« カーリング娘。 | トップページ | ずるずるずる。。。 »

落書宣言

 ブログに相応しい文体というのはどんなものなのか、という模索を続けていますが、なかなか見えてきません。私の場合、文化人や知識人、あるいは、アルファ・ブロガーと呼ばれる人のような文章を書く気はない(というか、書こうと思っても書けないし(^^))し、また、私のような一般庶民がみんなそのような方向を目指しても、ブログの庶民文化としての成熟はないと思うので、もっと庶民にふさわしいブログの文体というのを考えたいと思っているのです。

 そこで、庶民が文章を書く上での強みを考えて見ますと、文化人や知識人というのは、文章や発言に対してお金をもらっている方々ですから、どうしても自分に対する評価が高まることを目指して文章を書く傾向があります。これは、文章の質を高めるインセンティブになるという意味では利点ですが、あまり自分の評価が下がるようなことは書けないという意味では、足枷にもなります。ですから、一般庶民としては、自分の評価を気にしては書けないようなくだらないことや馬鹿なことを積極的に書くべきではないか、というのが一つの方向性として考えられます。

 くだらないことなんてわざわざ書く必要ないだろう、と思う人もいるかも知れませんが、前にも書いたように、インターネットの本質的な利点というのは、既成のメディアではコスト的に割の合わないくだらない情報を流せるところなんで、ブログでもこれを生かさない手はないと思うんですね。

 文化人や知識人の方は、本人はくだらなくないことを書く能力があるし、くだらないこととくだらなくないことを見分ける見識もあるので、庶民文化を評価するときにも、くだらないものとそうでないものを分けて、庶民文化の中にも見るべきものがある、みたいな言い方をしたがるんだけど、それでは、個別の作品に対する批評にはなっても、庶民文化総体の意義に対する評価にはならないのです。

 私はよくカラオケを例にとるんだけど、カラオケについて論ずるときに、カラオケボックスで歌っている素人の中にもプロはだしの者がいる、みたいなことをいくら言ったって、庶民文化としてのカラオケの意義を評価したことにはまったくならないのです。むしろ、ヘタクソなくせに一生懸命歌っているやつがなぜこんなにたくさんいるか、ということの方にこそ、庶民文化としてのカラオケの意義はあります。

 あるいは年賀状なんかを考えてもよいですが、年賀状の中にも、美術館の中に展示してもおかしくないような質の高いものがある、みたいなことをいくら言っても、庶民文化としての年賀状を理解したことにはまったくならないし、年賀状を書く人が、みんながみんな、美術館に展示されることを目標に書いていたりしら、そんなの、気持ち悪くってしょうがないでしょう(^^)?

 しかし、これは言うまでもなく諸刃の刃で、自分の評価を気にしないということは、自分の言論に対するある種の無責任性にもつながります。ですから、庶民性の長所を生かし、短所を抑えるというふうに考えると、いい加減ではあるんだけど、社会に害毒を流すような無責任性は極力抑制していく、というような方向性になります。

 実際、何かを批評するにしても、文化人や知識人の方と違って、一般庶民には、そんなに批評対象のことを一生懸命調べたり、文献をすべてチェックしたりなんてことをしてるヒマはありません。かと言って、それをやらなければいっさい発言できないというのもおかしな話です。となると、前にも書いたように、自分の確信度の低さに見合ったへなちょこな文体で書くべきである、ということになります。

 つまり、書いた人の顔が見えなくて、毒にも薬にもならないようなことしか書いてないんだけど、なんとなく時代の雰囲気を捉えている、というような文章が理想なんですね。これって、考えてみると、「落書」の特徴なんですよね。ほら、「二条河原落書」とか、ああいうやつ。そう考えると、インターネットを便所の落書にたとえた人は、案外先見性があったのかもしれない、とも思うのです(^^)。だから、私の目標をあえて言えば、あまり害のない質の高い「落書」を書く、ということですね(^^)。

 ただ、これもなかなか口で言うほど簡単ではなくて、こないだみたいな変なことを書くと、知人から「お前何か悩みでもあるのか」みたいな電話がかかってきちゃったりする。これはまったく私の不徳のいたすところですが、まあ、そういう感じでやっておりますので、どうかあまり私個人のことだと思わないで読んでいただきたいのであります(^^)。

|

« カーリング娘。 | トップページ | ずるずるずる。。。 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67762/8909194

この記事へのトラックバック一覧です: 落書宣言:

« カーリング娘。 | トップページ | ずるずるずる。。。 »