« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

スキャンダルって…

 「平井理央にダブルスキャンダル発覚」とか書いてあるけど、別に不倫とかじゃないんだから、「スキャンダル」とは言えないのでは。。。(^^)

 「アナウンサーというより、タレント感覚なんでしょう。」 とかいう発言もよくわからない。むしろ、逆なんじゃないの? タレントとかアイドルが、営業上、異性関係を気にしなくちゃならないというのはまだわかるけど、アナウンサーはもともと単にアナウンスするのが職業の人で、異性関係はアナウンサーとしての能力にはほとんど影響を与えないんだから、基本的に本人の勝手なんじゃないの? それを、アナウンサーの異性関係までうるさく言うほうが、アナウンサーをアイドル視してるんじゃないの? (^^)

 まあ、マジでつっこみを入れるようなニュースじゃないのはわかってるけど (^^)。

| | トラックバック (0)

リターン年 18 %

 モーニングスターで検索してみたけど、リターン年 18 % 以上のファンドなんて、898 件もあるよ。

 レーティング星 3 つ以上、リスクメジャー 3 以下に限定したって、302 件もある。

 年 18 % を 3 年以上継続しているファンドに限っても、603 件もあるし。

 レーティング星 3 つ以上、リスクメジャー 3 以下に限定したって、224 件もある。

 最低申込金額だって、ほとんどが 1 万円とかですよ。ま、別にいいけど。

| | トラックバック (0)

mixi station

 mixi が新機能としてリリースした、この mixi station というのは、なかなか面白いですね。手動でプレイリストをブログにアップロードする機能とかは前からあったけど、このソフトの場合、iTunes で音楽を聴いているだけで、再生された曲目が勝手に mixi にアップロードされるようになっています。したがって、何の努力もせずとも、自分の趣味嗜好を他人に伝えられるわけですね。

 まあ、ここまでコミニュケーションが簡単になってしまうと、ますますコミニュケーションの下手な人 (自分も含めて) が増えるんではないかという気もしますが、まあ、電動鉛筆削りやシャーペンが普及すると、ナイフを使える人が減るように (たとえが古いな (^^))、ある程度は仕方のないことなのでしょう。たぶん (^^)。

 ただ、このソフトを使っていると、つい、あまり人の知らないマイナーな曲をかけてウケをとってやろうとか、不純な心で曲を選びそうになるのが問題といえば問題かなあ。え、そんな不純なヤツはお前だけだって? そうですかすいません<m(__)m>。

| | トラックバック (0)

NANA つながり

 NANA のナビゲータが鈴江奈々さんというのはあまりにも安易なのでは。。。(^^)

 チノパンに匹敵する安易さかも (^^)。

| | トラックバック (0)

テトリスに見る○的表現

『テトリス』と言う言葉の、「テ」は「手」であり、「トリス」はおそらく「○○○○○」。
つまり、『テトリス』は○○の○○行為を表しています。
また、テトリスの生みの親、アレクセイ・パジトノフ氏の名前は、おそらく偽名で、
「アレクセイ」=「アレが○○」という一種の冗談でつけた名前だと考えられます。
http://studio-rain.cocolog-nifty.com/blog/


                      ■■■
さらに、ゲーム中使用されるブロックも、■   」は○○○を横から見た図であり、

                     「 ■
「  □□                 ■■ 
□□  」は、四つんばいの○○、    ■ 」は、○○を露出させている男性。

と、それぞれ○○な意味合いを持っています。

             「■
             ■■□□
それらのブロックが、    ■□□  」 このように結合する様子は、○○○そのもので
あると言えるでしょう。
「ブロックが隙間に挿入され、一列に並ぶと消える」、というルールも、○○○○○を

表現したものと考えることが出来ます。

ゲームに使用されるブロックは常に、「○○され(= ○○)ながら、堕ちて」いき、無数のブロックが積み重なり、○○○○○をむかえ、消えていく。まさに「○○」と呼ぶにふさわしい状態です。

ただ快楽のために生きる様は、本来人間のあるべき姿とは思えません。しかし、このように、人間の三大欲求のひとつである「○○」を、擬似的に満たしてくれるゲームであった事が、『テトリス』のヒットに繋がったことは疑いようのない事実と言えます。


http://studio-rain.cocolog-nifty.com/blog/


バカすぎ (^^)。

| | トラックバック (0)

動物化する 19 世紀

芸術をかりに二流の理性に高めたところで、その戦果はしれたものであり、所詮は理性そのものの営みである学問の地位を脅かすことはできない。自尊心の強い芸術家が安直に誇りを満足させようとすれば、自分を感性の側に置いて、積極的に理性に対する反逆の旗を挙げたくなるのは当然だといえるだろう。しかも、この欲望は時代の個人主義的な風潮に裏打ちされ、実際の芸術活動のなかで一種のイデオロギー的な力を持つことになった。理性は普遍的なものであって社会の日常生活を支配しているが、感性は個性的なものであって、通俗の日常生活に反逆する拠り所になると信じられた。その際、芸術至上主義者は、感性もまた生理現象として普遍的なものであり、感性的な熱狂はかえって個性を動物的な一般性のなかに埋没させてしまうかもしれない、ということを忘れていたのである。

(「人生としての芸術」山崎正和) 読み返していてなんとなくメモ。

 英会話の先生の話だと、インド英語は、他の国のネイティブにとっても聞き取りづらいらしいですね。concentrate する必要があるって言ってました。最近は、インドからオーストラリアにテレマーケティングの電話がかかってくることもあるそうです。日本で言えば、東京に東北弁や九州弁のセールスの電話がくるようなもんですよね。

| | トラックバック (0)

松本人志をもっと追い込んでみよう

 第二日本テレビで、松ちゃんの新作コント「ザッサー」を観る。その感想は微妙。少なくとも、大爆笑するという感じではない。「ザッサー」を後 5 回ぐらい繰り返して、岡崎機長がもっとメチャクチャになると面白かったと思うのだが、本格的に面白くなりかけたところで終わってしまったという感じ。長さがちょっと中途半端なのかもしれない。

 とは言え、これを観てある種の期待感が出てきたのも事実。最近、常に新鮮な驚きを提供してくれた松ちゃんも、そろそろ安定期に入ったのかなあ、と思いかけていたのだが、追い込めばまだまだ何かが出てきそうな気がしてきた。「トカゲのおっさん」にしろ、初めて観たときはなんじゃこりゃと思っていたのが、だんだん麻薬のようにハマっていったのだから、このまま新作を作り続ければ、また何かとんでもないものが出てくるかもしれない。

 というわけで、必ずしも 100% 満足したわけではないのだが、もっともっと松本人志を追い込んで、新作コントを作り続けさせるために、とりあえず「ザッサー」は「戦略的」に褒めておくことにした (^^)。松ちゃんは自分でも M だと公言しているのだから、こういう言い方をしても許してくれると思うのだが。

| | トラックバック (0)

インド訛りはむつかしい

 今日久しぶりにアメリカの会社に電話をかけたら、メチャメチャ訛りのある人が出てきて、だだでさえ聴き取りがうまくないのに、冷や汗をかいてしまいました。どうも、今流行の CTI で、インドかなんかに転送されたらしいです。コールセンターの海外移転が進んでいるというのはホントだったのね。初めて実感 (^^)。

 いろんな英語があるなかでも、インド訛りというのは、一番苦手ですねえ。先週の「英語でしゃべらないと」でもやってたけど、Wednesday の D とか発音しちゃってんだもんねえ (^^)。ありゃ、室井さんでなくても困るよ。

 いくら、世界にはいろんな英語があるんだから、みんな聞き取れるようにならないと、とか言われてもねえ。ぼくなんか、子供の頃、東北の親戚が何をいってるかすらよく聴き取れなかったんだから (^^)。インド英語を聴き取れないぐらい勘弁してよ、って感じ (^^)。

| | トラックバック (4)

着信御礼!ケータイ大喜利

 「前科者」の板尾創路を起用したところは、NHK としては英断だと思うけど、投稿がいまいち面白くなかったな~(^^)。残念。

| | トラックバック (0)

惚れ直した

 アホなことに、愛用の ThinkPad を水浸しにしてしまった。仕事机の真上にクーラーがあるのだが、このクーラーがいい加減壊れかけていて、ときどき水漏れがする。気をつけないとな~と思いながら、ついうっかり電源を入れっぱなしのままで仮眠をとったら、目が覚めたのは 6 時間も後 (^^)。やばっ、と思って反射的に机の上を見たら、案の定 ThinkPad がびしょびしょになっていた。

 私は、こういうときになると、みょーに開き直る癖がある。慌てず騒がず、数時間放置し、乾いたころを見計らって、再度電源を投入。すると、LCD には何も表示されないものの、HDD のアクセスランプの点滅状態から見て、それなりに動作している模様。試しに、CRT を外付けしてみたら、ちゃんと Windows 画面が表示されていた。ハードウェア診断の結果も、LCD 以外まったく問題なし。

 LCD についても、もうダメかな~と諦めかけたが、レノボのサイトからダウンロードした保守マニュアルを見ながら ThinkPad をバラし、LCD のコネクタを外して、黒ずんでいたところを丁寧に拭いて、接続し直したら、LCD も見事復活。もう数年使ってて、枕にして寝てしまったことも数知れないのに、ホントにタフなマシンだね~。また惚れ直したぞ(^^)。

 ただ、保守マニュアルの通りに組み立て直したら、6mm のネジが一本余り、12mm のネジが一本足りなくなってしまったので、おそらく、どっかで 6mm のネジと 12mm のネジの指定が逆になってるんじゃないかと思う。工場でぼくのマシンを組み立てた人が、たまたまネジを間違えたという可能性もゼロではないと思うが (^^)。

 余談だが、レノボのように、メーカーが保守マニュアルを公開するというのはいいことだと思う。だいたい、パソコン・ユーザーには、腕に覚えがあって、メーカーのサービスマンより自分の方が技術があるんじゃないかとか、直せるものなら自分で直したいとか思っている人が多いはずなので (^^)。

注: Thinkpad をお使いのみなさん、だからと言って、試しに水をかけたりしないように。結果については保証できませんぞ (^^)。

| | トラックバック (0)

電話・FAX 復旧完了

 安っすい TA を買って、とりあえず、電話と FAX がつながるようにしました。

 しかし、今や ISDN 用の TA って、2、3 社しか出してないんだね。。。

 一時は、今のブロードバンドルーター並にいろいろ出てたのにねえ。。。

| | トラックバック (0)

ばーか

 久しぶりに「ランク王国」を見たのだが、グラビア・ランキングの半分ぐらいが中学生の写真集じゃねーか。

 ばっかじゃねえの。こういうのこそ、儲かりさえすれば何やってもいいのかよって言いたいよ。

 世も末だ。

  あと、「彼氏にしたい職業ベスト 10」とかで、「IT 関係」が 5 位ぐらいに入ってたけど、ギャグとしてならともかく、マジメに自分で自分のことを IT 関係だとかいうやつに、ロクな奴はいないと思うぞ(^_^;。「ネットの仕事やってます」とかさ。何だよ、ネットの仕事って。

 そういうこと面と向かって言われると、なんか、すっごくバカにされてるような気分になってくるんだよね~(^_^;。

| | トラックバック (0)

モヒカンチェック

 今頃という感じかもしれないけど、モヒカンチェックをやってみました。いや、実は、「モヒカン族」という言葉を知ったのも、つい数日前なんですけどね(^^)。やっばいな~(^^)。

■タイプ5になっちゃった方

[あなたは非攻撃的なモヒカン族のようです]

あなたの行動指針は[賢明]です。何より、皆がハッピーであることを望みます。反面、その理論が周囲に受け入れられないとき、周りから「変わり者」というレッテルを貼られます。

儀礼的無関心が多くクールなんですけど、たまには知識を人の為に使ってみてください。たのんます。

[タイプ5のあなたならこんなことはしない]

教えて君に物を教えること

ご近所ブログの定期巡回

 う~む、ワリと当たってるかも(^^)。確かに、モヒカン族的なところが多少はあるのは確か。けど、void 氏みたいには、なろうと思ってもなれないな~(^^)。あんな根性ないよ(^^)。

  「知識を人の為に使ってみてください」とか言われても、こんなブログを書いてるだけでじゅーぶん時間をとられてるのに、これ以上鼻血もでねーよって感じだよね~。こんなんだって、内容はてきとーでいいや、と思ってるから続いてるんで、つっこみどころがないように完璧に書こう、とか、他のブロガーよりいいことを書こう、とか思ってたら、とっくに疲れてやめてますよ。

| | トラックバック (0)

あのー

 ファンド運用成績のグラフとかは、対数グラフで表示しないと不公平になりますよ(タメイキ)。さらに言えば、市場インデックスとの比較をつけるのが常識です。でなきゃ、成績がいいも悪いもないですよ。

| | トラックバック (0)

盗作とは、価値の問題なのだ

 以前にも、なっちやオレンジレンジの盗作問題についてコメントしたことがありましたが、和田義彦氏の盗作騒ぎをきっかけに、改めてこの問題について考えてみました。

 もちろんぼくは、ちょっとでも似てたらすべてダメとか、逆に、芸術はすべて模倣だとかいう極論に組するものではありません。私の感覚からすれば、どう見ても、なっちや和田義彦はアウトだと思うし、オレンジレンジはセーフだと思うんです。ただ、なぜ自分がそう感じるかということを、少し分析的に考えみたら、一つ気がついたことがあります。

 それは、盗作問題というのは、似てるかどうかとか、オリジナリティがあるかどうかという観点で論じられがちなのですが、実は価値の問題なのではないかということです。

 考えてみればわかりますが、過去の事例から見ても、盗作が一番問題になるのは、

  1. あまり有名でない作品を
  2. 売れているアーティストがパクって
  3. 思いっきり売れてしまう

というケースです。

 なぜこれが、多くの人から見てズルいと感じられるかと言うと、もとも 90 の価値があるものを盗ってきて、10 だけ価値を付け加えて、100 以上の利益を得てしまう、というようなことをしているからでしょう。しかも、このような場合、オリジナルの作者は、その 90 の利益さえ得ていないように見えてしまう。

 逆に、売れてない作品を、売れていないアーティストがパクって、やっぱり売れなかった、というようなケースは、たとえ明々白々なパクリであっても、たいして問題にもならなかったりする。それは、もともとの価値が 10 ぐらいしかなさそうな作品だから、その上に積み重ねた価値が 10 しかないとしても、たいしてズルいことをしているようには感じられないからでしょう。

 それでは、売れている作品を、売れているアーティストがパクって、やっぱり売れたという場合は? というと、そういうのはパクってもすぐバレてしまうから、最初からオマージュとかカバーとかいう形式でやることが多いわけですね。この場合、利益もシェアする約束になっていることが多いので、やっぱりあまり問題にならない。

 つまり、盗作が悪質だと見なされるかどうかというのは、必ずしも、パクった側が積み重ねたプラス・アルファが多いか少ないかというだけの問題ではなく、盗作元の土台となる価値が多いか少ないかというのも、無視できない重要なファクターだということです。もともと、著作権というのは、価値のある表現を死蔵させず、社会で共有するためのインセンティブであると考えられますから、ある意味当然ですけどね。

 この説が正しいとすれば、たとえば、もともと 100 の価値のある作品をパクっても、さらに 100 ぐらいの価値を付け加えていれば、たぶん、それほど悪い印象はないんじゃないかと思うんですけど(^^)。

 ただ、それを客観的に判定するのは現実的には難しいので、極端なケースだけが訴訟になり、グレーゾーンの場合には、あいつなんかパクリっぽいのが多いよね~、みたいな世間的評価に任される、ということになるのでしょう。これはある程度やむ終えないことのような気がするんですよね。

 先の例にしても、もともと 90 の価値があったのに、不当に売れなかったのか、それとも、もともと 10 の価値しかなかったものに、90 の価値を付け加えたのかということが、簡単に判定できる方が珍しいぐらいで。そういう意味では、なっちや和田義彦の例は、かなり珍しい例ですよね~(^^)。

 もっと根源的なことを言うと、そもそも、オリジナリティとか差異とかっていう概念自体が、なんらかの価値観の産物なんですよね。そういう意味で、価値と無関係なオリジナリティなんてない。もちろん、それが値段と一致するとは限らないですよ。でも、「私にとっては、この絵はかけがえのない絵なんです」みたいなことを言われたからって、どんな作品にもオリジナリティを認めちゃったら収拾がつかなくなってしまう。したがって、それが値段に換算されるかどうかは別にして、なんらかの共通の価値観による評価というものを模索せざるおえないわけで。

| | トラックバック (0)

おまえがオマケ

ある朝僕の○○○が
おまえは俺のでっかいオマケなんだとうちあけてくれた

いわれてみればなるほど納得
僕は○○○が僕についてると思ってたよ
実は僕が○○○についてたんだね

全然協力的じゃない香具師だと悩んでたけど
すうっと気持ちが楽になった
今まで偉そうにしてて悪いことしたな
連れて歩いてやってるような態度でいたな

僕のほうが大きかったから、なんとなく勘違いしてたよ
○○○の話をよく聞いて
すなおに生きればいいんだ
僕は○○○の、オマケなんだから

ある朝僕の○○○が
おまえは俺のでっかいオマケなんだとうちあけてくれた

きょうから僕は、
○○○に連れて行ってもらうんだな
どこへでも、○○○が指すほうへ
○○○が行きたいほうへ

http://studio-rain.cocolog-nifty.com/blog/


たしか、それと同じようなネタ、島田紳助かなんかが言ってたぞ(^^)。パクリだパクリ。

| | トラックバック (0)

クロスゲーム

クロスゲーム (2) コンビニにあだち充さんの「クロスゲーム」が売られていたので、3 巻までまとめ買いして一気に読みました。あだち充さんは、「みゆき」の頃から結構好きで読んでいましたが、基本線は相変わらずという感じです (^^)。

 ただ、主人公の小学生時代から始まるという話は、初めてかもしれないですね。もっとも、子供なのは見かけだけで、台詞自体はあまり小学生には思えないですが (^^)。主人公の幼馴染が死ぬところは、「タッチ」を想い出させます。こういう、少し引いた描き方で泣かせるのは、相変わらずうまいです。

 幼馴染の妹は、みょーに主人公にキツく当たるという設定になっているんだけど、これはひょっとして、今流行の「ツンデレ」とかいうのを意識しているのでしょうか(^^)。たぶん、この二人がだんだん仲良くなってくんでしょうね(^^)。

クロスゲーム (3)  捨てゴマが多くて、説明的な台詞が少ないのに、展開が自然に頭に入る「あだち節」は健在。この「あだち節」を継承したマンガ家っているのかな。最近のマンガ界に疎いのでわからないけど。たぶん、ストーリーよりなにより、この「あだち節」があだち充最大の武器だと思うのですが。いまだに誰も継承してないとすれば、ちょっともったいない気もします。

 「160 km のストレートが投げられる男」という台詞のところで出てくるのは、ヤクルトの 53 番、五十嵐亮太さんでしょうねね。彼はまだ 158 km までしか投げてないはずですが(^^)。

| | トラックバック (1)

泥沼流当たり屋国家

 ぼくも、あの国の指導者は、合理的にものを考えているとは限らないからこそ怖ろしい、と思っていたんだけど、最近は、それでも一定の合理性はあるんだろうな、と思うようになった。つまり、国の経済が破綻して、国民の人命も軽視されている、ということを逆手に取っているんだろうと思う。一種の逆転の発想というか(^^)。

 おそらく、あの国が今さら中途半端な軍事的制裁を受けても、生産力もなければ人命も重視してないんだから、たいして失うものもない。一方、制裁する方は、人命は尊重しなきゃならないし、武器は馬鹿みたいに高価だし、得することなんかほとんどない。いや、そんなのでズルズルと消耗戦に巻き込まれれば、むしろ損ばかりと言ってもよい(^^)。

 だから、どーせやるなら、イラク戦争方式でレジーム・チェンジまでやらなきゃ意味がない。でも、わが国にはそこまでする戦力はないし、どっかの超大国の力でレジーム・チェンジに成功したらしたで、莫大な費用がかかり、その費用のほとんどを負担するのはわが国になるに決まっている。またそうなれば、ただでさえうまくいっていない周辺諸国との関係だって、どうころぶかわからない。

 もちろん、長期的に見れば、成功すれば経済的にも得をするだろうし、虐げられているあの国の国民の一部も救われるだろうし、いいこともあるとは思うが、そこまで行くのが大変だというのは、イラク戦争以後のイラクを見ればわかるとおり。

 そう考えれば、あの国から見れば、こんなウザイ国は潰した方が得だ、とは思わせるほどはウザくなく、完全にはシカトされない程度には十分ウザイ、というギリギリの範囲で周辺諸国にちょっかいを出す、みたいな綱渡りをすることには、一定の合理性があるのだろう。そうやってアヤつけていれば、なんかのきっかけで相手に失策が出て、あわよくば状況が変化するかもしれない、みたいな妄想もあるんだろうし。某棋士風に言えば「泥沼流」か(^^)。

 要するに、当たり屋みたいな国家なのだから、むこうが泣きついてくるまで無視するのが吉、なのだろうが、むこうにしてみれば、そうはさせじといろいろインネンをつけてくるわけだ。

 まあ、ぼくは現外務大臣をたいして評価しているわけではまったくないんだけど、そういう考えからすれば、この件に関してはそんなにおかしなことを言っているとは思わない。だいたい、あんな国に対して有言実行で正直に応対したって、行動オプションが減るだけでいいことなんかないのだから、余計な言質を与えず、思わせぶりで勝手にあれこれ想像させとけばよいのではないか。

 もちろん、これは、スジ論ではまったくなく、現実的な外交戦略の話でしかないけれど(^^)。

| | トラックバック (0)

■■さんに対する回答

 いやー、ほめすぎでしょ(^^)。でもありがと。

 でも、努力家というのは違うよなあ。。。いや、なんか間違えて、結果として努力してしまうことはあるんですけど、もともとの性格としては努力はキライです(^^)。まあ、こんなに努力がキライなくせに、なんでこんなに努力してんだろう、とか自分で驚くことはあるけど(^^)。それはなんかの計算違いというか。

 学生の頃は、学校の勉強はまったくと言っていいほどしなかったけど(^^)、プログラミングの勉強は結構してました。これは事実と言ってもいいかな。

 頼りには、ならないよねえ。。。(^^) まあ、溺れて死にそうな人だったら助けるけど、転んだぐらいの人だったら平気でほっとくタイプ、とでもいうか(^^)。

| | トラックバック (0)

町人たち

 これはまた、辛辣なのか屈折した愛情なのか、びみょーな意見ですねえ(^^)。

 これを見て、星新一さんが書いた「町人たち」っていうショート・ショートを思い出しました。これは要するに、忠臣蔵の時代の町人は、実はあの事件を今風に言えばそれこそ劇場型の事件として楽しんでいたんだ、ということを、星さんらしくクールな筆致でさらっと書いた小説なんだけど。

 星さんはこの着想が気に入ったと見えて、同じようなテーマで普通の時代小説も書いてます。たしか、「殿さまの日」かなんかに収録されてたと思うけど。題名は忘れました。

 実はぼくも、今になってホリエモンに対して感じるのは、「若い」ってことなんですよね(^^)。彼にある種の鋭さがあったのは確かでしょう。それが脆さと紙一重だったとしても。まあ、あんな偽計取引とかを平気でやってしまうのは、どーみてもダメダメなんだけど。

 でも、若くて才能のあるヤツって、たいていそうなんですよね。伝記モノとか読んでも、よくよく考えるとつっこみどころ満載で、一歩間違えばどうなっていたかわからないような人って、結構多いと思うんです。もちろん、伝記モノでは、そこで道を間違えなかったのが、彼の真に偉いところだ、みたいなまとめかたをされるんだけど、ホントにそうなのかなあ(^^)。ぼくは、単に運がよかっただけ、というような人も多かったのではないかと思います。たまたまそこで、ふところが広くてものわかりのよい大人に出会えたから、道を間違えずにすんだ、みたいな(^^)。

 mixi なんかも若い子が多いじゃないですか。そうすると、そういう若者ならではの感受性の鋭敏さみたいなものが、危なっかしく思うと同時に、だからこそすごく可愛かったりするんですよね(^^)。まあ、そんなことを感じること自体が、自分がいかに歳をとったかってことなんだろうけど(^^)。

 きっと糸井さんも、よくよく考えると、自分も昔はただのイケイケだったところもあったよなあ、とか感じるところもあるんじゃないでしょうか。考えすぎだったらごめんなさい<m(__)m>。

| | トラックバック (0)

○○さんに対する回答

 ○○さんに頭脳派なんて言っていただけるのは光栄ですねえ。一方、○○さんに浮世離れと呼ばれるのは…(^^)。これは、どっともどっちということにしていただけないでしょうか(^^)。ダメ(^^)?

 性格だけ見れば学者タイプかもしれないと、自分でも思っていますが、残念ながら、能力が学者タイプではないのです。いわゆる、性格と能力の不一致です(^^)。悲しいことです(^^)。しかし、悲しくても前を向いて生きていかなくてはなりませぬ(^^)。

| | トラックバック (0)

チョイワルの時代

今、当サイト内の若い女の子の間でひそかにブームになっているのが、40~50歳位のチョイワルオヤジです。おそらくテレビや映画などの影響が強いと思われますが、
出会い系サイトでは、若い男よりダンディーなおじさん系のほうが人気があるようです。


「最近街中でも、おしゃれなおじさんが増えてきたけど、そういう人と出会う機会がない」 
「若い人には無いものをたくさんもってそう」

など様々な意見があります。今求められているのは、かっこよさよりも、渋さです!!

援助交際ではなく、おじさんと普通に交際することが、今の若い娘には「おしゃれな関係」として認知されています。このことは、
日本人女性の恋愛観が欧米化してきているという最近の統計にしっかりとあてはまります。(週刊大衆参照)


あなたも今までの人生経験をここで生かしてください!!
http://studio-rain.cocolog-nifty.com/blog/

興味の無い方は
studio_rain@nifty.com


いまごろ、か(^^)?

そんな時代があったかどうかもよく知らないけど、あったとしても、すでに終わってんじゃないの(^^)?

まあでも、そんなこと聞いたことすらない人をあえて狙ってるんだろうねえ。要するに、当たりのある率は低いけど、いったん針にかかるとバレにくい戦略とでもいうか。通販とかでもありがちな戦略だけど、意外とあなどれないんだよねー、こういうの(^^)。

ま、どっちにしろ、ぼくのようなムダに歳食ってるだけで人生経験のないちょいダメおやじには関係ないけどね(^^)。

| | トラックバック (0)

TA が壊れました

 10 年近くしぶとく使い続けていた ISDN ターミナル・アダプタがついに壊れてしまいました。現在、一時的に電話も FAX もつながらなくなっています。申し訳ありませんが、お急ぎの方は、携帯電話に入電ください。携帯の番号を知らない人は、とりあえずメールで。今、復旧作業をしているヒマがないので、復旧の予定は未定です。

| | トラックバック (0)

フクエモン問題

 自分の言葉で書いている時間がないので、偉い人の議論にのっかりますが(^^)、私は、この問題については bewaad 氏ノリです。山形 vs 田中は山形ノリです。 興味のある方は、以上のエントリをご覧になれば、私の駄弁を読むより遥かに勉強になるでしょう(^^)。あと、ふぉーりん・あとにーさんのも参考に。

| | トラックバック (0)

ナルシスト度チェック

 ほぼ日を読んでいたら、糸井さんが、今の世の中「軽ナル (軽いナルシスト)」が多い、みたいなことを書いていたので、気になって、早速自分のナルシスト度をチェックしてみました。まあ、そんなことを言われてすぐ気にすること自体がナルシストの証拠だと思いますが(^^)、それはさておき、結果はこんな感じ。

あなたは絶対美しい♪ 今回のあなたのナルシスト度は、6問正解、30点でした。  

もうちょっと自分に自信を持ってね。 鏡を良く見てみて。あなたは輝いてるわ~☆☆☆ミ

普通の人です。 あなたは42%です。少しくらいは自分に自信を持っても良いですよ。

あなたはきわめて普通の人。ナルシスト度は40%で人並みです。

岡村級 あなたはプチナルシストです。自分の悪い部分が見えてしまうことは、実は自分を良く見せたいという気持ちと裏合わせなのです。自分の欠点を武器に、それをとことん極め、逆に長所に見せてしまいましょう。自分を落としてでも笑いを取る。これぞ芸人魂! ラッキーアイテム:つっこみの相方

 うーん、こんなもんかなあ~。自分で言うのもなんだが、実物はもっとナルシストだと思うぞ(^^)。

 こうなった理由はいろいろ考えられるけど、たぶん、

  1. 設問が女性向けのものが多いので、男性ナルがひっかかりにくい
  2. 特に、容姿に関するものが多いので、容姿以外の面でナルなヤツがひっかかりにくい
  3. ひょっとして世代差。ぼくの世代ではナルとみなされるヤツも、今なら普通。

 もし 3 が正しいとすると、これは糸井さんの仮説にもひっかかってくるわけですね。まあ、ぼくは今の若い子のことがよくわからないので、あまりわかったようなことは言えませんが。。。

 もう一つ思うのは、ぼくもそうだけど、ナルはナルでも、「他人と比べない」ナルシストっていると思うんですね。つまり、他人が自分より上か下かということに、そもそもあまり関心がない(^^)。というか、上なら上、下なら下なりに、「こんな下な自分って愛しい」とか思えちゃう人。異性からこっぴどく振られても、「こんな振られちゃう自分って愛しい」とか思えちゃう人。もちろん、ナルシスト度チェックで、すごいナルシストだということになっても、ワリとふつーだということになっても、「それでこそ自分だ」と思ってしまうような人(そういう人が存在するということは、色川武大さんのエッセイなんかを読むとわかります)。これは「防衛機制」だと思う人もいるかもしれないけど、どうも自分の感じだと生まれつきのような気がします。

 こういうやつには、常識的なインセンティブがあまりきかないので、言うことをきかすのはホントに大変です(^^)。それに比べたら、「拝金主義」とか言われてる人の方が、金で簡単に動かせるわけだし、よっぽど社会に貢献してると思うのね(^^)。だからまあ、ぼくみたいなのは、せめてあまり他人に迷惑をかけないように、社会の片隅でひっそりと生きるのがお似合いだと思うんですが(^^)。

 ただ確かに、近代社会が個人にナルシストになることを強制しているようなところはあると思います。これは、前から手を換え品を換え言ってることなんですが、近代社会において、個人主義というのは、社会を維持するための社会科学的な要請であって、必ずしも個人のためにあるわけじゃないんですね。むしろ、個人主義を強制されたがために、精神的に苦しんでいる個人もたくさんいるはずです。

 逆に、愛は世界を救うとかなんとか言って、愛というものは社会のためにあるように言われがちですが、近代社会においては、もしろ、「愛」の方が、個人の心を救済するために必要な実存哲学的な要請なんですね。

 だから、人一倍「自己愛」の強い私が言うのもなんですが(^^)、「他者への愛」を知ることによって精神的に救われる人というのはたくさんるような気がしますね。それが、ここで言うようなナルシシズムに直接結びついているのかはさておき(^^)。

| | トラックバック (0)

アバウトな SDL

 あまりに Trados が遅いので、Trados 2006 にバンドルされている SDLX の方を試してみました。実は、昔は SDLX も使っていたので、使い方はだいたいわかっています。問題は、この馬鹿でかいファイルをどのぐらいのパフォーマンスで処理できるかですが、おーっと、なかなか速いじゃないですか。少なくとも、バカ Trados よりは遥かに速いので、とりあえず、今回の仕事ではこっちを使うことに。

 ただ、ライセンスは Trados と共通のはずなのに、「試用期間は何月何日までです」みたいなメッセージが出るので、サポートに問い合わせてみました。そしたら、こんな返事が。

If it is showing an expiry date when you open the SDLX program, this will disappear after you pass this date.

 つまり、そんなメッセージは気にするな、ということらしい。

 メッセージが出ないように直すのがふつーだろうに (^^)。なんちゅーアバウトな会社じゃ(^^)。

| | トラックバック (0)

against Australia

 電話英会話の先生が、たまたまオーストラリア人の方だったので、思いっきり I'm disappointed とかグチを言って、Oh! I'm very sorry... とかって謝らせてしまう(^^)。いやまあ、先生に謝ってもらうようなことではないのですが(^^)。

 なんか、オーストラリアの選手は fitness を特に鍛えてあるので、その成果が出たんだ、みたいにオーストラリア国内では言われてるんだとかおっしゃっておりました(^^)。

| | トラックバック (0)

負けてる…

 せっかくあえて見ないで寝たのに…。やっぱ次からちゃんと見よう。

| | トラックバック (0)

見るべきか、あえて見ないでおくべきか…

 サッカーどうしようかなあ。ぼくが見るとなぜかたいてい負けるんだよなあ。と迷っているワタシ。

| | トラックバック (0)

重っ!

 400 ページぐらいある Word のファイルを Trados で翻訳しようとしたら、文節 1 つ開くのに 30 秒もかかるぞ。しかも、レイアウトは崩れてるし。こんなもん仕事にならんぞ。どーしてくれる(^^)。

 つまんないバージョンアップはいいからさ~、はやくこういうバグ直して高速化しろよな~。

追記 1: 新機能の、「TagEditor による Word ファイルの翻訳」を利用してみたら、文節の処理はこちらの方がかなり速いので、こちらを使うことにした。ただし、ファイルのオープンや保存は Word の数倍の時間がかかるの。なんでだよぉ。

追記 2: できた ttx ファイルをクリーンアップするのに 1 時間かかった。ゲッソリ。解析しやすくするために XML に変換してんじゃねーのかよ。とんだとーしろーだ。

| | トラックバック (0)

勝手なお願い

 情緒不安定って伝染しますよね。いつも落ちついている人が情緒不安定だと、こっちまで不安になってくる。だから、エライ人があんまりつまんないことでおたおたしないでいただきたいな~、なんて思ってしまう。勝手なお願いだけど(^^)。

| | トラックバック (0)

方法論的功利主義

 ぼくが経済について言ってる事と、愛とかなんとか言ってることが矛盾するんじゃないかと思ってる人もいるかもしれないけど、ぼくは、市場経済を方法論的功利主義の産物だと思ってるんですね。言い換えれば、市場というのは、欲のある人もない人も欲があるフリをしてプレーするゲームだと思ってるんです。 (これはぼくが勝手につくった言葉だけど(^^))

 あと、これは前にも何度も書きましたけど、近代社会の基本的人権やなんかも、もちろん方法論的個人主義の産物だと思っているわけです。

 つまり、人間が利己的に私利私欲だけで生きているというのは、あくまで社会をうまく回して行くためのお約束であって、人間の本性とは微妙にずれてると思ってるんですね。

 そういうのを聞くと、性善説だとか楽天的だとか思う人もいるかもしれないけど、そういう良い悪いの話じゃなくて、単に事実としてそうなんだと思っているだけです。むしろ、「エイリアン」の台詞じゃないけど、人間が自分の生存や繁殖のことしか考えてなかったら、その方がある意味幸せかもしれない。でも、人間はなろうと思ってもそうはなれないだろう、ということ。

 ところが、人間は思い込みの生物だから、この「方法論的」のところを忘れて、人間は本当に利己的な生物なんだと勝手に自分で思い込んでしまい、ある種の使命感を持って無理をしてまで利己的にふるまおうとし、それでかえって不幸になるような人がでてきた。だからあえて「愛」とかなんとか言わなくちゃならなくなってきたんだと思うのね。でも、それは、社会システムの設計とは別問題だと考えるべきであって、ここを混同すると、単なるバックラッシュになる。言ってることわかるかなあ。また今度ヒマなとき書きます。

| | トラックバック (0)

暫定評価

 ホントは、村上ファンドの問題もちゃんと論じたいのですが、とてもそんな時間はないので、現時点でわかった事実に対するぼくの暫定評価だけ書いときます。

 まず、これは前にも部分的に書きましたけど、村上さんの阪神上場という案は、変なイデオロギー的な主張を抜きにしても、純粋にアイデアとしてよくないとぼくは思っています。したがって、これを堀江さんのニッポン放送買収とくらべると、

 村上阪神上場 < 堀江ニッポン放送買収

となります。

 では、村上さんのインサイダー取引を堀江さんの偽計取引を、法的な罪の重さや国策操作云々は無視して、純粋にぼくの倫理観に照らしてどっちがより悪いかと考えると、

 村上インサイダー取引 > 堀江偽計取引 (つまり、堀江さんの方がより悪い)

じゃないかと思っています。理由はいろいろありますけど。

 そういう意味で、最近のメディアの村上さんの扱いは、ちょっと極端すぎないかなあ、と思ってるんですけどね。 (なんか、堀江さんのときよりも議論のレベルが下がってるような気がするんですけど (^^))

| | トラックバック (1)

初めまして小西真奈美です(*_*)☆

あなたに小西真奈美さんからの伝言です☆


ウソをつくな、ウソを(^^)。

でも「オレンジデイズ」は見てました。「素顔のままで」以来の北川ファンなので(^^)。

| | トラックバック (0)

紹介について

 mixi の中核になっているのは、マイミクシィというシステム。これはまあ、笑っていいともの「友だちの輪」みたいなもんで、各メンバーが自分と親しい人をマイミクシィとして登録しておくと、その人が新しく日記やレビューを書いたときに、自動的に更新通知が入るようになる。また、誰が誰のマイミクシィかというのもメンバーには公開されているので、他のメンバーは、それを見てだいたいその人の人間関係を推測できるわけです。

 このマイミクシィについては、簡単な紹介文も書けるようになっているのですが、いろんな人の紹介文をながめてみると、みょーに大袈裟に褒めてあるものが多いのが気になります。これについて岡田斗司夫氏は、「こっぱずかしいからやめてくれ」と書いていましたが、ぼくもまったく同感です(^^)。

 なぜ友人を褒めるのがこっぱずかしいか、というのは、なかなか面白い哲学的命題を含んでいると思うんですね。そもそも、友だちを決めるときに、客観的に見ていいやつだから、とか、客観的に見て能力があるから、という理由で決めるヤツはあまりいない。というか、もしそういう理由だけで決めていたとしたら、それはほとんど単なる打算に近いものになってしまいますよね。

 言い換えれば、友人関係というものには、必ず、客観性に還元できない個人的な事情を含んでいる。したがって、友人について語るということは、自分について語るということでもある。だから、友人を褒めるのはこっぱずかしいんだと思うんです。逆に、情報として知っているだけで、個人的なつき合いのない人の方が、実は褒めやすいんですね。それは、わりと簡単に客観的な立場にたてるからだと思うんです。

 だから、ぼくなんかの感覚からすると、たいして親しくない人の紹介文ほど、頭だけで書いたベタホメの文になり、親しい人の紹介文ほど、照れ隠しの混じった屈折した文になるという気がするんですよね(^^)。

 突然思い出したけど、三谷幸喜さんの「新撰組!」の中に、山南敬助の死にざまを描いた「友の死」というエピソードがあって、これが多分、「新撰組!」の中で最もよくできたエピソードだと思うんですが、その中で、山南さんが死んだ後に、伊東甲子太郎が弔歌を詠むんですね。まあ、その弔歌のできがいいのか悪いのか、ぼくなんかにはよくわかんないんですけど、それを聞いた近藤と土方は「あなたになにがわかるというのだ!」と激怒してしまう。そして、それをきっかけに二人で号泣するという感動の名シーンなんですけど。これなんかみても、さすが三谷さんは人間の感情の機微がよくわかった人だなあと思うんですね。閑話休題。

 だから、マイミクシィの紹介文でも、実はたいして親しくないから、平気でベタホメしているという人も、ある程度は含まれていると思うし、大人の割り切りとして、あえて優等生的な文を書いているという人もいるとは思うんですが、照れ隠しで悪口を書いているというような人が意外と少ないのが、ちょっとひっかかるんですよねえ(^^)。

 mixi の主流になっている世代は、たぶんぼくらよりかなり若い世代だろうから、そのせいかなあ、なんて思ったりもするんですが。岡田さんはぼくより半世代ぐらい上ですが、爆笑問題の二人はぼくとほとんど同世代で、あの太田さんが田中さんをボロクソに言うのって、ぼくらの世代にはすごくよくわかるんですよね(^^)。

 まあ、それだけで決めるのは乱暴だけど、ひょっとして、今の若い子って、そういう感覚ってないのかなあ、と思ったりもします。「下妻物語」のレビューでも、「すばらしい友情物語だ」みたいな意見がけっこう多いんですが、それはちょっと一周遅れの感想じゃないか、という気もするんですよね。あの作者が、なぜあえてああいう古典的な友情物語をやってみせたか、というその裏には、もうちょっと屈折した心情があるはずじゃないかと思うんですけど。

 ついでに言うと、村上ファンドの村上さんについて、経歴が誇大広告だ、みたいな記事が出てましたけど、そんなのあたりまえだよね。だって、紹介文ってそういうもんだもん。たとえ、プロジェクトに参加しただけで、端役にすぎなかったとしても、「目立たないが重要な役割を負っていた」とか書くのがオトナの態度というものなんであって、それを「たいしたポジションではなかった」とか書いちゃったら、それはもう宣戦布告をしてるのといっしょですよ(^^)。だから、こいつとはもう一生敵だとか、こいつはもう自分にとって利用価値がないとか思わなかったら、誰もそんなこと書かないでしょう。特に、村上さんなんかは、多額の資金を運用しているんだから、とりあえず機嫌を損ねないでおくほうが無難だ、と思うのが普通でしょう。

 もっとも、そんなこと百も承知の上で、へーきでそういう記事を書くのも、イエロー・ジャーナリズムとしては当然の態度だとも思うけどね(^^)。

| | トラックバック (0)

芸術マンガについて

茶箱広重 COCORO〈心〉」というのは、かわぐちかいじ氏があの大ヒット作「沈黙の艦隊」の直後に手がけたものも、あまり評判になることもなく短期間で連載中断してしまった作品ですが、今日コンビニに行ったら、「ダ・ヴィンチ VS かわぐちかいじ」とかいうタイトルで再版されたものが売っていたので、また「ダ・ヴィンチ・コード」に便乗してあざといな~、と思いつつも、値段も手ごろだったのでつい買ってしまいました(^^)。

 芸術をテーマにしたマンガというのは、けっこうたくさんありますが、どれも芸術の価値をいかに表現するかで苦労してると思うんですね。

 これがスポーツなんかだったら、消える魔球がほんとうに投げられるかどうかはさておき、もしボールが消えたら打てないだろうなあ、ということは誰にもわかるからまだいいのです。

らんぷの下 ところが、芸術の場合、その価値をもっとも端的に物語っているのは作品自身であり、それを言葉で語り直すのは美術の専門家だってかなり苦労することなわけです。しかも、本当に作品があればまだしも、多くの芸術マンガでは、架空の作品の魅力を語らなくてはならないわけですからね。

 だから結局、なにがスゴいんだかよくわからないけど他の登場人物にスゴイいとかなんとか言わせてごまかすとか、やたらウンチクを多くして教養でごまかすとか、あるいは、人間ドラマの方に焦点をあてるということになりがちですよね。

 特に、対象とする芸術が絵画である場合、マンガ自体も絵画による表現なので、作品自体を絵としてマンガの中に描かなくてはならない。そうすると、いくら登場人物が感心してみせても、「これがそんなたいした絵か?」と思ってシラけてしまうことが少なくありません。

火の鳥 鳳凰編  ぼくが知る限り、絵画をテーマにしたマンガでもっとも成功しているのは、「茶箱広重」や「らんぷの下」など一ノ関圭氏の一連の作品じゃないかと思うのですが、 これはなんと言っても東京芸術大学油絵科卒という作者の、圧倒的な画力と美術界に対する知識に支えられているからこその成功だと思うのです。

 あと、 思いつくのは「火の鳥 鳳凰編」とか。 まあ、あれは純粋に芸術がテーマとは言えないかもしれませんが、「火の鳥」シリーズの中ではわりと好きな作品であることは確か。

  かわぐちかいじ氏の「COCORO〈心〉」も、大成功だとは思わないのですが、なかなか意欲的な冒険作だと思いました。きっと、天下をとったときじゃないとやりにくいことをあえてやったんでしょうね。特に、ダ・ビンチの子供時代の模写は好きですね。おそらくこれが「瑠璃の波風」なんかの習作として機能してるんじゃないかなあ、と勝手に想像してしまいました。

| | トラックバック (0)

初めてメールさせて頂きます。

突然申し訳ありません。

貴方は私のママとメール交換をしていたことがありますよね。

多分、貴方とは男女の関係だったと思いますけど…。

でも、それに怒ってメールしたわけではないのです。

実は、お願い事があって連絡しました。

とても言いづらいのですが、私の先生になってもらえませんか?

私の名前は真希と言います。


なんじゃこのスパム。アドレスもなんも書いてないじゃん。

こんなの読んで、ドキッとして返事出しちゃうヤツが結構いるってことなのかなあ。。。(^^)

| | トラックバック (2)

白液男優大募集

    ○○のプロ 募集中(80名)

    【1】20歳以上で健康体の男性
    【2】0.5メートルの距離で15センチの的に確実に命中できる
    【3】どんな体勢でも射撃可能 例:ブリッジ、三点倒立、全力疾走中等
    【4】女子高生好き
    【5】誰よりも早撃ちだ 
     
    上記の条件を二つ以上クリアしている方であれば誰でも参加可能!!
    拘束時間は1時間です。(顔は絶対に映りません。報酬は一回につき10万円)

    入り口:会員NO.99874 KAZUMI
http://studio-rain.cocolog-nifty.com/blog/

    東日プロダクション
    メール不要の方はこちらまで。
studio_rain@nifty.com


三点倒立とか、全力疾走中とか、ホントにそんなことできるヤツいるんか? と思って、ついサイトを見てしまった。私の負けです(^^)。

2009/02/12 追記: 上の文章は、ウチに来たスパムをそのままさらしているだけで、ウチでは男優を募集していません(^^)。URL だけこのブログのアドレスに書き換えているのは、この記事を読んだ人が間違えてクリックしたりしてしまうと、それだけでスパムの送信者を喜ばせてしまうし、スパムの被害者を増やしてしまう可能性もあるからです。誤解を招いたかもしれませんが、悪しからず。なお、「スパム」というタグのついた記事はすべてそうです。タグだけでなんの説明もしていない記事もありますが(^^)。

| | トラックバック (0)

愛することをおそれてはいけません

STUDIO VOICE (スタジオ・ボイス) 2006年 07月号 [雑誌]   山形浩生氏が「愛国心」について書いているという情報を得て、それが読みたいがだけのために「STUDIO VOICE 2006年 07月号」を購入(^^)。 (しかも古本)

 結論だけ言えば、やはり山形氏は山形氏で、期待を裏切ることはなかった。もっとも、制限字数がかなり厳しいので、真意が伝わりにくいところもあると思うが。

 「愛国心」については、いつかもっときっちり論じてみたいのだけれども、残念ながら、今はとてもそんなヒマはない。 でも、いい機会だから少しだけ書いておこう。

  たとえば、この「論座 2006年 07月号」の特集でも、「愛は強制できない」みたいなことを書いている人がいるけど、これは、半分正しくて半分間違っていると思う。 ただ、この本の中で猪瀬さんがいみじくも言ってるように、「愛国心」という言葉はへんな手垢がつきすぎているので、かわりに、たとえば「自然を愛する心」で考えてみよう。

 自然を愛する子供を育てたいと思った大人はどうするか。普通は、うさぎの世話なんかをさせてみたりするわけだ (うさぎの旗に向かって毎日敬礼をさせたり、うさぎを讃える歌を歌わせたりする人はあまりいない(^^))。そうすると、確かに子供はほんとに自然が好きになったりする。

 でも、これは愛を強制していることになるのか、といえばノーだろう。おそらく、この「自然への愛」というのは、もともと子供の中にあったもので、うさぎの世話をさせるという行為は、それを自ら発見する機会を与えたに過ぎない。

 じゃあ、うさぎの世話をさせるなんてのは無意味なのかと言えば、それも違う。愛を発見する機会というのは、それ自体が貴重なものであるはずだ。これは、よい芸術に触れる機会などを考えていただければ、同意していただけるだろう。

 つまり、もともと、「愛」を教えるということは、自らの中にある「愛」に気づく機会を与える、ということと同義なのであり、それ以上でも以下でもないのである。

 これを逆に見ると、教育という行為は、意図するかしないかは別にして、すべて何かを「愛」する機会を与えてしまうものなのである。仮に、「うさぎの世話」という行為を、純粋にうさぎを世話するスキルを教育する手段として位置づけたとしても、教わった子供の多くは、勝手にそこに「愛」を見出してしまうものなのだ。

論座 2006年 07月号 [雑誌] もし、完全に価値中立的な教育などというものを志向するなら、逆に、このうさぎは単なる教材に過ぎず、決して愛してはならない、などということを無理矢理教え込む必要が出てくる。

 ちょっと待て、お前の論法でいけば、もともと自分の中に「愛」がなければそうはならないだろう、と思う人もいるかもしれないが、本来、教育というものは、人類にとってなんらかの価値のある知識を教える行為であるから、そこに「愛」が見出される確率は高いのである。

 つまり、厳密な意味で言えば、教育の内容を選択した時点で、そこには必ずある種の価値判断が入り込むのであり、副作用として、必然的に何かに対する「愛」を教えてしまうのだと考えねばならないのである。

 うーん、もう時間がないや。続きはまた今度。。。

| | トラックバック (1)

何を言う

「出会いが自分のために何をしてくれるかを問わず
自分が出会いのために何をすべきかを問いましょう。」

批評や批判は誰にでもできる。
出会い系の主役は女性ではない。あなただ。

主役なのに、文句を言って、
変わるのを待ってるだけでは都合が良すぎるのではないでしょうか。

満足いかないことはあるかもしれない。
自分ひとりの力で変えることは難しいかもしれないが、

でも、自分に不利だと思うあなたのその「状況」を
変えていくことは、それほど難しいことではないと思いますよ。

使われるのではなく使ってみて下さい。

http://studio-rain.cocolog-nifty.com/blog/

受信拒否
studio_rain@nifty.com


お前、ケネディのファンに怒られるよ(^^)。

Ask not what your dating site can do for you, ask what you can do for your dating site. てか(^^)。

| | トラックバック (0)

Sage mixi 拡張

 mixi は RSS がなくて不便だなー、と思っていたら、やっぱりちゃんと考えてくれてる人がいました。この Sage mixi 拡張 というのは、Sage という FireFox 用の RSS リーダーを mixi 対応にしてくれるパッチのようです。ぼくは元々 Sage を愛用していたので、早速インストール。

 うーん、これは便利だ。これなら、mixi の更新を他のブログやニュースサイトと一括でチェックできるじゃないですか。作者さんありがとー。

| | トラックバック (2)

こんなシナリオでどうですか

買い物から帰る途中に数人の男に鉄パイプや金属バットで滅多打ちにされました。
冬の夕方、すでに暗い公園の近くです。
相手は5.6人いて私と目が合ったと因縁をつけられた事から始まりました。
女も一人いました。
殺されてもおかしくなかったと思います。
殴られて彼らの車の中にズルズルと引きずり込まれました。
車が発車すると同時に彼らによって着ていた服全てを剥ぎ取られて押さえつけ
られ早くも○○○○に手を突っ込まれました。手を入れた若い男は狂ったよう
に抜きさしを繰り返しています。
私がどんなに悲鳴を上げても助けを求めても手を動かす事は絶対にやめてくれ
ずにより激しく動かしてきます。声を上げるたびに殴られました。○○○かも
しれません。
車はどこかの小さいビルに入りました。一階は車2台分位のスペースしかなく
全裸で車から下ろされて蹴飛ばされながら階段へと向かいビルの二階に入れら
れました。
二階に入るなり彼らは我先にと争うように○○してきました。男達が私に群が
る光景を見ていた女は腹を抱えて笑っています。前と後ろ同時に○○させられ
ました。○○○の経験なんて全くなかった私には○○が張り裂けんばかりの激
痛が走りましたがいくら言ってもやめてくれるはすがありません。
ひと通り最初の○○が終わると今度は一人ずつ順番に○○して○○○て、終わ
ると次の男に交代するようになりました。
女もいつの間にか裸になり男を仰向けに寝せて上に乗り腰を激しく動かし乱れ
切っています。
何時間経過したのか分かりません。一人の若い男を覗いて疲れたのか壁に寄り
かかっていました。若い男だけはしつこくしつこく○○しては○○○して休ん
では又中出しを繰り返していました。
女と目が合いました。女がよってきて仰向けに寝ていた私の顔を踏みつけ言い
ました。
「この馬鹿女、私の○○○○をなめなさい」
そう言うと男達は再び活気付き○○プレイ、○○プレイと捲し立てました。
女は仰向けに寝ている私の顔をまたぐように立つとそのまま腰を下ろして○○

○○を顔に押し付けました。私は顔を背けました。男達に一斉に殴られまし
た。私は女の○○○○を舐め始めました。女が私の頭を持ち上げながらもっと
しっかりと繰り返し言っています。女が乱れ始めました。女は腰をビクンとさ
せて○○ました。いいぞ、いいぞと歓声があがりました。
「お~い、そろそろ朝になるぞ~」
誰かが言いました。そういうと彼らは金属バットや鉄パイプを持って私を取り
囲みました。
私は命乞いをしました。しかし彼らは一斉に殴りかかってきました。私は頭を
抱え込みうずくまりましたが頭に強い衝撃を受け意識がなくなりました。
気がつくと海の見える雑草の生い茂る埋立地に服を着せられて捨てられていま
した。

http://studio-rain.cocolog-nifty.com/blog/


長すぎ。しかもつまらん。

| | トラックバック (0)

曲がった好奇心

「好奇心の塊」をもっている方は読んで下さい。

Hな遊びに限らず何か面白そうなことを見つけるとやってみないと気が済まない。
当然、食べ物に関しても食わず嫌いってのはないの。一応食べてみてから判断する。
こういった未知のモノとの出会いだって「ちょっとした好奇心」が全てのはじまり。
ただ、どこいらへんで人と人に差が付いていくのだろうか。それは、やってみるかやらないか。そこでしょ、おそらく。
子供の頃はそこんとこ純粋だった。大人になるにつれ「常識」って概念が好奇心の邪魔をするんだ。だから何かをやってみる前に「常識」に照らし合わせて判断しちゃう。

http://studio-rain.cocolog-nifty.com/blog/

そんなんじゃ広がりっこないよ。昨日と同じ今日しかやっては来ないし、明日もおそらく今日と同じ。

 僕はこの遊びを始める前、「不倫」にある種の偏見を持っていたの。簡単に言うと否定的だったってこと。
ところがカップル喫茶やパーティーに参加するようになって、この「不倫」って関係のカップルと沢山出会い関わっていくようになって見方が変わったんだ。愛があるんだよねぇ~それもイイ感じの…そう「純粋」と表現するに値する愛が。

相手の日常を引き受ける必要がないから純粋に愛だけで結びついていられるのだろうか。真実は人の数だけあるのだろうけど僕はそんな風に感じているんだ。だから今はハッキリと言える。「不倫」いいんじゃな~い。そんなこともこの世界に入ってみて視野が広がったところの一つかな。

子供のように好奇心一杯で人生やっていきたいもんだね
http://studio-rain.cocolog-nifty.com/blog/


 そおかあ~。オレ、非常識なことならいくらでもやってるけど、不倫だけはしたことないな~(^^)。

 だいたい、「昨日と同じ今日」とかいうのがよ~わからん。記憶やらなにやら必ず変化するんだから、まったく同じ日なんて一つもないと思うんだけど。ま、いいか(^^)。

| | トラックバック (0)

お金を稼ぐって悪いことですか?

 いえ、いいことです(^^)。

 ぼくももっと稼ぎたいのですが、才能根性人間性その他もろもろに欠けているので稼げません(^^)。

 みなさんどうかぼくの分まで稼いでください。ジャマだけはしないように気をつけますんで(^^)。

| | トラックバック (0)

遊星より愛をこめて

 なんだ、YouTube で公開されちゃってるじゃん。。。だいじょうぶか(^^)?

 でも確かに、作品としては、それほど問題作ってわけでもないですね。完成度も高くないし。

 スペル星人のデザインも、ダダを白っぽくしたようなな感じで、ことさら被爆者を戯画化するようなものではないし。

 実相寺監督のカメラワークは、相変わらずやりすぎと紙一重だし(^^)。戦闘シーンは、「狙われた街」の二番煎じだし。

 これならもう解禁しちゃってもいいんじゃないですか(^^)?

 予断だけど、ソガ隊員って、他のエピソードでも「あれがヤツの正体だ」みたいな発言をしてますけど、地球防衛軍の隊員とあろうものが、宇宙人を見かけだけですぐ悪いヤツと判断するのは問題があるのではないでしょうか(^^)。それとも、あの時代の地球でも、「宇宙人は見た目が 9 割」みたいな本が流行っているのでしょうかね。。。(^^)

| | トラックバック (0)

ジャーナリスト宣言

 各所で話題の朝日さんの「ジャーナリスト宣言」の CM ですが、ぼくは言われるほど嫌いじゃないです。

 なぜかというと、ぼくは昔の朝日の CM が嫌いだったものですから、それにくらべればだいぶマシになったなあと思ってしまうもんですから。

 だって、昔の朝日の CM ってひどかったんですよ。いい加減うろ覚えだけど、やれ天声人語は入学試験に出るとか、朝日を読んでる人は知的に見えるとか、もうエリート臭丸出し(^^)。

 あと嫌いだったのは、「ベストセラー快読」とかいうコーナーね。これなんかも、朝日は一般庶民が喜んで読むようなものなんか有難がらないのだ、ベストセラーを貶して、自分が知的だと自負する読者のプライドをくすぐってやろう、みたいなイヤミな精神丸出しじゃないですか(^^)。実際、なぜこんなのが売れるのかわからない、みたいな批評ばっかりだったし。別に、売れてるかどうかにとらわれず、公平に評価します、というのならいいんだけど、そんな記事はほとんどなかったですよね。

 朝日が右翼に嫌われるのは思想の問題だからしかたないとしても、別段右翼でない人に嫌われるのは、そういう傲慢さが垣間見えるせいだったんじゃないですかねえ。だから、「ジャーナリスト宣言」は、たしかにクサいかもしれないけど、その頃に比べればずいぶん謙虚になったなあとは思うんですよ。

 マジメな話、がんばってくださいね~(^^)。

| | トラックバック (0)

The Screaming Frogs

 へぇ~、ヒステリック・ブルーの Tama ちゃんって、こんなバンド組んでたんだね。

 ドラム屋敷豪太、ベース、プロディース佐久間正英だって。超豪華メンバーじゃん。

 「春~spring~」ってよかったよねえ。「baby Blue」も持ってますよ。

 ジュディマリに似てるってのは、プロデューサーの佐久間さんのせいでしょう(^^)。

 がんばってほしいですね。今度視聴してみようっと。

| | トラックバック (0)

ヒルズからメールが

 そう言えば、つい 3 日ほど前、六本木ヒルズの某有名企業からメールが来ました。もちろん、自動送信とかじゃなくて、社員個人の名前入りのお仕事のメール。

 なんて書くと、やっぱりあいつはヒルズ族の仲間か、だからホリエモンを擁護したんだな、とか勘違いしてくれる人もいるかもしれないけど、そんなのではまったくありません(^^)。かと言って別に、あんなヤツらと仲間だと思われたくない、というわけでもまったくないけど(^^)。だいたい、本当にそんな大物なら、そんなこと得意がってわざわざブログに書くわけないでしょ(^^)。

 まあでも、メールが来たのは事実なので、タイミング的にも面白いなと思ってネタにしてみました(^^)。たぶん、今後死ぬまで縁がないでしょうけどね~(^^)。 そうだ、このメールを CD-ROM に焼いて神棚に飾っておこう! 神棚なんてないけど(^^)。

| | トラックバック (0)

Orange サイドバー

 Orange サイドバーの方は、「mixiの仕様変更によりツールが動作しなくなっているため、配布を一時中止しております。」ということだったので、インストールしていなかったのですが、なんか、別の方が配布してるサイトを見つけました。元バージョンとの関係がいまいちよくわからないのですが。。。(^^)

 とりあえずインストールしてみたら、なかなか便利です。いろんなものが一覧表示できるのは、ツールバーにはない機能。

 ただ、どうせならツールバーのアイコンもつけてほしいですね。いちいちメニューから呼び出すのは面倒なので。

| | トラックバック (0)

mixi ツールバー

 せっかくなので、Firefox 用の mixi ツールバーというのをインストールしてみました。ログインしなくても、新着記事が表示されるのはなかなか便利です。

 ただ、ちょっと心配なのは、これを表示しているとアクセスログがどうなるのかということ。ひょっとして、他の人から見ると、常に「最終ログイン:5分以内」になっちゃったりするんじゃないでしょうね(^^)。それはちょっと恥ずかしいぞ(^^)。ちゃんと仕事だってしてますから(^^)。

| | トラックバック (0)

○○○○広げて待ってまぁーす♪

ガッバガッバ○○○○広げまくってる女の子が集まってるのはココ♪

http://studio-rain.cocolog-nifty.com/blog/

ピンクから使い込んだ○○○○まで選び放題!!!

期間限定登録無料で、今すぐ好きな○○○○選んじゃおう♪

メール拒否
studio_rain@nifty.com


いくらなんでもロコツ過ぎだろ(^^)。道徳的な善悪以前に、コピーとしても成立してないと思うぞ(^^)。

| | トラックバック (0)

Re: 貸したブルマー返して下さい。

青色のブルマーどうだった?
実際に履くと変な気持ちになるでしょ(^___^)!

お気に入りのブルマーなので、
使った後は返してね♪


by. しずく(o^-')b
http://studio-rain.cocolog-nifty.com/blog/


だーかーらー、こんなメールを無差別に送って、もし奥さんや彼女に見られたらどーすんですか(^^)。

それとも、相手が独身で彼女もいないということを確認してから送っているとでもいうのかな(^^)。だとしたら、残念ながら当たってるけど(^^)。

| | トラックバック (0)

ノブリス・オブリージェ

この長い人生に置いて、人との出会いは大切だ。
この日本でもあなたがいままで出会った人はほんの一部、
無数に広がる星の一つにすぎない。

こんなつまらない世界はもう飽きたと思う人もいるだろう。
だが、私はそう思わない。それはいくつになっても同じことだと思う。

全てはあなたの考え方次第なんだ。
あなたがほしいものは、必死で手に入れようとすれば必ず手に入る。
あなたの純粋な心は、日本社会では排除される。
そういう国なんだ。

別にどこに行こうがそうかも知れない。
だた動ける足があるかどうか。

ここにはその足があるのだから、動かないでいるのは損だよ。
もっと動いて自分を取り戻せ。
もっといろんな人と出会っていけばいい。

http://studio-rain.cocolog-nifty.com/blog/


ほら、案の定説教が始まったぞ(^^)。なぜか日本社会論まで入ってる。

| | トラックバック (0)

トイレにて・・・

高速道路を北に向かって走っていた私は、トイレ行きたくなったので
サービスエリアに立ち寄りました。

手前の個室はふさがっていたので、その隣に入りました。便器に腰を下ろそうとしたその時、隣から

「やあ、元気?」

と声がしたのです。
男は皆そうですが、トイレで見知らぬ人と話をすることはありません。
どうしていいかわからなかったので、ためらいがちに

「まあまあだよ」

と答えました。
すると隣人は

「そうか……それで、今何してるの?」

と言うのです。妙だなと思いましたが、私はバカみたいにこう答えました。

「君と同じだよ。ウンコしようとしてるんだ!」

やがて隣の男は、声をひそめてこう言ったのです。

「おい、あとでかけ直すよ。隣の個室に、俺の話にいちいち答えるアホがいるんだ!」


http://studio-rain.cocolog-nifty.com/blog/


ただのネタやん(^^)。でも、けっこう面白いから許す。

| | トラックバック (0)

人と人

ねぇ、どうして人は一人で生きられないの?

それは、人が頭がいいからじゃないかな。

頭がいいからいろんなことを考え、悩みをかかえ、解決できないと他の人に助けを求める。

もしも何も考えないなら、解決できない悩みもない。

でもそんな人はこの世界に一人もいない。

だから人は支えあわないと生きられない。

僕は、人はとても弱い生き物だと思う。

弱いから、なんとか生き残ろうとして頭が良くなって、

集団生活をはじめて、言葉を覚えた。

もともと人の祖先って20種類いたんだって。

でもその中で言葉を覚えたのはたったの一種類。

そう、それが今の僕たち。

しゃべる事を知らなかった他の仲間はみんな滅びていったんだってさ。

だから少しずつでもいいから、誰でもいいから、悩みを打ち明けようよ。

友達でも、家族でも、学校の先生でも、外人さんでも、近所のおばちゃんでも、

交番のおまわりさんでも、駄菓子屋のおばあちゃんでも、

だれでもいいじゃん、だってもとは一つの仲間だもん。

きっとわかってくれるよ、きみのこと。

http://studio-rain.cocolog-nifty.com/blog/


メール受信拒否
studio_rain@nifty.com


 なんかだんだん、新興宗教の勧誘みたくなってきたな~(^^)。

 そのうち、「君はロクな友だちがいないだろう」とか、「そんな生き方を続けていると、ロクな人間にならないぞ」とか言い出すんじゃないだろうか。余計なお世話だ(^^)。

| | トラックバック (0)

フェミニズム事典

フェミニズム事典  リサ・タトルの「フェミニズム事典」を入手。全体的な雰囲気は、前に紹介したマギー・ハムの「フェミニズム理論辞典」にそっくり (出版社も同じ)。ただ、こっちの方が、断然訳が読みやすいです。

 項目もこちらの方がやや細かいのかな。巻末の索引なんかも、人物名、団体名、書名などに分類されていて親切 (もちろん、通しの索引もある)。定価も、こっちの方が 1500 円も安いです(^^)。

 ただ、1991 年初版なので、それ以降の新しい言葉はさすがに出てないですね。ダナ・ハラウェイとかサイボーグ・フェミニズムは、「フェミニズム理論辞典」の方には出てましたけど、この「フェミニズム事典」にはまったく出てないです。

 ですから、最新のフェミニズム用語について知りたいという人以外は、まずこっちを先に買った方がいいんじゃないですかねえ。

| | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »