell で「胚性幹細胞」になる。)

 ところが、この ES 細胞というのは、人間の受精卵から取り出さなくてはならない(そうしなくても済む方法も研究されているが)ので、妊娠中絶とかにも反対している、共和党支持層・保守派・宗教右派・プロライフ派の一部からするとじょーだんじゃないということで、州法などで研究を禁止しようとする政治家も出てきた。そこで、マイケルは ES 細胞の研究を支持する民主党候補の CM に出演したんですね。

(注:マイケルは別に党派的な人ではなく、ES 細胞の研究を支持する共和党の候補も支援している。)

 それに噛み付いたのが、右翼的な過激発言で人気を博している、ラジオ・ディスクジョッキーのラッシュ・リンボーさんというわけ。

 ところが、リンボーさんも、単に ES 細胞の研究を批判するだけならまだよかったんでしょうが、この CM のマイケルは、わざと薬を飲まないとかして、意図的に同情を買おうとする演技をしているんだなんて言っちゃって、あまつさえ、マイケルが震えているしぐさのマネまでしちゃったからさーたいへん。ということですな。簡単に言えば (^^)。

 ちなみに、ビル・オライリーさんというのは、保守的な発言で有名なニュース・キャスターで、悪名高いフォックス・ニュース・チャンネルでホストをしてる人です。

|

« コミュニティの力? | トップページ | サウスパーク・マトリックス »

ニュース」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67762/12464638

この記事へのトラックバック一覧です: がんばれマイケル:

» 妊娠「赤ちゃんポスト」中絶:慈恵病院の挑戦。 [悪いブログニュース。]
中絶は、とても悲しい。生まれた赤ちゃんを殺すことを考えると、この慈恵病院の実験が、いい方向に向かってくれることを願います。 [続きを読む]

受信: 2006.11.10 18:39

« コミュニティの力? | トップページ | サウスパーク・マトリックス »