« アラブとイスラエル | トップページ | レバノンとイスラエルの TV が見られるぞ »

ボクシング素人の妄想

 ぼくはボクシングのことはよく知らない。試合を見た回数も数えるほどで、もちろん、リングサイドで見たことなど一度もない。ボクシング以外の格闘技のことも、それほど詳しいとはいえない。友人に格闘技好きがいるし、格闘マンガも結構好きなので、言葉だけは多少知っているが、その程度のものである。

 そういう人間ですら、昨日のボクシングの試合では、いろんなことを考えさせられたので、少し感想を書いてみたい。もちろん、これは素人の意見に過ぎず、思いっきり的外れかもしれないことをお断りしておく。

 まず、ボクシングの判定について、こんなことを考えた。

 たとえば、メチャクチャに打たれ強いボクサーがいたとする。こいつは、どんな強打をくらっても、何回打たれても、まったくダメージを受けない。ただし、自分のパンチの威力やスピード、防御のテクニックなどはイマイチだとする。

 そうすると、このボクサーは、KO するまで続けるというルールだったら、かなりの高率で勝つと思われるが、逆に、判定にもちこまれれば、かなりの高率で負けるだろう。自分は相手に「有効打」を浴びせられず、相手の「有効打」はたくさん浴びてしまうわけだから。でも、その「有効打」は、実は彼にとっては有効打でもなんでもないのである。これっておかしくないか?

 ボクシングというのは、本来、相手が闘えなくなるまでダメージを与えることを目的とする、格闘技の中でもやや特異な種目だ。レスリングなら、必ずしも相手に与えたダメージが大きくなくても、なんとが固めを決めて一瞬にして逆転勝というようなことが可能だ。柔道でも、相手より疲れている選手が、一本を決めて勝つということはありうる。つまり、こういう種目では、もともと、相手にダメージを与えることよりも、技を決めるということに高い価値がおかれているわけだ。(もちろん、防具なしでやっていたときには、そういう技はすべて必殺に近い技だったのであろうが。)

 それに対して、ボクシングは、本来、技を決めることは手段に過ぎず、相手に与えたダメージによって評価される種目だったはずである。ところが、判定になると、一転してこの本来の価値基準ではなく、決めた技によって評価されることになるのだ。最後にはフラフラになっていたヤツが、判定で勝つということに対する違和感の理由は、ここにあるのだろう。

 では、相手に与えたダメージそのものを、見ているだけで客観的に判定する方法があるのかというと、それはよくわからない。専門家ならある程度わかるのだろうか。それとも、そんなものを判定しようとすると、なおさら判定が主観的になって不正確になってしまうのだろうか。

 もちろん、ヤオチョウだとかなんだとかいう話があることも知っているが、ここではあえてボクシングのルールの本質についてだけ考えてみた。ひょっとしたら、あの対戦相手は、自分が勝てないことは承知の上で、相手に最も恥をかかせる負け方というのを考えていたのかもしれない。

追記: などと勝手なことを書いていたら、早速こんな記事が。

一般的に、ダメージに基づくクリーンヒット(有効打)の数が重視され、そこに差がない場合は次に手数や攻勢点が評価対象となる。

ということで、ダメージがなければ「有効打」にはならないらしい (^^)。

でも、もしそうだとするとですよ、やっぱり、中盤に日本人が一生懸命打っていたパンチは効いていなくて、ベネズエラ人がポコポコ打っていたパンチの方が効いていた、ということになりませんか。でなけりゃ、あそこまで差はつかないんじゃないですか。となると、やっぱり中盤でそんなに差がつくの判定がおかしいということに。。。(^^)。

|

« アラブとイスラエル | トップページ | レバノンとイスラエルの TV が見られるぞ »

スポーツ」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67762/11253083

この記事へのトラックバック一覧です: ボクシング素人の妄想:

« アラブとイスラエル | トップページ | レバノンとイスラエルの TV が見られるぞ »