« 泥沼流当たり屋国家 | トップページ | おまえがオマケ »

クロスゲーム

クロスゲーム (2) コンビニにあだち充さんの「クロスゲーム」が売られていたので、3 巻までまとめ買いして一気に読みました。あだち充さんは、「みゆき」の頃から結構好きで読んでいましたが、基本線は相変わらずという感じです (^^)。

 ただ、主人公の小学生時代から始まるという話は、初めてかもしれないですね。もっとも、子供なのは見かけだけで、台詞自体はあまり小学生には思えないですが (^^)。主人公の幼馴染が死ぬところは、「タッチ」を想い出させます。こういう、少し引いた描き方で泣かせるのは、相変わらずうまいです。

 幼馴染の妹は、みょーに主人公にキツく当たるという設定になっているんだけど、これはひょっとして、今流行の「ツンデレ」とかいうのを意識しているのでしょうか(^^)。たぶん、この二人がだんだん仲良くなってくんでしょうね(^^)。

クロスゲーム (3)  捨てゴマが多くて、説明的な台詞が少ないのに、展開が自然に頭に入る「あだち節」は健在。この「あだち節」を継承したマンガ家っているのかな。最近のマンガ界に疎いのでわからないけど。たぶん、ストーリーよりなにより、この「あだち節」があだち充最大の武器だと思うのですが。いまだに誰も継承してないとすれば、ちょっともったいない気もします。

 「160 km のストレートが投げられる男」という台詞のところで出てくるのは、ヤクルトの 53 番、五十嵐亮太さんでしょうねね。彼はまだ 158 km までしか投げてないはずですが(^^)。

|

« 泥沼流当たり屋国家 | トップページ | おまえがオマケ »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67762/10615684

この記事へのトラックバック一覧です: クロスゲーム:

» あだち充 氏のストーリータイトル [そこはか日記☆]
が好きです。 例えば・・・現在、少年サンデーに連載中の「クロスゲーム」 【1巻】 第1話 四葉のクローバー 第2話 3歳から 第3話 構えろ 第4話 何描いたんだ? 第5話 ギリギリセーフ 第6話 キャイン! 第7話 ニャ... [続きを読む]

受信: 2006.06.21 17:16

« 泥沼流当たり屋国家 | トップページ | おまえがオマケ »