« 懐疑について | トップページ | 職人 VS 技術者 »

Adiemus = Impressionism + Bulgarian Voice

アディエマスIII-永遠の舞踏会(6ヶ月限定)  小谷野さんのブログに Adiemus について書いてあったのを読んだのですが、小谷野さんは Adiemus についてこれまでまったく知らなかったらしいので驚きました。一時期、テレビであんだけバンバンかかっていたのにね。やっぱり、ああいうマジメな人は、ぼくみたいにくだらないテレビ番組ばっかり観ていないのでしょう(^^)。

 Adiemus のコンセプトというのは、要するに「印象派+ブルガリアンボイス」で、印象派風の転調の多いメロディに、ブルガリアンボイス風の不協和音の多いコーラスを重ねるという手法だと思うのですが、インターネットを検索しても、意外とそういう指摘が見当たらないので、ついでに書いてみました。間違ってると思う方は、TB なりメールなりください。

Songs of Sanctuary  もっとも、2、3 曲聴いてるうちはいいなと思うのですが、どの曲も結局同じ手法なので、まとめて聴いてると飽きてきちゃうんですよね(^^)。といいつつ、4 枚目ぐらいまではしっかり買っちゃってますけど(^^)。

|

« 懐疑について | トップページ | 職人 VS 技術者 »

音楽」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/67762/9169620

この記事へのトラックバック一覧です: Adiemus = Impressionism + Bulgarian Voice:

« 懐疑について | トップページ | 職人 VS 技術者 »