« 哀れむ差別、批判する平等 | トップページ | Blackout »

レバノン情報戦メモ

     これもあまりメディアには出てこないので。。。レバノン情勢も情報戦の様相を呈してきております。

     これを見つけたのが、また例によってブロガーだそうで。

     もちろん、イスラエル側もいろいろやっとるようです。

     なんだか、ややこしい世の中になったものです。

     まあ、さすがに、「イスラエルのレバノン侵攻はなかった派」みたいなのは出てこないとは思いますが。。。(^^)

    おまけ: カナの爆撃について、CNN のキャスターがイスラエルのスポークスマンにつっこみを入れているの図。

                       

    おまけ: ジョン・スチュワート、イスラエルの戦略を絶賛の巻。あはは。やってくれるじゃないですか (^^)。

                       

     このネタいいなあ~。このジョン・スチュワートっていうのは、ちょっと太田光さんとかと似てるかも。時事ネタで一応風刺になってるんだけど、誇張が極端なので、風刺を通り越してナンセンスの域にまで達しているという。いしいひさいちさんとかとも共通するものを感じる。

    もひとつおまけ: これはナスララ師=モーフィアスという、マトリックスねたですな (^^)。

                       

     これは GIZMOZ.com というサイトで作ったらしいですね。このサイトを使うと、勝手なキャラクターにしゃべらせることができるんだけど、選べるキャラにブッシュ、ブレア、ビンラディン、ナスララ、アフマディネジャド、アラファトその他アブないキャラが勢ぞろい (^^)。

     あと、マトリックスには、ザイオン (シオニズムのシオンに相当) とかネブカドネザル (バビロン捕囚の人ね) とか出てくるので、どっちかというとイスラエルだよね~(^^)。

|

« 哀れむ差別、批判する平等 | トップページ | Blackout »

ジャーナリズム」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

国際関係」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67762/11362607

この記事へのトラックバック一覧です: レバノン情報戦メモ:

» レバノン紛争、イスラエルのダメージ [花・髪切と思考の浮游空間]
15日付のイスラエル紙イディオト・アハロノトによると、レバノンの民兵組織ヒズボラとの約1カ月にわたる戦闘で、イスラエル側の戦費や建物の修復費などは推定250億シェケル(約6630億円)に上った。【毎日新聞】     この規模は、政府の年間予算の約10%、軍事予算の半分以上に当たるという。 『毎日新聞』によれば、内訳は戦費が100億シェケル、損害を受けた建物などの修復費60億... [続きを読む]

受信: 2006.08.18 13:44

« 哀れむ差別、批判する平等 | トップページ | Blackout »